JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
issafd3sに今すぐ質問する
issafd3s
issafd3s, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 2097
経験:  北海道大学獣医学部卒業
68561268
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
issafd3sがオンラインで質問受付中

10歳の雄ねこ、キジトラの和ネコです。 昨年11月から口内炎の治療をしています。検査の結果、免疫力を落とすエイズ等

解決済みの質問:

10歳の雄ねこ、キジトラの和ネコです。
昨年11月から口内炎の治療をしています。検査の結果、免疫力を落とすエイズ等の病気はありませんでした。
治療は抗生剤とステロイドの注射を2~4週間ごとに様子を見ながら打っています。
間をしのぐ飲み薬も処方されていますが、直に口に入れると痛がりますし、えさにまぜても食べてくれませんので結局注射に行くことになります。ネットで、ステロイドの後遺症のことを知り、どうしてよいやら分かりません。
今回は注射後10日しか経っていないのに既に痛がりえさも食べません。
注射と注射の間隔も短くなり心配です。完治しないと言われていますが、なんとか良い治療が無いものでしょうか? レーザー治療があるとも聞いていますが、どこのいけばよいかわかりません。
適切な治療をしてくださる病院があれば教えていただければ幸いです。
当方は茨城県取手市在住ですので、茨城県以外でも千葉県柏市や我孫子市にも通院可能です。
どうぞよろしくお願い致します。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  issafd3s 返答済み 2 年 前.
こんにちは。
猫ちゃんの口内炎でお悩みということですね。
2-3週間ごとに注射するステロイドのデポメドロールは効果がある場合が多いですが、連続して使用することで、糖尿病になるリスクがあるなど、ステロイドによる副作用も考えないといけないです。
高齢になって口内炎が出てきているため、単純なものではなくて何かの病気から二次的に発症している可能性も考えられます。
またレーザー治療による炎症をおこした歯肉の蒸散や、抜歯(歯を抜くこと)などは一定の効果があるとされていますが、レーザーの場合でも3か月ごとくらいに炎症が再発したらまた焼く必要があります。
もちろん、ステロイド治療よりは副作用は少ないので、メリットも大きいと思いますが、根治療法ではないので1回の治療で治ると思わないようにしてください。
一般の病院でどこがよいとか紹介することはできませんが、レーザーによる口内炎の治療をされている病院で、柏市にくわはら動物病院 〒277-0825 千葉県柏市布施146-17 Tel 04-7132-1223というのがあります。
一度まず電話をされてみて先生に症状を伝えていただき、よさそうであれば、受診されて、まずは治療はさておき診察だけでもされてみられるとよろしいかと思います。
issafd3sをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 2 年 前.

通院可能な場所の獣医さんを教えていただきありがとうございました。

一つお尋ねしたいのですが、さまざま検査しましたがこれといって悪いところはありませんでした。このような場合でも完治することはないのでしょうか?

よろしくお願い致します。

専門家:  issafd3s 返答済み 2 年 前.
ご返事ありがとうございます。
いろいろ検査して原因が分からないということですね。
完治するかどうかは、最終的には分かりませんが、
治療法としてのレーザーによる炎症部位の蒸散という方法は、何が原因でかは不明ですが今炎症を生じている粘膜を焼いて新しい粘膜を作らせるための治療なのです。
そのため、根治療法とは言えない治療です。
新しい粘膜が出来てきても原因が除去されていないので、また炎症がおきるのが一般的です。そのためだいたい3か月に1回の割合位で処置が必要になることが多いです。
何か食物アレルギーや歯石による歯肉の炎症など原因が分かれば、その治療をすることで、症状が改善する可能性はありますが、レーザー治療では治らないということです。
全抜歯によって口腔内の炎症が完治したりかなり緩和したりする場合もありますが、その辺りは原因によって治療の効果は変わってくると思います。
飼い主様の猫ちゃんの場合も、口腔粘膜の細胞検査などされていないのであれば、一度されてみることをお勧めいたします。
質問者: 返答済み 2 年 前.

大変良く分かりました。


どうもありがとうございました。


掛かりつけの


獣医さんと相談してみます。

猫 についての関連する質問