JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
issafd3sに今すぐ質問する
issafd3s
issafd3s, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 2097
経験:  北海道大学獣医学部卒業
68561268
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
issafd3sがオンラインで質問受付中

くしゃみ、抜け毛、牙が上下長くて硬いものが食べれない

解決済みの質問:

くしゃみ、抜け毛、牙が上下長くて硬いものが食べれない
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  issafd3s 返答済み 2 年 前.
こんにちは。
年齢不詳の猫ちゃんで10月から飼育されているということですね。
少々お尋ねしたいのですが、
飼育開始されてから、病院を受診されたことはありますでしょうか?
ご質問の内容は、くしゃみのことと、抜け毛が酷いということ、硬いものが食べれないということ、が気になるということでしょうか?
ダニ予防はされていますが、ノミ予防はされていますでしょうか?
検便はされましたでしょうか?
くしゃみの症状に気がついたのはいつでしょうか?
抜け毛はいつから始まったでしょうか?皮膚のかゆみはあるでしょうか?どのあたりの毛が良く抜けますでしょうか?禿げている場所もあるのでしょうか?
今は食事は缶詰を与えているのでしょうか?
ご返事お待ちしております。
質問者: 返答済み 2 年 前.

ダニ・ノミ殺虫+蚊よけ薬用ペッツテクトを使っています。

検便はしていません。

くしゃみは、10月末頃。

抜け毛は、11月半ばにポツポツ、12月半ばに大きい禿げが首下のお腹に

よく舐めています。

食事は、基本ゼリータイプの缶詰1~2缶とおやつに笹かま・カニカマ。

夜食にささみのゆでたものです。

猫用のミルクを50ccぐらいです。水は、冷たいものや少し温めたものを試したのですが、飲んでくれません。この猫に、必要な治療はありますか?

専門家:  issafd3s 返答済み 2 年 前.
ご返事ありがとうございます。
もともとは外猫だった猫ちゃんを半分外飼いの状態で、世話し始めたということですね。
どの程度猫ちゃんを世話するかによって、対処の仕方は変わってくると思いますが、
もしこの先も一緒に暮らしていきたいとお考えであれば、
できれば、
ノミ・ダニ予防は続けていただくことと、
3種混合ワクチンの接種
をお勧めいたします。
できれば、猫の場合はダニはあまりつかないので、病院でレボリューションというノミや疥癬、フィラリア、回虫、こう虫にも効くスポットタイプのお薬を使ってあげるとよろしいかと思います。
くしゃみについては、おそらく目ヤニを伴っていることから、いわゆる猫カゼと呼ばれるこの寒い時期にはやるヘルペスやカリシなどのウイルス感染症の可能性が高いのではないかと思います。
治療としては、抗生剤や皮下点滴、必要ならばインターフェロンなどを使用されることをお勧めいたします。
皮膚病については、ノミ感染症、カビの感染、まれに食事アレルギーなど、が考えられます。
原因によって治療法が全然違ってきますので、病院にて検査・治療をされることをお勧めいたします。
食事は、猫の場合、基本は総合栄養食と呼ばれるものを、あたえることです。そして人の食べ物は基本与えないことです。猫は完全肉食動物で、代謝が人と異なるため、人の食事を与えることで、病気になることがあります。
またささみは常にゆでたての新鮮なものを与えないと下痢の原因になることがあります。
ミルクは子猫ではないのであれば、必要ないです。
缶詰を食べているために水をあまり飲まなくても水分が摂れているのだと思います。缶詰は約70%が水分ですから。
猫は鼻が詰まると急に食欲が低下して、体調を崩します。そのため、くしゃみが酷くて鼻づまりがおきているのであれば、積極的に治療をされることをお勧めいたします。
issafd3sをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

猫 についての関連する質問