JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
issafd3sに今すぐ質問する
issafd3s
issafd3s, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 2097
経験:  北海道大学獣医学部卒業
68561268
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
issafd3sがオンラインで質問受付中

去年の7月上旬に保護したメス猫(推定6か月)の猫を譲渡会に参加しようと、自宅で人慣れするのを待っていたところ、寝てい

解決済みの質問:

去年の7月上旬に保護したメス猫(推定6か月)の猫を譲渡会に参加しようと、自宅で人慣れするのを待っていたところ、寝ている時のみ少し息が早いのに気付きました。近医でのレントゲン撮影で横隔膜ヘルニアと診断され、即、手術と言われたのですが、ペットシッターさんに紹介された他院で元気なら手術必要なしと言われて現在に至っています。排泄も順調で、食欲も旺盛で、とても元気です。ただ、上半身のみ膨張し寝息が少し荒いのが気になるのと、発情時期にとても大きな声で鳴き、体力が消耗するのでは?と心配しています。再度、紹介されたレーザー治療の専門の医師を受診すると、手術を勧められています。現在の状態は、胃は上行しており小腸が食道、肺、(心臓)を圧迫しており、肝臓も多分その付近にあるだろうとのことです。リスクは術後の肺水腫の危険も含め、5分5分とのこと。
現在病気とは感じないほど元気で、受傷時期も不明で癒着も怖く、手術代金も35万から40万と高額です。そのお金があれば、多くの地域猫を助けられるのでは?とも考えて迷っています。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  issafd3s 返答済み 2 年 前.
こんにちは。
1歳の猫ちゃんが横隔膜ヘルニアになっており、手術を勧められているが、成功率や費用の点で迷っているということですね。
少々お尋ねしたいのですが、
今現在の猫ちゃんの様子としては、元気はあり、食欲もあるということでしょうか?
レントゲンを見た先生たちの意見としては麻酔は安全にかけられるということでしょうか?
避妊手術をする程度のことはできる状態でしょうか?
その他血液検査で、エイズや白血病などへの感染はなし、で全般的にも問題ない状態でしょうか?
ご返事お待ちしております。
質問者: 返答済み 2 年 前.

元気で食欲もあり、口呼吸もありません。先住猫とじゃれあって、むしろ元気過ぎて心配になります。レーザー治療の先生は大丈夫とのことですが、他の先生は心配ではあるとのこと。事実、呼気量は圧迫で少なくなってきているようです。避妊手術も麻酔をかけるリスクがあるので、行うならヘルニア手術と一緒によいう見解です。その他、血液検査等、何の問題もありません。

専門家:  issafd3s 返答済み 2 年 前.
ご返事ありがとうございます。
年齢的にかなり若いことや交通事故などの外傷歴もなく骨折歴もないようなので、その横隔膜ヘルニアは先天的な奇形によるものではないかと思います。
もし持って生まれた障害ということであれば、あえてそれを整復するよりは、その猫ちゃんの特徴だと考えて手術をしないという考え方もあると思います。
かかる費用や猫ちゃんへのリスクを考慮すると、確かにその費用を他の猫ちゃんへの避妊去勢手術などに回していった方が全体として、その地域に住む猫ちゃん達への恩恵は大きくなると思います。
麻酔はかけられるということであれば、比較的短時間で終わる避妊手術はしてあげて、生活面でのストレスの原因を軽減するというのは、やってあげてよろしいかと思います。
ヘルニアがあるためにその猫ちゃんの寿命は他の猫ちゃんに比べたら短いものになるかもしれませんが、それが不幸とは限らないと思います。
ただ、飼い主様がその猫ちゃんともっと長く一緒に生きていきたいという個人的な思い入れがあるのであれば、お金をかけてヘルニアの整復をしてあげるのは、悪くないことだと思います。
その場合はレントゲン検査だけではなくて、CT検査をされてあらかじめ、ヘルニア孔の大きさや部位などもっと手術に必要な情報をしっかり集めて、確実性や先の見通しをもって手術されることをお勧めいたします。
なぜ聞く先生ごとに意見がまちまちなのか?
それは先生たちの経験の差もありますが、ヘルニアの状態がはっきりと分からない、そのため手術の難易度が不明確な点にも原因があると思います。
もっとヘルニア手術の適正について調べるために、飼い主様のいうように麻酔が可能なのであれば、またお金をかけてもよいのであれば、まずはCT検査をしてみることをお勧めいたします。
ちなみに何度も出てくるそのレーザーの専門の先生とは関先生のことですか?
質問者: 返答済み 2 年 前.

外傷歴が不明です。保護したときは推定6か月でしたので。医師により、先天か外傷かの意見は色々か不明です。

手術費用の件ですが、ネットで調べると10万円前後が多く、レーザー治療は30万以上が相場でしょうか?

おっしゃるように関先生ですが、とても親切に説明して下さり、アメリカへ留学されていたことで?自信のあるしゃべり方をされます。

私は元医療関係者ですので、反対に慎重になってしまうのです。

正直、30万以上はきついですが、手術をしようと考えています。

もし、レーザー治療ではなく、横隔膜ヘルニアの経験の多い獣医師がいれば教えていただきたいのですが。

専門家:  issafd3s 返答済み 2 年 前.
ご返事ありがとうございます。
手術の費用はお住まいの地域や各病院ごとに金額設定はほんとにまちまちなので、適正かどうかは分かりかねます。ただし、名古屋地域では恐らくその辺りの金額ではないかと思います。
レーザーによる手術を売りにしている関先生の場合は他の病院よりも高めの設定だと思います。
横隔膜ヘルニアの手術は、一般的には一次診療の病院でやることが多いので、どの先生が経験が多いとかいうのは分かりかねます。
issafd3sをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

猫 についての関連する質問