JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
wantaroに今すぐ質問する
wantaro
wantaro, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 5405
経験:  小動物臨床10年
61996574
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
wantaroがオンラインで質問受付中

17歳8ヵ月の雄猫です。3日ほど前から、食べた後、口になにかひっかかっているような様子で、左前足で、口をさわり、何か

解決済みの質問:

17歳8ヵ月の雄猫です。3日ほど前から、食べた後、口になにかひっかかっているような様子で、左前足で、口をさわり、何かはずしたいような仕草をして、歯をカチカチいわしてました。口の周りを触っても痛がったりはせず、中をのぞきこんでも(ちゃんと見えないのですが)特に異常がわかりません。それ以外は元気にしていました。
ところが、今朝から、後ろ足がよろけるようになってしまい。自分で伸びをした折にバタンとひっくりかえったり、プルプルした時に、そのまま、あおむけにひっくりかえったりします。急な症状で、猫自身もショックを受けているようで、2階に上がったまま下りてきません。老化症状以外の病気という場合もありますか? 老化であれば、対処方法を教えてくださいませ。   中村
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  wantaro 返答済み 2 年 前.
初めまして、質問有難うございます。
診察をしていませんので的確なアドバイスが出来ない場合もある事をご了承ください。
追加の質問や情報があれば随時書き込みをしてください。
考えられるのは脳の脳底部や小脳、大脳に障害がおきて舌や唇の感覚が麻痺している
また後ろ足や前足に力が入らない事が考えられます
原因としては
①脳腫瘍
②細菌感染などによる脳炎
③脳脊髄梗塞 血管が詰まったことにより生じる
それ以外には
高血圧によるふらつきがある、腎不全による尿毒症ではきそうになっている
尿毒症で神経症状が出ている、心臓疾患で不整脈により脳に血液が行かないので
ふらついたり倒れたりする
などが考えられます。
何らかの病気であることは間違いないので、早めに病院に行きましょう
血液検査や血圧測定、レントゲン検査、甲状腺ホルモンや腹部超音波検査
MRI検査など各種検査が必要です。
また治療法については病気によって様々です。
内科治療や外科治療が必要な場合もあるかもしれませんし
診断内容次第ということです
wantaroをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

猫 についての関連する質問