JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
issafd3sに今すぐ質問する
issafd3s
issafd3s, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 2097
経験:  北海道大学獣医学部卒業
68561268
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
issafd3sがオンラインで質問受付中

15年過ぎた、メスの雑種の猫です。 三日前から血便(粘着性)食欲がなく急に痩せた。 医者へは1週間前に血液検査で

質問者の質問

15年過ぎた、メスの雑種の猫です。
三日前から血便(粘着性)食欲がなく急に痩せた。
医者へは1週間前に血液検査で腎臓が悪いと言われた。この時下痢状態で下痢止めの薬をもらう。昨日は、前日から血便が出て(粘着性)急に痩せてきたので医者に連れて行くと、レントゲンを撮るといわれ結果は、充分な説明がなかったが、他の病院で精密検査をするため預からせてほしいと言われました。でも検査ではなく、人間でいえば点滴をしてまず、現状を維持することが必要だと思いますが、よろしくお願いいたします。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  issafd3s 返答済み 2 年 前.
おはようございます。
15歳の雌の猫ちゃんについてのご質問ですね。
少々お尋ねしたいのですが、
まず1週間まえに、下痢の治療のため?、に受診されて、そのときに血液検査をされた、とのことですが、
下痢の症状はいつからあったのでしょうか?このときの下痢は水様性か今回と同じような血便か、どうちらでしょうか?
また下痢の原因は一応何の可能性ということでしょうか?
腎臓が悪いと言われたとのことですが、より具体的には、尿素窒素(BUN)とクレアチニン(CRE)の数値は幾らでしょうか?またカリウム(K)の値はいくらでしょうか?
3日前から食欲の低下とのことですが、それ以前には普段と同じように食欲はあったということでしょうか?また1週間まえの血検のときに体重を測定されたと思いますが、その時点では減っていませんでしたでしょうか?
ご返事お待ちしております。
質問者: 返答済み 2 年 前.

下痢は1週間前から

BUN 4.3   CRE2.9

食欲少し減退していた。

3.5kgから3.0kgになっていた。

質問者: 返答済み 2 年 前.

今何をすれば猫にとって良いか教えてください

専門家:  issafd3s 返答済み 2 年 前.
ご返事ありがとうございます。
体重は3.5kgだったものが、1週間前の時点で、3.0kgに減少していたということですね。
クレアチニンが2.9ということは、慢性腎臓病であった場合、4段階評価の3番目なので、中程度の腎臓病ということになります。
ただし、血液検査のときは、下痢でやや脱水気味だったことを考えますと、しっかり水和してから、再度血液検査をされて、腎臓の数値を評価し直す必要があると思います。
できれば、皮下点滴(週1回程度)、腎血流量を増やす薬、食事療法(ロイヤルカナンの腎臓サポートやヒルズのk/dなど)を始めることがお勧めされます。
一般的には、水様性(水のような下痢)下痢をしていた場合、その治療をして、下痢止めを飲むと、消化管運動がやや低下するため、2日位便がでないときがあります。
そしてその後最初出た便はやや硬い便なので、その硬い便が大腸粘膜を通過するときに、粘膜を刺激したり傷つけたりして、ゼリー状の粘膜が一緒にでたり、場合によっては血液が正常便の表面に付着することがしばしばあります。
昨日あたりからでた、血便についてはそういうことではないかと思います。
また、血便などの大腸炎は便を溜めておく腸管の炎症を意味しますので、血便のために体重が減少するということはないです。
飼い主様が体重減少を感じたのは、血便が原因ではなくて、食欲の低下や摂取している水分量の低下など、が主な原因です。
今の猫ちゃんの状態はそのような感じです。
下痢や食欲低下、ひいては体重減少の原因については、血液検査だけからは分かりませんので、やはり画像診断、つまりレントゲンとエコー検査をする必要はあると思います。
また高齢なので、レントゲンについては腹部だけでなくて、胸部も撮影して肺や心臓の状態も調べることをお勧めいたします。
その結果、下痢や体重減少、食欲不振の原因が、腎臓からきている可能性があれば、その治療(すでに上記に記入済み)をすること、他に原因がある(例えば内臓腫瘍や膵炎など)場合には、その治療を優先して行うことをお勧めいたします。
検査はやはり必要だと思いますが、おそらく飼い主様が一番心配なのは、主治医の先生とコミュニケーションが取りづらいので、よく分からないから、ほんとに任せてよいのかどうか、とうことではないかと思います。
猫ちゃんの状態は今のところ、小康状態を保っていると思いますので、今のうちに主治医の先生と今の猫ちゃんの状態や、今後の検査や治療方針を、しっかりと確認されることをお勧めいたします。
もしそれで、主治医の先生が説明を嫌がったり十分な説明が得られない場合には、残念ですが他の病院に転院されることも積極的に考える必要があると思います。
正直飼い主様のご記入いただいた情報からは、主治医の先生が何をしたいのかよく分かりかねます。
そのため、今何が必要か、と問われれば、主治医の先生にもっと詳しく説明していただくこと、だと思います。
飼い主様の満たされないお気持ちはそのことでしか、解決できないと思います。
質問者: 返答済み 2 年 前.

3日ほど何も食べず、水を少し飲む。ソシテ吐く。水状態の、少し黄色の液体。

このまま何も食べなければ死んでしまう。無理にでもフードを食べさせて良いものか?。

専門家:  issafd3s 返答済み 2 年 前.
ご返事ありがとうございます。
ご質問の趣旨はフードを無理に与えてよいかということでしょうか?
今の猫ちゃんの状態はまだ見つかっていないですが、病気の可能性が高いですね。
それは、血液検査だけでは判断できない病気(内臓疾患など)の可能性があります。
そのため、まずは検査をして、病気の原因(猫は食べないのではなく、食べれない状態なのです。)を調べて、しっかりその治療することが重要だと思います。
無理にフードを与えても吐くだけではないかと思います。
ですから、主治医の先生は非経口的な水分補給(つまり点滴)をして、水和状態を改善しつつ、まだ見つかっていない病気を追加検査によって調べようとしているのではないでしょうか?
追加検査によって消化管自体に異常がないようであれば、消化の良い食事を少しずつ様子をみながら与えてあげることはよろしいかと思います。
その際、セレニアやガスターなど消化管保護の薬を使用しつつ、与えることをお勧めいたします。
質問者: 返答済み 2 年 前.

他の医院に行き、慢性腎不全の末期症状で、なぜ点滴等の治療をしなかったかといわれました。昨日と今朝点滴と筋肉内注射をしました。延命効果しかない状態ですが、前の医院でなぜ施療されなかった疑問が残りましたが、今は静かに見守ってやろうと思っています。

ありがとうございました。

専門家:  issafd3s 返答済み 2 年 前.
ご返事ありがとうございます。
猫ちゃんは腎臓の状態が悪化していたということですね。
1週間前の血液検査にてクレアチニンが2.9だったということなので、皮下点滴をしばらく毎日続けてあげれば、腎臓病は治らなくても体調が回復してくる可能性は十分にあると思います。
腎臓病は慢性的なものは、例えば人では人工透析をしたり、場合によっては腎臓移植をすることもありますが、猫の場合、そのような治療は一般的にはしませんので、今のところは猫ちゃん自身の腎臓を使って血液のろ過量を増やしてあげる方法を取ることになります。
そのため、皮下点滴をしてあげて、水分を非経口的に補給して腎臓での血液ろ過量を増やします。
また食事も腎臓サポートなどの腎臓の機能をサポートする食事を食べることで、長く生きられることが知られています。
また何かございましたらご連絡いただければと思います。
お大事にしてください。

猫 についての関連する質問