JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
wantaroに今すぐ質問する
wantaro
wantaro, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 5445
経験:  小動物臨床10年
61996574
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
wantaroがオンラインで質問受付中

5歳の雌猫です。10月くらいから、首の後ろに、いくつもデキモノがあります。1箇所目の病院では、肢で掻いたことによる傷

解決済みの質問:

5歳の雌猫です。10月くらいから、首の後ろに、いくつもデキモノがあります。1箇所目の病院では、肢で掻いたことによる傷が原因だと言われましたが、掻いていない場所にもできています。2箇所目では、デキモノがかさぶたになったものを取り、何か菌のようなものが見えるか顕微鏡で見てもらいましたが、何も見つかりませんでした。原因はわからない言われました。
かさぶたになると取れて治るのですが、また別の場所にできます。主には首の後ろで、背中などにはありません。デキモノのできたては、かなり内側から盛り上がっているような感じです。2~3ミリくらいの大きさです。現在、5つあります。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  wantaro 返答済み 2 年 前.
①外には出ますか?
②他の猫と接触しますか? 他の猫は外に出るなどはありませんか?
③与えた飲み薬と塗り薬の種類や商品名をおしえてください
質問者: 返答済み 2 年 前.

すみません。

③飲み薬は、「プレドニゾロン」でした。

ありがとうございます。

①完全室内飼いです。

②いっさい接触はありません。

③飲み薬・・・プレヂニゾロン5㎎、塗り薬・・・名称不明。白い液体のような(クリームではない)薬です。

よろしくお願いします。

専門家:  wantaro 返答済み 2 年 前.
考えられる病気としては
①アレルギー 特に食餌アレルギー
新しい餌やおやつを与えるようになると皮膚病としてアレルギー反応が出る事があります。
食餌を以前のものに戻す、アレルギー検査(IgE抗体検査)を行いアレルギーに反応している
食餌を与えないようにする
②好酸球性皮膚炎
猫に多い皮膚炎でアレルギーが原因で生じると言われていますが、よく理由はわかって
いません。免疫異常なども関与している可能性もかんがえられるでしょう。
皮膚の一部を切除して調べることが必要です。
抗生剤や免疫抑制剤が治療薬になるでしょう
③肥満細胞腫 という腫瘍
時折猫の皮膚腫瘍としてみつかります
切除して調べる必要があります
2件まわって、改善しませんので、大学などの皮膚科を診療して
セカンドオピニオンを受ける事をお勧めします
wantaroをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 2 年 前.

週に2回ほど、わずかに与えているおやつが原因かもしれません。

少量なので、大丈夫かと思っておりましたが、やめて様子を見ます。

それで改善しなければ、切除して調べてもらいます。

ありがとうございました。

専門家:  wantaro 返答済み 2 年 前.
お大事にどうぞ

猫 についての関連する質問