JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
issafd3sに今すぐ質問する
issafd3s
issafd3s, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 2097
経験:  北海道大学獣医学部卒業
68561268
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
issafd3sがオンラインで質問受付中

室内猫約15歳です。外に出たことが有りません(去勢済メス)3ケ月前から口が開かなくなり一気に体重が1.5キロにでにな

質問者の質問

室内猫約15歳です。外に出たことが有りません(去勢済メス)3ケ月前から口が開かなくなり一気に体重が1.5キロにでになり、慌てて獣医の所へ行きましたが、レントゲン検査しても異常はないようで、麻酔?で口腔ない検査することになり一晩入院した結果口を開くことが出来ず取りあえず鼻から管を入れて流動食?で経過観察することとなりました。その後2ケ月が過ぎ改善が見受けられません。現在体重1.8キロになり今では走り回りじゃれたりいてます。が、口は開きません。鳴くときは閉じた状態で泣きます。何が原因なのか、、、。所見宜しくお願い致します。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  issafd3s 返答済み 2 年 前.
こんばんは。
15際の猫ちゃんで口が開かなくなったということですね。
少々お尋ねしたいのですが、
今はどのようにして食事を与えているのでしょうか?
徐々に口が開かなくなった感じでしょうか?
レントゲン以外に検査はされましたでしょうか?
ご返事お待ちしております。
専門家:  issafd3s 返答済み 2 年 前.
ご返事いただいておりませんが回答させていただきます。
ご記入いただきました症状からは、可能性として高いのは、口を開けたり閉めたりする筋肉の変性をおこす病気、咀嚼筋炎ではないかと思います。
レントゲンによる顎の骨格は問題ないとのことですから、骨や関節に異常は無いということになります。
通常鎮静などかけることで筋肉は弛緩します。
咀嚼筋炎は自己免疫疾患の一種で初期には筋肉の炎症による腫れや痛みを伴い、だんだんその筋肉繊維が結合組織に置き換わり筋肉組織が無くなってしまう状態になります。そうなると筋肉がほとんどない状態になるため、硬い結合組織に置き換わってしまっていため顎が動かなくなります。
治療はステロイドによる治療になりますが、症状が改善しても筋肉の再生は行われないため、顎は開かないです。
確定診断するためには、顎の筋肉を一部切除して病理検査に提出することで、分かることが多いです。

猫 についての関連する質問