JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
issafd3sに今すぐ質問する
issafd3s
issafd3s, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 2097
経験:  北海道大学獣医学部卒業
68561268
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
issafd3sがオンラインで質問受付中

老猫 16歳です。やせて現在体重が2.3kgしかありません。肝臓や腎臓の数値は検査しましたが 標準で心配ないといわれ

解決済みの質問:

老猫 16歳です。やせて現在体重が2.3kgしかありません。肝臓や腎臓の数値は検査しましたが 標準で心配ないといわれました。口内炎がひどく あまり食べることができません。ステロイドの注射を 通常の半分して様子をみようといわれましたが 2週間たち 又ステロイド半分の注射をしてきました。体重も変化なし 先生も対応に困っているようです。強制給餌も嫌がり 難しいです。どうしたら 元気になってくれるのでしょうか 少しでも食べてげんきになってほしいのです。ネットではカテーテルを入れるようなことが提案してありましたが 現在の先生は そのような話は一切なかったです。対処に困っていらっしゃるのでしょうか?ほかの病院で その方法をしてもらえるところを探すしかないのでしょうか?
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  issafd3s 返答済み 2 年 前.
こんばんは。
16歳の猫ちゃんで体重が2.3kgということですね。
少々お尋ねしたいのですが、
もともとはもっと体重があったのが、徐々に減ってきたということでしょうか?
検査につきましては、血液検査以外に、レントゲンやエコー、尿検査などはされていますでしょうか?
口内炎があるとのことですが、いつごろから口内炎を患っているのでしょうか?
ステロイドの注射は、いろいろ種類がありますが、長期間効くタイプのステロイドなのでしょうか?(デポメドロールというものでしょうか?)
ご返事お待ちしております。
質問者: 返答済み 2 年 前.

去年9月から 徐々に痩せてきて その頃から 口内炎になったようです。(3.5キロありました。)

9月に検査しました。それは 肝臓や腎臓の血液検査です。

よく吐いていたので 検査すると 胃拡張といわれました。

それ以後は血液検査のみです。 口内炎や胃拡張といわれ サプリメントは ビガープラス ストマックを先月より与えていますが 効いているのか よくわかりません

ステロイドは 2週間は食欲が増すといわれました。

サプリメントなどは どのようなものがいいのでしょうか

専門家:  issafd3s 返答済み 2 年 前.
ご返事ありがとうございます。
猫ちゃんが口を掻きむしっていることから、口内炎があるのは間違いないことだと思います。
ただし、口が炎症が生じる原因がどこから来ているのか、はいまのところはっきりしていないですね。
おおまかには、内臓の炎症が口にも波及しているか、あるいは歯茎の炎症が酷くて口内炎になっているか、ということだと思います。
口内炎が二次的なものだとすれば、原因を治療しないと、ステロイドの注射では、なかなか効果が出ないでと思います。
歯茎など歯牙疾患からくる口内炎の場合は、歯石を取ったり、歯を抜歯したりすることで、炎症が軽減する可能性があります。
血液検査では肝臓や腎臓の数値は正常ということですね。
また今のところよく吐くという症状は、胃拡張などの胃の炎症から来ているのではないか?ということで、サプリで治療をされているということですね。
もしも、ほんとにそのような原因で胃炎や、それによる口内炎が生じているのであれば、ステロイドは効果がないですから、治療としては、ガスターなどの制酸剤(H2ブロッカー、人でも胃粘膜保護として飲む薬)、プリンぺランやモサプリドなどの消化管運動促進剤、を使用したり、週2-3回の皮下点滴による水分補給によって消化管運動の働きを補助する、などの対症療法が有効な場合があると思います。
抗生剤は場合によっては、アモキシシリンなど腎臓に負担にならないものを使用するのはよろしいかと思います。
他には、可能性として、全身性高血圧、甲状腺機能亢進症、初期の腎臓病(尿比重の低下で分かります。)などが、できれば除外しておきたい病気です。
そのため、できれば血圧測定、尿検査、甲状腺ホルモン測定(血液検査で分かります。)も追加検査でされることをお勧めしたいです。
口内炎や胃拡張などの消化管運動の低下をサプリで治療するのは、効果が不明なことが多いため、お薬でまずは治療をしてみることをお勧めしたいです。
質問者: 返答済み 2 年 前.

現在通院している病院では 回答していただいたことは 説明をしていただけませんでした。口内炎というだけで いろいろと原因があるのですね。しかし これ以上の検査を望むのであれば 他の病院を探すしかないということですね。

今日ステロイドの注射をしましたが 痛くて 何も食べることができないようです。

みていて とてもつらいのですが 他の病院で 回答のような検査等をしてもらえ 的確な回答がでるような獣医は 市内にはなく 安心でき病院もないと思います。

歯を抜歯することは 高齢のため 麻酔が難しいといわれました。皮下点滴に通うことは 週一であれば 可能なので・・・

検査することばかりで 他の方法は ないのでしょうか

専門家:  issafd3s 返答済み 2 年 前.
ご返事ありがとうございます。
例えば、食道チューブを設置する場合でも、麻酔は必要ですし、肝臓や腎臓の数値が問題ないということであれば、短時間の麻酔はかけることが出来るのではないかと思います。
今打っているステロイドの注射は、恐らくデポメドロールという強いステロイドだと思いますが、これでも効果がないのであれば、やはり、他の方法を探すしかないと思います。
またデポメドロールは何回も打つとことで、糖尿になったりしてステロイドの副作用で良くない面がでてくるので、対症療法として、続けるのは良くないと思います。
今通院している病院で、できることをお望みとのことであれば、
先ほどもご記入したしたが、ガスター、プリンぺラン、モサプリドの内服、皮下点滴、飲み薬でのプレドニゾロンという短期作用型のステロイド、アモキシシリンという抗生剤の内服での治療をお勧めいたします。
またブプレノルフィンという鎮痛剤も口内炎による口の痛みの緩和に効果があります。粘膜吸収されるため、液体の薬を口に含ませることで吸収されるため、注射する必要はないです。
毎回強制給餌をされるのは猫ちゃんもつらいことなので、食道チューブの設置をおねがいしてみられるものよろしいかと思います。
短時間の麻酔でできるので、高齢の猫ちゃんでも設置できると思います。
質問者: 返答済み 2 年 前.

食道チューブの設置を拒否された場合は 強制給餌しかないのでしょうか

どこの病院も 食道チューブをするとは思えませんが 通院している病院にきいてみます

専門家:  issafd3s 返答済み 2 年 前.

ご返事ありがとうございます。

まずは主治医の先生に食道チューブのことを提案してみていただくことをお勧めいたします。

先ほどから何回も書いていますが、皮下点滴やガスター、プリンぺラン、モサプリド、ブプレノルフィン、プレドニゾロン、アモキシシリンの内科的治療もされることをお勧めします。

どうしても食道チューブができませんということであれば、短期的ですが、鼻からチューブを入れる経鼻カテーテルもあります。

この方法は麻酔を必要としませんが、1-2週間の設置になります。

主治医の先生に相談してみていただいて、その後またご連絡いただければと思います。

issafd3sをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

猫 についての関連する質問