JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

issafd3sに今すぐ質問する

issafd3s
issafd3s, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 2097
経験:  北海道大学獣医学部卒業
68561268
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
issafd3sがオンラインで質問受付中

5月で11歳になるオスの猫(オシキャット)です。今年の1月初旬からオシッコの調子が悪くなり、1月10日に膀胱洗浄後1

質問者の質問

5月で11歳になるオスの猫(オシキャット)です。今年の1月初旬からオシッコの調子が悪くなり、1月10日に膀胱洗浄後1月13日迄入院しました。その際ストラバイト結晶の可能性有との事で退院後はロイヤルカナンのPHコントロール(パウチ)に変えました。退院直後1回のはオシッコの量は今までより少し少ない程度でしたが、そのうち同じ量を出すのに時間がかかるようになり、(最長30分)2月2日に2回目の膀胱洗浄を行いました。(当日に帰宅)その後改善せず、2月6日から2月10日迄再入院しました。退院後は1回のオシッコの時間が5分程度で量は健康な頃の4分の1程度で1日の回数が増えました。14日と15日は1回のオシッコの量は少なく3~4時間の間に10回前後オシッコをして、総量で元気な頃の1回分~2回分足らずの量を出しています。本日はほとんどオシッコをしていません。2回目の入院の際に膀胱洗浄の管が尿管に入らず、石を砕いて尿管を通したとのことで石らしきものを見せてもらいました。入院中にオシッコの検査でストラバイトか硝酸かの確認をするとの事でしたが、退院時に結果を聞いたところ、石がオシッコの中になかったようで結果がわからないと言われました。ストラバイトか硝酸か不明の状態で今食べている食事療法の効果は出ているのかいないのか、1日1回飲んでいる抗生剤は効いているのかなど、疑問が多々ありますが、担当医師に聞いても答えてもらえません。1年前の平成26年1月には健康診断の結果で腎臓が弱っている(クレアチニンの数値が2.3)との事で食事を腎臓サポートに替えて約1年たった状態ですので、腎臓の事も心配です。
膀胱洗浄を3回しましたが、あきらかに石と思われるものはでていないようです。(石を砕いて尿管に管を通したときは石が出たと言われましたが・・・)今のままだと明日にでも病院へ行き、また膀胱洗浄という事になりそうですが、膀胱洗浄以外に治療はないのでしょうか?
通常は膀胱洗浄で良くなっていくようですが、このまま、同じ事を繰り返していいのでしょうか?
猫本人は入院や通院でストレスがひどいので、負担をできるだけ少なくしてあげたいのです。
何か良い方法やアドバイスがあれば教えてください。
色々な可能性も踏まえて極力多くの選択肢が欲しいです。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  issafd3s 返答済み 2 年 前.
こんにちは。
11歳の猫ちゃんのおしっこの出が悪いということですね。
少々お尋ねしたいのですが、
検査についてですが、レントゲンかエコー検査はされましたでしょうか?その結果はどのようなものでしたでしょうか?
血液検査で腎臓の数値がやや高めとのことですが、一番最近の数値はBUNとCREはいくらでしょうか?
尿閉とのことで、出にくくなるたびに解除されているようですが、鎮静か麻酔をかけて処置をされているのでしょうか?
今食欲はありますでしょうか?体重の変化はどのような感じでしょうか?
ご返事お待ちしております。
質問者: 返答済み 2 年 前.

返信ありがとうございます

回答は下記のとおりです。よろしくお願いします。

レントゲンはとってません。エコーにより膀胱に石ありとのこと。

(2013年12月の猫ドックで尿検査で尿石症による膀胱炎、レントゲン・エコーで左腎に小さい石あり、との指摘も受けています)

②BUN:23.4 ,CRE:2.1  (2015年1月)

③膀胱洗浄(計3回)鎮静剤を使用。

④食欲は普通。体重は5.2㎏で維持。

以上

専門家:  issafd3s 返答済み 2 年 前.
ご返事ありがとうございます。
尿中に含まれる肉眼で砂の状態のものは結晶、コロコロしたものは結石と言います。
恐らく飼い主様はどちらも石と言う言葉を使っていると思いますので、はっきりとしない部分がありますが、仕方ないです。
また泌尿器系は、腎臓→尿管→膀胱→尿道→陰茎となりますので、飼い主様が使われている尿管という言葉は尿道のことです。
雄猫の泌尿器疾患は閉塞性の病気にしばしばなることがあるので、治療や処置が難しい病気の1つです。
一般的には、できる結晶の種類はリン酸アンモニウムマグネシウム(ストラバイト)やシュウ酸カルシウム、リン酸カルシウムです。
ストラバイトはpH依存性にできるので、尿がアルカリ性だと出てきますが、酸性ですと溶けますから出てこないです。
それに対してシュウ酸カルシウムやリン酸カルシウムはpHに依存しないので、食事療法としてはなかなか治療が難しい結晶です。
もし猫ちゃんの膀胱内に大きな結石があり、それがしばしば尿道を塞いでおしっこが詰まるということであれば、膀胱切開して結石を除去することをお勧めします。
いやそうではなくて、細かい粒があってそれによって尿閉がおきるということであれば、膀胱洗浄してひどい場合はそのままカテーテルを陰茎に3日くらい留置して、ある程度結晶がでなくなるまで洗浄をしたり、点滴をする、といった治療がなされると思います。
またそれをしても、尿閉を繰り返すという場合は会陰尿道ろうの手術(陰茎を切除して雌にしてしまう。)をされると、ほぼ尿閉の問題はなくなります。
ただ、この手術をすることで、感染症による膀胱炎になりやすくなることがあるので、定期的に尿検査をすることをお勧めします。
また陰茎を切除して尿道を皮膚に縫い付けて出口を作るのですが、その部分が狭窄をおこしておしっこが出にくくなることがあります。
腎臓の数値がこれ以上悪くなると手術できなくなる恐れがあるため、もし手術を希望されるのであれば、はやめに手術をされることをお勧めします。
また上手な先生にしてもらうことがよろしいかと思います。
質問者: 返答済み 2 年 前.

早速にお返事をいただきまして、ありがとうございます。

先生のご回答で病状と治療の全体像が大まかに見えたように思います。

ただ、膀胱洗浄、カテーテル留置後の状態が素人ではわからず、病院に行くタイミングに迷っています。結局まだ尿道が詰まっていてオシッコが出にくいのか、又は治療の後遺症(例えば、尿道や膀胱に痛みが残っているとか)でオシッコを出すのが辛いだけで快方に向かう過程なのか。尿が全く出ないわけではなく、一回分を1~3時間かけて小分けにして出している状態が退院して以来ずっと(8日間)続いています。

また、手術をする場合の良い病院(医師)の選び方(設備・技術)についてアドバイス頂けると嬉しいです。何卒よろしくお願いします。

専門家:  issafd3s 返答済み 2 年 前.
ご返事ありがとうございます。
おしっこが出にくい状態が続くと、それによる腎不全になるため、今の段階(1-3時間かけておしっこをしている状態)が8日間も続いているのであれば、一度受診して膀胱の状態や血液検査にて腎臓の数値(BUN,CRE,Na,K,Cl)を調べることをお勧めします。
特に食欲がない、吐くなどの症状が出ている場合は、腎不全の兆候なので、すぐに受診される必要があります。
一般的には会陰尿道ろうの手術は最後の手段です。
もし手術をするのであれば、主治医の先生にその手術の得意な先生を紹介していただくことをお勧めいたします。
issafd3s, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 2097
経験: 北海道大学獣医学部卒業
issafd3sをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 2 年 前.

お忙しい中、ご親切にご回答いただきありがとうございました。

担当医師はいつも多忙で聞きたいことの半分も聞けず、うちの子の辛そうな姿に、どうすることがこの子にとって良いことなのか思いあぐねておりました。

先生のアドバイスを拝見して、少し冷静になれたように思います。

本日夕刻、担当医師に診察ということで相談の時間を取って頂きました。

頂いたご回答の内容を踏まえて、しっかり相談してみるつもりです。

ありがとうございました。

専門家:  issafd3s 返答済み 2 年 前.
ご返事ありがとうございます。
また何かございましたらご連絡いただければと思います。

ユーザーの声:

 
 
 
  • 命が危ないから、すぐ病院に生きなさい、とご指導頂き、直ちに夜間診療に走り、尿道結石、並びに膀胱炎で、重篤な病状が見つかり、一命を取り止めました。本当に嬉しかったです。本日退院予定です。有難うございました。先生が、すぐ病院へ、とご指導して下さらなかったら、一日延ばしていたと思います。背中を押して下さった先生に大感謝です。 岐阜県大垣市 清水
< 前へ | 次へ >
  • 命が危ないから、すぐ病院に生きなさい、とご指導頂き、直ちに夜間診療に走り、尿道結石、並びに膀胱炎で、重篤な病状が見つかり、一命を取り止めました。本当に嬉しかったです。本日退院予定です。有難うございました。先生が、すぐ病院へ、とご指導して下さらなかったら、一日延ばしていたと思います。背中を押して下さった先生に大感謝です。 岐阜県大垣市 清水
  • 貴重なセカンドオピニオンをいただいた。 かかりつけ医師の診断結果を鵜呑みにしていたらペットは衰弱して死んでいた。このサイトでアドバイスを受けて、遠くでも良い医師の診断を受ける選択肢があることを知った。 今回のケースではギリギリ手遅れにならずに手術を受けることになった。地元に医師を軽んずる訳ではないが、別の専門医の意見を聞くことは重要と痛感した。 このサイトに出会えて良かった。かかりつけ医師の診断方法、投与薬、診断結果から技術不足を見抜いた。結局レントゲンをすれば原因はすぐわかることだったが、思い込みから実施しなかったと思われる。 いずれにせよ、このサイトの先生のアドバイスは納得のいく説明であった。 大阪府 別所
  • 緊急性があるな!!って思ったら仕事休んでも、夜の救急病院にでも行くと思いますが、あれ…!!何か様子がちょっと変か も…の状態が続き、仕事も忙しく、とにかく病院に 連れて行くのが大変!!!どうしようか迷いながら心配で仕事していても落ち着かない、もう一匹が病院に かかり2日間で五万、六万とお金がかかったばか り。そんな時ネットで調べていて、こ ちらにお世話になりました。救急では無く今の状態が飼い主の私自身が納得したかった。明け方でも夜中でも親切に対応して頂きそしていろんな症状も想定され納得しました。安心して仕事に出掛けれました。ありがとうございました。何かの時はまた利用させて頂きます。 東京都 藤田
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • yasuyuki

    yasuyuki

    獣医師

    満足した利用者:

    207
    北里大院卒獣医学修士臨床経験20年以上
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/YA/yasuyuki/2011-8-27_24733_SN3A0090.64x64.JPG yasuyuki さんのアバター

    yasuyuki

    獣医師

    満足した利用者:

    207
    北里大院卒獣医学修士臨床経験20年以上
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SH/shiratamaah/2011-8-29_12220_DSC0870.64x64.jpg shiratama_ah さんのアバター

    shiratama_ah

    獣医師

    満足した利用者:

    18
    勤務医として副院長を務めた後、都内で往診専門の動物病院を開院いたしました。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SP/spacevet1/2011-11-6_141713_2011kt.64x64.png 高橋 賢 さんのアバター

    高橋 賢

    獣医師、医学博士

    満足した利用者:

    11
    医学研究歴11年
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/LO/loverai0210/2011-9-6_22472_shirtF1.64x64.JPG loverai0210 さんのアバター

    loverai0210

    獣医師

    満足した利用者:

    676
    動物病院に勤務しています。主に犬猫の質問を受け付けております。
  • /img/opt/shirt.png japavet さんのアバター

    japavet

    獣医師

    満足した利用者:

    1497
    動物病院勤務歴6年
  • /img/opt/shirt.png issafd3s さんのアバター

    issafd3s

    獣医師

    満足した利用者:

    777
    北海道大学獣医学部卒業
  • /img/opt/shirt.png arinko さんのアバター

    arinko

    獣医師

    満足した利用者:

    68
    コンパニオンアニマルの臨床医療を16年しています。
 
 
 

猫 についての関連する質問