JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
issafd3sに今すぐ質問する
issafd3s
issafd3s, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 2097
経験:  北海道大学獣医学部卒業
68561268
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
issafd3sがオンラインで質問受付中

飼い猫が膀胱炎と診断され、19日の午前中に「一週間効果が続く注射」というものを打ちました。が、1日以上経っても血尿と頻尿が止まりません。一週間様子を見れば良いのか、待たずに病院へ行

質問者の質問

飼い猫が膀胱炎と診断され、19日の午前中に「一週間効果が続く注射」というものを打ちました。が、1日以上経っても血尿と頻尿が止まりません。一週間様子を見れば良いのか、待たずに病院へ行くべきか、どうしたらいいでしょうか?
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  issafd3s 返答済み 2 年 前.
こんばんは。
猫ちゃんが膀胱炎と診断されたということですね。それで1週間?2週間ではなくて?効く注射を打ったということですね。
少々お尋ねしたいのですが、
打っていただいたのは抗生剤の注射でしょうか?名前はお分かりになりますでしょうか?
それ以外には治療はされていませんでしょうか?例えば食事を変更するなど。
今は何という名前の食事を与えていますでしょうか?またおやつは何を与えていますでしょうか?
猫ちゃんの年齢は何歳でしょうか?
尿検査もされましたでしょうか?
最初どのような症状がでたので病院に連れていかれたのでしょうか?
ご返事お待ちしております。
質問者: 返答済み 2 年 前.

レントゲンを撮った後、結石は見られないので膀胱炎だということでした。薬を飲めるなら薬を出すし、飲めないようなら注射ということで注射にしてもらいましたが何の注射か分かりません。とにかく一週間は効果があるから、それでダメならまた連れてきてくださいとのことでした。うちは猫の多頭飼いで6匹います。先生のお話では「多頭飼い」の猫は膀胱炎になる確率が高いとのことでした。去年、別のメス猫(今回のオス猫の妹)も膀胱炎になり、同じ先生に診察してもらい、たぶん同じ注射(一週間効く)で、翌日くらいにはもう良くなっていました。食事療法というのもあるが高価で・・・とのことで無理そうなので聞いていません。食事はロイヤルカナンの普通(?)タイプ(ドライフード)と、ホームセンターなので買ってくるドライフード(銘柄はそのときの気分でいつも変わります)と常に2種類を与えています。おやつはホームセンターで缶詰を買って、毎日夕方に一度与えています。

猫は4歳になったばかりです。尿検査はしていません。

最初はトイレやトイレ以外のあちこちでオシッコをしようとしていながら出ていないことに気付き、妹猫の時と同じだと思い、すぐ病院へ連れて行きました。

専門家:  issafd3s 返答済み 2 年 前.
ご返事ありがとうございます。
猫ちゃんは4歳の雄猫ということですね。
最初の症状は頻尿の症状が出たということですね。
まず、雄と雌では頻尿の場合の考え方が全く違います。猫はしばしば尿石症(結石のこともあれば結晶のこともあります。)で膀胱炎になったりしますが、雌は尿道が太いので詰まることはないのですが、雄は尿道が細いため細かい結晶がでるだけでそれが栓子となり尿道がつまることがあります。
そのため、雄猫に頻尿の症状が出た場合には膀胱の触診とエコー検査によって尿道閉塞がないかどうかをまず調べるとともに、尿検査を必ず実地して尿の性状を調べる必要があります。
膀胱炎とは膀胱に炎症がおきる病気の総称であって、病名ではないです。
膀胱炎の原因は、尿石症(結晶の場合も含む)、感染性、腫瘍性、ストレス性、など様々ですが、若い雄猫の場合はとくに尿石症の可能性をしっかり調べる必要があります。
その際どのような検査が有効かということですが、レントゲンではほとんど役に立たないです。大きな石がある場合はレントゲンでも読み取れますが、レントゲンで映るようなものは大きさが5mm以上のものでそれよりも小さい細かい結晶は映ってきません。
そのため、必ずエコー検査や特に尿検査をして顕微鏡で結晶の有無や性状を調べることが必要です。
雄猫の頻尿は、膀胱炎による残尿感で頻尿になっているのか、おしっこが詰まって出ないので頻尿になっているのか一般の人では見分けることが難しいため、その点をはっきりさせる必要があります。
感染症の場合は命に関わらないですが、尿閉で頻尿の症状が出ている可能性があるのあれば、早めに受診されて尿検査をされることをお勧めします。
尿石症による膀胱炎の場合は食事管理をしませんと今後健康を維持していくことが難しいため、その辺りをはっきりさせる必要があります。
とりあえず、明日尿検査を受けに受診されることをお勧めします。
食事療法は高価といっても、安い食事を与えて何回も膀胱炎の治療をする方が高くつきます。
issafd3sをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 2 年 前.

更に質問です。

膀胱炎予防のフードがありましたら教えてください。

専門家:  issafd3s 返答済み 2 年 前.
ご返事ありがとうございます。
膀胱炎予防のフード?ということですね。
それは尿石症予防ということですね?
ロイヤルカナンのpHケアなどがそれに該当すると思います。
フードは他のフードも一緒に食べさせると効果がないのです。
尿石症による膀胱炎の場合は、予防用のフードは効果がないので、最初はpHコントロールをしっかり与えて膀胱炎が治ったら予防フードに変えることをお勧めします。
質問者: 返答済み 2 年 前.

さっそくロイヤルカナンphケア、注文しようと思います。

色んなフードを与えては効果が無いなんて・・・知らなかったです。

ありがとうございました。また利用させていただきます。

専門家:  issafd3s 返答済み 2 年 前.
ご返事ありがとうございます。
尿閉による頻尿の場合ですと、おしっこが出ていませんと命に関わりますので、一度受診されて尿検査をお勧めします。
食事についてはネットなどでpHコントロールは多少安く買えます。
ご検討してみてください。

猫 についての関連する質問