JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  動物病院勤務歴6年
60306695
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

約25歳の寝たきりの愛猫が、約4か月ほど前から顎下や頬に膿が溜まり、破裂して排膿したり獣医さんに切開排膿してもらった

解決済みの質問:

約25歳の寝たきりの愛猫が、約4か月ほど前から顎下や頬に膿が溜まり、破裂して排膿したり獣医さんに切開排膿してもらったりしています。何度も治っては再発を繰り返しています。
処置は創部周囲を微温湯で、創部内を生理食塩水でしっかり洗浄し、創部内に獣医さんに処方して頂いたゲンタシンクリーム0.1%を充填する処置を毎日朝晩行っています。
超高齢猫ということもあり、特に細菌培養などは行っていません。毎回受診してもらっても特に抗生物質は処方されず、受診時の点滴に抗生物質を注入してもらっています。
年齢的にも易感染ですし、寝たきり状態ということも感染しやすいと思い、寝床もまめに掃除をしています。シャンプーなどはお風呂嫌いの猫だったこともあり、突然死しないようおこなっていませんが、2~3日に一回は全身グルーミングをしています。
食事は一日3回ムース状の猫缶を全介助で食べさせ、猫缶を湯に溶いたものを毎回40cc与えていますが、膿が溜まって来ると痛みの為か、食べにくい為か、食事を拒否します。その時には液体の栄養剤を50cc程与えています。
高齢の愛猫に痛い苦しい思いをさせたくないので、何とか膿瘍が繰り返さない方法がないかと思い、質問をさせていただきました。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 2 年 前.
Customer:

こんにちわ

Customer:

ご質問ありがとうございます。

Customer:

25歳というのはたしかに超高齢ですね

Customer:

そこまで長生きできる子は非常に珍しいですので、とても体の強い子かと思います。

Customer:

顎下やほほに膿がたまる場合、歯に原因があることがほとんどです

Customer:

その場合、一番いいのは歯を抜いてしまうことですが、

Customer:

それには鎮静や麻酔が必要で、25歳のことなるとかなり厳しいですね

Customer:

他にやれる方法としてはやはりおっしゃる通り感受性試験をしたうえで抗生剤を決めるということです

Customer:

そちらに関しては病院で聞いてみたことはありますか?

JACUSTOMER-16uozfts- :

ご回答ありがとうございます。

JACUSTOMER-16uozfts- :

虫歯については、ほとんどの歯が抜け落ちていて、先日原因と思われる歯もグラグラしていたので取ってもらったばっかりです。

JACUSTOMER-16uozfts- :

しかし、折れた左下の牙の歯根があり、それの周囲が少し腫れているので、場所的にもそれが原因ではないかな、と思っていますが、いかんせん、残っている部分が歯肉の中なので、全身麻酔でしか取れないみたいです。

Customer:

そうですね。

Customer:

全身麻酔はかなり危険かと思います

JACUSTOMER-16uozfts- :

体力的にも全身麻酔には耐えられないと思うので、仕方ないかなと思っています。

JACUSTOMER-16uozfts- :

寝たきりで手足が拘縮してしまっているので、抵抗はできないので部分麻酔ではできないかと尋ねた時がありましたが、ショックで心臓が止まってしまう事も考えられるので、できないといわれました。

JACUSTOMER-16uozfts- :

まだ感受性テストは行っていませんので、アドバイス頂いた通り一回培養をお願いしてみるのが、一番猫にとって楽で効果のある方法なのかなと思いました(^^)

JACUSTOMER-16uozfts- :

これから受診させに行くので、先生に頼んでみようと思います。

JACUSTOMER-16uozfts- :

良いアドバイスをありがとうございました。

japavetをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  japavet 返答済み 2 年 前.
プラス評価ありがとうございました。
なかなか難しい状況ではありますが、
やはり感受性試験の結果で抗生剤を決められるのが一番かと思います。
それからもうひとつ、最近ではオゾン水療法といわれるものもあります
これはオゾンを溶かした水が殺菌作用を持つので、それで洗浄する方法です。
ただし、オゾンはすぐになくなってしまうので、オゾン発生装置を持つ病院を探して一度問い合わせてみるのもいいかと思います。
お大事にどうぞ

猫 についての関連する質問