JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  動物病院勤務歴6年
60306695
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

7ヶ月のメス猫(ラガマフィン)を飼っています。避妊手術を勧められたのですが、検査したところ血液凝固異常と言われ手術が

解決済みの質問:

7ヶ月のメス猫(ラガマフィン)を飼っています。避妊手術を勧められたのですが、検査したところ血液凝固異常と言われ手術が出来ませんでした。(APTT45秒、57秒)血友病だそうです。
再度の検査、大学病院での詳細検査、供血猫を準備しての相性確認などを勧められました。ネットで調べると、出血の少ない手術(リガシュア)という手段も紹介されています。
実際のところどういった選択がお勧めされるものでしょうか?
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 2 年 前.
japavet : おはようございます
japavet : ご質問ありがとうございます
japavet : 確かにそれは結構な異常値ですね。
japavet : リガシュアは腹腔鏡手術かと思いますが、
japavet : メリットとして傷口が小さいことと、切る部位が少ないことで出血が少ないということがあります。
japavet : ただし、比較的、見える範囲や動ける範囲に制限がかかるので、万一出血が止まりにくい場合に開腹手術よりも対応がしにくい可能性があります
japavet : 私はまず、今後のためにも大学での精査をしてもらうことをおすすめします
Customer:

大学での検査ですが、説明を聞くと病気の種類を特定する

Customer:

ものと聞いたのですが、「特定する」ことの

Customer:

メリットが判りませんでした

Customer:

さしあたって避妊手術にあたり検査結果は

Customer:

どのように活かされるのでしょうか?

japavet : 避妊手術のためには出血が止まりにくい状態であるので、それがなぜ止まりにくいのかを突き止めて、原因療法をしてかいぜんできるのか、それとも輸血などにより対応して手術ができるのかを探るためです
japavet : 今後も何か問題が起きる可能性もありますし、何かの原因で手術をしなければならない可能性もあるので、いまのしゅじゅつのためだけでなく、こんごのためにも原因追求できたほうがいいかと思います。
Customer:

原因療法の可能性があるのですか?

japavet :

先天的なものの場合、難しいことは多いですが、それでも可能性はありますし、次に必要な時の対応というのもわかる可能性はありjます。

Customer:

再検査に関してはどうでしょうか?

Customer:

0.1秒の差でも大きいと聞きましたが

Customer:

2回の検査で12秒も差があり、ばらつきが大きく見えます

japavet :

そうですね。

japavet :

採血に時間がかかると検査結果がばらつくことがあります

japavet :

0.1秒というのは誤差のレベルですが

japavet :

再検査をしてもらうのも一つかと思います。

Customer:

体調の影響も教えてください

japavet :

ただし、おそらく正常範囲内に入る可能性は低いと思います。

japavet :

体調でそこまでAPTTがそこまで延長することはないでしょう

japavet :

何かお薬を飲んでいたりすれば別ですが。

Customer:

薬は飲んでいません(ここ3~4週ほど)

Customer:

実際のところ、治療と避妊手術は併行して進むと見てよいのでしょうか?

japavet :

状況次第かとおもいます。

japavet :

明らかな出血傾向(内出血があるとか、採血時に血が止まりずらいなど)がなければ、リスクは低いと考えて手術することもあります。

japavet :

ただし、万全を期すのであればやはりしっかり検査をして、どのような対処法があるかを考慮して、原因治療をするのか、輸血で凝固因子を補充して手術をするのかどちらかになります

Customer:

手術の場合は出血が少ない手法が出来る病院を選んだ方がいいのでしょうか?

japavet :

先ほども書きましたが、腹腔鏡手術は、出血自体は少ないですが、出血した場合の対応賀しずらいこともあります。

japavet :

私は特に出血傾向のある子で腹腔鏡手術がメリットがあるとは思いません。

japavet :

ただし、輸血に対応できる病院のほうがいいでしょう

Customer:

供血猫を探してほしいといわれたのですが、

Customer:

知り合いの猫は野良あがりで躊躇します

japavet :

病院によってはそういったネコちゃんを刈っている病院もあります。

japavet :

すいません、飼っているの間違いです。

japavet :

もちろん、血液が合うかどうかは別ですが、一度電話などで問い合わせてもらったほうがいいでしょう。

japavet :

大学で検査をすれば、輸血をせずに手術ができるかもしれませんので、やはり検査をするのも一つの方法です

Customer:

了解しました。大学の検査を受けて対応をかんがえます

japavet :

はい、その方がいいかと思います

Customer:

ありがとうございました

japavetをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

猫 についての関連する質問