JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  動物病院勤務歴6年
60306695
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

今年7月に4歳になるチンチラ・雌についてご相談させていただきます。 先天性心房中隔欠損症で、毎日心臓薬、利尿剤を服

解決済みの質問:

今年7月に4歳になるチンチラ・雌についてご相談させていただきます。
先天性心房中隔欠損症で、毎日心臓薬、利尿剤を服用しております。昨年10月末に、食欲がなくなり、下痢の症状もあったため、即かかりつけの動物病院で診察・検査をしたところ、血液検査で、高たんぱく(9.2)、アルブミン(4.3)、グロブリン(4.9)で、猫コロナウイルス抗体(100)の結果となりました。診断結果はFIP発症とのことですが、2日間抗生物質及びステロイド剤の点滴をうち、その後元気を回復し、現在では2日おきのステロイド錠を服用しておりますが食欲もあり元気にしております。腹水症状も特に見られず、ドライタイプでもなさそうです。FIPを発症した場合、ストレスをかけない生活をさせてくださいと言われておりますが、実は2月末には、子猫が一匹増える予定です。子猫が増えることで、ストレスが掛かり、FIP症状がひどくなることはあり得るでしょうか?現在、4歳の猫のほかに、19歳になるチンチラ、およびダックス3歳がおりますが、現在のところはみな仲良く暮らしております。ご意見をお願い致します。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 2 年 前.
japavet :

んばんわ

japavet :

ご質問ありがとうございます。

japavet :

それは心配ですね。

japavet :

正直なところ、コロナウィルス抗体100倍というのはそれほど高い数値ではなく

japavet :

グロブリン4.9というのもアルブミン4.3あればそれほど強い高グロブリン血症とはいえません

japavet :

確かにFIPの可能性はありますが、私は単なる脱水や炎症でも可能性はあるかともいます。

japavet :

最近は血液検査はしていないですか?

Customer:

点滴の治療をした後、症状が落ち着いたので、自宅で様子を見るようにとの

Customer:

ことです。次回は3月初旬に、心臓の検査及び血液検査の時にFIPの

Customer:

検査もする予定です。

japavet :

そうですね。

japavet :

私は下痢をしていたために起こった脱水の可能性のほうが高いと思います

japavet :

子猫ちゃんが来るのはほとんどの子ではストレスになるのは実際のところです。

japavet :

その子の性格や相性によってはストレスをあまり感じなかったり早く慣れてストレスがなくなることもあります。

japavet :

不安であれば私は早めに再度FIPの検査を受けてもらったほうがいいかと思います。

japavet :

それで問題なければ不安はなくなりますので。

Customer:

血液検査の結果、高たんぱく、高グロブリンであったのと

Customer:

若い猫であり、元気消失のため、抗体を調べた結果

Customer:

FIPとの診断が下ったものと思われますが、

Customer:

FIPでなければ、安心です。心房中隔欠損症がかなり

Customer:

重篤なので、生きていること自体奇跡といわれながらも、今年7月には5歳に

Customer:

なりますので、一日でも長生きしてほしいと思っておりましたので

Customer:

FIP発症でなければ安心できます。

japavet :

そうですか。

japavet :

確かに心房中隔欠損が重度の子ではなかなか長生きできないことが多いので

japavet :

とてもいい状態で頑張れているものと思えます。

japavet :

先ほども書きましたがFIPでの高たんぱく血症ではアルブミンはあまり上がらないことが多く

japavet :

通常アルブミンの上昇を伴っているものは脱水のほうがよく診られます

japavet :

また、アルブミンとグロブリンの比(A/G比)は0.7を下回ることが多く

japavet :

今の数値は高たんぱく血症とは言えますが、高グロブリン血症とは言えません

japavet :

それから抗体値も800を超えないくらいであれば高くはないですので、

japavet :

他の症状や検査所見が何もなければFIPの可能性は低いという数値です。

japavet :

こちらを参考にしてみてください

japavet :

http://www.idexx.co.jp/pdf/ja_jp/smallanimal/reference-laboratories/JP-feline-comments/JP-SAH-lab-fcov-comment201003.pdf

japavetをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

猫 についての関連する質問