JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
issafd3sに今すぐ質問する
issafd3s
issafd3s, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 2097
経験:  北海道大学獣医学部卒業
68561268
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
issafd3sがオンラインで質問受付中

食欲が減り、ぐったりしてることが多くなり血液検査をしたところ、尿素窒素が72、クレアチニン4.1と数値があがっており

解決済みの質問:

食欲が減り、ぐったりしてることが多くなり血液検査をしたところ、尿素窒素が72、クレアチニン4.1と数値があがっておりかなり腎臓が悪化していることが判明しました。もともと慢性腎不全ではあったのですが…。好き嫌いが多い猫で療養食をあまり食べません。病院では自宅で皮下注射を進められました。それ以外は方法はないとのことです。セカンドオピニオンとして代替療法をしている病院にも連れて行ったところ、この数字はかなりひどいとのことで皮下注射をやりつつ別に週2回ほど注射と飲み薬を飲んでほしいといわれ、とりあえず注射を打ってもらい薬をもらってきました。ところがこの薬はうちの猫の嫌いなタイプで頑として飲みません。ものすごい嫌がりかなりのストレスになってしまうので結局あきらめました。その日(2/25の水曜日)療養食のサンプルももらってきたので、今まで少量ながら食べていたロイヤルカナンを殆どたべなくなっていたところだったので、試しにあげたJPのキドニーをかなり食べてくれたので、翌日にまたあげたところ夕方から酷い下痢になってしまいました。それが昨日の夜の事です。ちょっと食べるとすぐトイレに行き下痢のうんちを出します。なので療養食が合わなかったのか思い他のに変えましたが食欲がありません。とりあえず普通食ウェットタイプを少量だけあげると食べました。今は鼻の薬としてもらった抗生剤を飲んだからなのか、うんちが出ていません。といってもそもそもあまり食べていませんが。でも昨日の夜は少しでも口に入れるとすぐ出てしまう状態だったので、それよりはマシになった感じですが。療養食が合わなかったのか、それとも注射があわなかったのか、2つの病院に行きストレスだったのか原因がわかりません。今の状態のまま病院で下痢のことを診てもらうほうがよいのか悩んでいます。また皮下注射を行いつつ、別の病院で注射をやっていいものかも悩んでます。この病院は少し離れているので連れて行くだけでもかなりストレスになってしまいそうで…。また、近所の病院の先生にも代替治療のことをどう説明すればいいのかも悩んでいます。私としてはできることはやってあげたいのです。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  issafd3s 返答済み 2 年 前.
こんばんは。
猫ちゃんが食欲無く元気がないので病院で検査したところ腎臓病ということですね。
少々お尋ねしたいのですが、
代替療法というのは具体的には、どんな治療なのでしょうか?
処方された飲み薬でどうしても飲まない薬は何という名前のお薬でしょうか?
鼻の方は今も抗生剤を飲んでいるのでしょうか?それは嫌がらずに飲むということですね?
ご返事お待ちしております。
質問者: 返答済み 2 年 前.

代替療法の注射の種類や薬の種類が明細書にのっておらず分からないのです。なので不安になってしまい…。この病院は以前鼻のことで相談させてもらった病院でいろいろな代替治療をやっているところらしいです。

鼻の抗生剤はつるんとした表面なので飲んでくれます。

質問者: 返答済み 2 年 前.

代替治療の薬の名前はわかりませんが、白色で表面がざらざらしています。線や名前などは入っておらず、直径9ミリほどのものです。

注射は3500円でした。病院によって値段が違うので参考にならないとは思いますが、念のため記しておきます。

専門家:  issafd3s 返答済み 2 年 前.
ご返事ありがとうございます。
JPの療法食を食べて下痢になったとのことですが、今まで食べたことのない食事に急に切り替えた後に下痢になってしまうことは時々ある現象です。
これは食事の内容が急に変わったことで、腸内細菌が食事を消化できなくなって下痢をしてしまうというパターンです。
このような場合の対策は、10日間かけて今まで食べていた食事に療法食を混ぜる割合を徐々に増やしていって、最終的に置き換えるという方法を行います。最初は混合比率は9:1位からはじめて5日目位で1:1、になるようにして10日目には100%置き換えます。
またもう1つ方法として今現在下痢ということなので、整腸剤を飲ませてあげるとさらによいです。
整腸剤は腸内細菌を整える効果がありますし、アンモニアやメタンなどの有毒ガスの発生を抑える効果があるため、腎臓病の患者さんの場合はお勧めです。
候補としてはマイトマックススーパーというのがよろしいかと思います。病院で購入できるところもありますし、ネットで購入することもできます。カプセルに入っている中は粉末状のものです。
また腎臓病の治療についてですが、CRE4.1という数値は腎臓病としてはやや高いです。腎臓は血液中の老廃物を除去して血液をきれいにする役割をしていますが、クレアチニンが高いということはろ過機能が低下しており老廃物が蓄積しているということです。
そうなると、吐き気や倦怠感、意識レベルの低下などいろいろよくないことがでますので、食欲不振になります。
一般的な腎臓病の治療としては、非常に重要なのは食事療法です。その次が点滴(病院で入院しての静脈点滴や皮下点滴など)による水和とそれによって猫自身の腎臓で血液ろ過量を増やします。
またガスターなどの制酸剤による胃炎の予防は食欲不振や食ムラが減る効果があります。
腎臓の血流量を増やす薬としてはベナゼプリル(フォルテコール)やセミントラ(最近でた薬)などがあります。
またビタミンBやCなどの水様性ビタミンが不足することがあるため、ビタミン剤を飲ませるか注射で補給することもよいとされています。ビタミン剤の経口投与で吐くこともあります。
また先ほども書きましたが、整腸剤を飲ませてあげるのも、体内での老廃物の蓄積を抑えるためには有効です。
下痢のあとはしばらく便が出ませんので、それは心配ないと思います。
食欲がないのであれば、皮下点滴をしっかりして水和に心掛けることと、受診の際に何か整腸剤でお勧めなのはないか、先生に聞いていただくのもよろしいかと思います。
皮下点滴についてはクレアチニンが4もあるのであれば、最初のうちは毎日通院されてもよいと思います。あるいはご自宅にて毎日皮下点滴をしていただくのでも良いと思います。
2週間位毎日治療してみて、その後再度血液検査をして、数値の改善が見られたら、少しずつ皮下点滴の間隔をのばしてみて、また検査をして効果を調べるということをされることをお勧めします。
質問者: 返答済み 2 年 前.

ご返答ありがとうございます。

代替治療のほうは近所の先生と話し合ってみます。

食事は普通食はウェットしか食べないのですが、その中に療養食(なぜか療養食はドライしか食べないのですが)入れてよいものなのでしょうか?

専門家:  issafd3s 返答済み 2 年 前.
ご返事ありがとうございます。
ウェットフードを療法食にかけるなどしてもらってもよいです。
市販のスープ状の食事を療法食にかけて風味をつけてもよいです。
ロイヤルカナンの腎臓サポートスペシャルなどは粒が小さいので、猫には食べやすい食事です。また腎臓サポートにはパウチタイプもありますし、まだ食べないとあきらめるのは早いです。
issafd3sをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

猫 についての関連する質問