JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
wantaroに今すぐ質問する
wantaro
wantaro, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 5280
経験:  小動物臨床10年
61996574
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
wantaroがオンラインで質問受付中

ミニチュアダックス10歳8ヶ月 体重は9キロ ここ数週間、後ろ足に力が入らないようで段差が上がれなくなりました。

解決済みの質問:

ミニチュアダックス10歳8ヶ月
体重は9キロ
ここ数週間、後ろ足に力が入らないようで段差が上がれなくなりました。
散歩もほとんど歩きません。
近くの獣医さんでベストンとステロイドを処方されましたが、正月明けで病院は混雑していて、詳しい話は聞けませんでした。
どのような効果があるのでしょうか。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  wantaro 返答済み 2 年 前.
初めまして、質問有難うございます。
診察をしていませんので的確なアドバイスが出来ない場合もある事をご了承ください。
追加の質問や情報があれば随時書き込みをしてください。
後ろ足に力が入らないのはほとんどの場合にはダックスでは椎間板ヘルニアです。
後ろ足の麻痺が生じるのは脊髄が椎間板という物質が飛び出して脊髄を
圧迫しているからです。
その圧迫されて炎症や出血、腫れを起こしている部位にステロイドが炎症を抑える
作用があるので有効とされています。
ただし脊髄の圧迫自体が変わるわけではありません
圧迫の程度が軽い場合には炎症や腫れが改善して、脊髄の圧迫がすくなくなると
脊髄神経が働きやすくなるので後ろ足が少し改善するという事です
ベストンはビタミンB群ですが、神経障害によいとされているビタミンです
この治療は根本的な解決にはなりません
椎間板ヘルニアの程度が軽いものでは有効で、通常は2-3日でそれなりに改善しますが
改善しないものは椎間板ヘルニアが酷いので手術が必要
あるいは脊髄に腫瘍が出来ているなど別の病気の可能性があります
こういう場合には原因を調べたり、手術適応か検討するためにMRI検査が必要です
早めにMRI検査機器を持っている病院で検査をしてもらいましょう
wantaroをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

猫 についての関連する質問