JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
wantaroに今すぐ質問する
wantaro
wantaro, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 5375
経験:  小動物臨床10年
61996574
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
wantaroがオンラインで質問受付中

今、ジャカルタにすんでいます。グレーの4歳の避妊していない、ブリテッシュフォールドの雌猫をかっています。まだ一度も子

解決済みの質問:

今、ジャカルタにすんでいます。グレーの4歳の避妊していない、ブリテッシュフォールドの雌猫をかっています。まだ一度も子供を産んだことがありません。そとに出したことがないので、いえのなかだけで、かっていますが、一緒に雄猫もいますが、矯正しているので、盛りがきても子供を作ることができず、キャーキャーないてますが、最近お尻のあたりから、(膣だと思われます)血の混じった、織物のような膿のようなものがべったりでてきて、そこらじゅうに垂らしている状態で、(ちなみにいつもなめて、お尻の辺りの毛がぬけました)元気も変わりなく、食欲もものすごくあり、変化はないんですが、こちらで、いいお医者さんを見つけることができず、こまってます。手術はできるだけさけたいのですが、薬か何かで、治る方法はあるのでしょうか??
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  wantaro 返答済み 2 年 前.
初めまして、質問ありがとうございます。
原因の可能性としては
①子宮内膜炎や子宮蓄膿症で膿やおりものが出ている。
対処法としては根治治療はやはり手術で子宮卵巣を取ることです
血液検査やレントゲン検査、腹部超音波検査でわかります
あとは抗生剤を使用して、改善することもありますが
経験ではほとんどの場合にはまた膿が溜まり、結局手術という経験しか
ありません。ずっと抗生剤を服用していても、子宮は腫れているので
そのうち破裂して腹膜炎を起こし亡くなることもあります。
②膀胱炎
細菌感染や膀胱結石が出来ていて血まじりの尿をしている
などが考えられるでしょう。状態からすると①である可能性が高いですね
まずはかかりつけの獣医師から抗生剤を処方してもらうことです
専門家:  wantaro 返答済み 2 年 前.
猫は交尾排卵といって、交尾をすると排卵します。
去勢していなくても、交尾はしているので膣に雄の性器から細菌が入り込み
化膿した可能性が高いと思います。
質問者: 返答済み 2 年 前.

解決法としては手術しかないのでしょうか?

抗生物質を飲まし続けても。結局元はなおらないということでしょうか?

なにか、手術しない方向で、直す方法はないのでしょうか?

こちらに信頼できるお医者さんがいないので、こまっています。

専門家:  wantaro 返答済み 2 年 前.
一旦良くなる事もありますが、基本的には膿が溜まりやすいのでまた再発します。
体に膿が大量にあれば、腎臓などの内臓は障害されて腎不全や貧血、多臓器不全に
なることもあります
ですから元気なうちに手術というのが、一番の解決策です。
抗生剤で時間を稼げたら、稼いで良い獣医さんを見つけて手術するのが
一番助かる方法です。
ですからまずは抗生剤をもらいましょう。
専門家:  wantaro 返答済み 2 年 前.
私は抗生剤だけで治って、再発しなかった例は診たことが記憶ではありません
専門家:  wantaro 返答済み 2 年 前.
獣医師として治癒確率がおそらく非常に低い治療で、残念ですが治るとは言えません。
統計データがあるわけではありませんが・・・・
質問者: 返答済み 2 年 前.

言い医者を選ぶときの注意点をおしえてください。

もちろん衛生面はしっかりチェックしますが、使う器具とか、麻酔のしかたとか、もし何か聞くとしたら、どんなことをきいたらいいとか、

日本では去勢手術で、失敗とかはないとおもいますが、いちおう、どんなリスクとかあるんでしょうか?

何しろこっちのいしゃは信用ができない。。。

専門家:  wantaro 返答済み 2 年 前.
手術件数が多くて、外科手術を沢山している病院というのが一番だと思います。
手術になれているわけですし、きちんとマスクや手術着を着る、きちんとした
オートクレーブ滅菌した手術機械を使っているなどが基準だと思います
子宮の病気だとして、腎不全や多臓器不全、貧血、ショック死、腹膜炎、食欲不振
などに術後なる可能性があります。
また血液検査やレントゲン検査、腹部超音波検査を実施して
しっかりと説明できる
アメリカやイギリス、フランスなどの先進国で免許を取得したというのがあれば理想でしょう、
wantaroをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

猫 についての関連する質問