JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
issafd3sに今すぐ質問する
issafd3s
issafd3s, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 2097
経験:  北海道大学獣医学部卒業
68561268
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
issafd3sがオンラインで質問受付中

1才9か月のメスの猫です。5か月程前に一度膀胱炎になりましたので、それまで食べていたドライフードをやめ、医師の勧めで

解決済みの質問:

1才9か月のメスの猫です。5か月程前に一度膀胱炎になりましたので、それまで食べていたドライフードをやめ、医師の勧めで予防食に切り替えました。食べなくはないのですが、そんなに好きではなさそうです。最近知りました輸入のドライフードを試してみようと思っているのですが、腎不全にも配慮はしてありそうですが、やはり尿路の病気が心配で、取扱業者に尋ねたところ、含有量を教えてくれました。
カルシウム1.58%、マグネシウム0.09%、りン1.40%、カリウム0.64%、ナトリウム0.36%、とのことです。
カルシウムの量が少し多いかなと思うのですが、素人には影響が分かりません。エサはおいしく食べてもらいたいのですが病気をさせてはかわいそうです。このフードを試すことについてご指導いただけましたら有難いです。どうぞよろしくお願いいたします。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  issafd3s 返答済み 2 年 前.
こんにちは。
1歳9か月の雌の猫ちゃんの食事についてのご質問ですね。
少々お尋ねしたいのですが、
輸入のドライフードの名前はお分かりになりますでしょうか?
1歳9か月とのことですが、腎不全の兆候があるのでしょうか?
今現在はなにを食べているのでしょうか?
膀胱炎にもいろいろな原因がありますが、何が原因の膀胱炎だったのでしょうか?
ご返事お待ちしております。
質問者: 返答済み 2 年 前.

輸入のドライフードはカナガンのキャットフードです。現在食べているのはロイヤルカナンのpHコントロール2です。腎不全の兆候はありません。

膀胱炎の原因ははっきりわかりません。その時まで食べていたエサは生活クラブ生協で買ったドライフードで、大好きでした。尿路の病気に配慮しているとは袋に書いてなかったと思います。ストレスとして考えられるのは、膀胱炎になる3週間くらい前に息子一人残して5日間他の家族が家を空けた事位です。息子はもう大人でその前から一緒に暮らしていますので違うかもしれません。膀胱炎で医者に連れて行った時たまたま、頻繁におしっこしていたので尿がなくて検査ができませんでした。

専門家:  issafd3s 返答済み 2 年 前.
ご返事ありがとうございます。
カナガンのフードで、腎不全の兆候なし、膀胱炎?頻尿の原因は不明、ということですね。
カナガンのフードは今食べている特別療法食とは根本的に異なり、一般の総合栄養食ということです。
成分調整していない総合栄養食としては、カルシウムの%は他のフード(例えばロイヤルカナンのフィメールケアなど)と比較しても変わらないです。
マグネシウムなども含めてややミネラルの含有量が多いのは、気になりますが、ストラバイト性の尿石症による膀胱炎が原因でないのであれば、通常は問題ないと思います。
ただし、こればっかりは、与えてみてしばらくしてから尿検査をしてみませんと、ほんとに問題ないかどうかははっきり分かりません。
そのため、もしカナガンのフードに興味があって一度試してみたいということであれば、フードを切り替えてしばらくしてから(通常1-2か月)一度尿検査をされることをお勧めいたします。
膀胱炎の原因についても尿石症による膀胱炎と診断していないまま、今のpHコント2を食べ続けるのは、根拠に乏しい(もちろん維持食なので健康に問題はでないでしょうが、値段が一般食より高い)ので、定期的に尿検査をしつつ、食事の管理をされること(尿の状態や嗜好性をモニタリングしつつ)が今のところ妥当や管理になると思います。
フードを切り替えて1-2か月して尿検査をしてみて、問題なければ、その後は半年後に再検査をしてみてるなど、されることをお勧めいたします。
また季節的には冬は猫では特に飲む水の量が減ることで、尿が濃くなり尿石症のリスクが高くなりますので、季節性のことや猫ちゃんの飲水量の状態もよく見ておかれることをお勧めいたします。
issafd3sをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

猫 についての関連する質問