JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
issafd3sに今すぐ質問する
issafd3s
issafd3s, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 2097
経験:  北海道大学獣医学部卒業
68561268
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
issafd3sがオンラインで質問受付中

夜分に申し訳ありません。 17歳の猫(雑種)なのですが 先程急に歩けなくなりました。 どうやら左足に力が入らな

解決済みの質問:

夜分に申し訳ありません。
17歳の猫(雑種)なのですが
先程急に歩けなくなりました。
どうやら左足に力が入らないようです。
昼間は元気でしたし、こんな事は初めてです。
食欲はあるし動きたがるのですが…
近くに動物病院もありませんし
どうしたらいいかわかりません。
どうぞよろしくお願い致します。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  issafd3s 返答済み 2 年 前.
issafd3s :

こんばんは。

issafd3s :

17歳の猫ちゃんの左後肢が突然力が入らなくなったということですね。

issafd3s :

いくつか可能性が考えられますが、少々お尋ねしたいことがあります。

Customer:

はい。前足も

力が入らない様子

です。

issafd3s :

眼球が左右に小刻みに揺れているという症状はありますでしょうか?

Customer:

今見てきます

Customer:

ないようです

issafd3s :

正面からみて、首が左右どちらかに傾いているということはないでしょうか?

Customer:

右の

後ろを向く格好です。猫側だと左後方

issafd3s :

四肢の状態をみたいのですが、4本の足のパットを触ってみて、どの足先か他のより冷たい、また血色が悪いパットはありますでしょうか?

Customer:

肉球ですか?

issafd3s :

そうです。

issafd3s :

肉球の色と温度です。

issafd3s :

全部同じように温かいか、色の悪い肉球はあるかどうかです。

Customer:

布団の中なので定かではありませんが全て暖かいです。色は半分以上黒なのでこちらも定かではありませんがピンクの部分は問題ないです。

issafd3s :

ありがとうございます。呼吸状態は落ち着いていますでしょうか?脇腹のペコペコする感じで呼吸をみることが出来ますが、いつもと変わりはないでしょうか?

Customer:

歩けなくなってす

すぐは少し苦しそうでしたが(鼻がピスピスいう感じ)鰹節を与えてからはいつもと変わりなく、今もベッドから出ようともがいています。

issafd3s :

ご返事ありがとうございます。

issafd3s :

いくつかある可能性の中で、今のところ一番可能性の高いのは、この時期高齢の猫ちゃんでときどき見かける、前庭障害という病気の可能性が高いと思います。

issafd3s :

これは脳内のバランスを調節する系統である前庭系と呼ばれる領域が障害されて、ふらふらする症状が出る病気です。

issafd3s :

脳内の出来事なので、厳密にはMRI検査などしてみませんと、原因が分からないのですが、恐らくは脳梗塞などが原因と思われます。

issafd3s :

気温の寒暖の差が激しくなる、また寒くて飲む水の量が減って脱水気味になる、などが原因と思います。

issafd3s :

症状の程度によって、重症度は変わってきますが、とりあえず今すぐ命に関わる危険性は低いです。

issafd3s :

ただし、明日以降は病院を受診されて、まずはしっかり調べてもらうことと、やはり前庭障害ということであれば、皮下点滴による水分補給や消炎剤による症状の緩和的治療をされることをお勧めします。

issafd3s :

後遺症として、首が曲がった状態になるなど、ということがあります。

issafd3s :

他には突然足に力が入らなくなる病気として、心臓病に起因する血栓症があります。

issafd3s :

これは心臓にできた血栓が細かくちぎれて足の動脈などに詰まることで、血流障害がおきて足が急に麻痺する病気です。

issafd3s :

ただ、この場合、激しい痛みが伴いますし、血流障害がおきるため、障害がでた肉球の色が悪くなったり冷たくなったりします。

issafd3s :

そのため、飼い主様の猫ちゃんの場合はこの症状がでていないので、この血栓症の可能性は今のところ低いと思います。

Customer:

横になっている状態では足は全てジタバタ動く状態です

issafd3s :

もし万が一血栓症であった場合には、予後は悪いです。

issafd3s :

そうですか。そしたら、やはり血栓症の可能性は低いと思います。

issafd3s :

今ご記入いただいた情報からしますと、やはり前庭障害の可能性が高いと思います。

issafd3s :

とりあえず、今はくらくらして、頭が重たく、けだるく感じているはずなので、まずは安静にしてあげて、どこかにぶつかってケガをしないようにしてあげてください。

issafd3s :

明日は病院に連れて行けそうでしょうか?

Customer:

そうですか。とりあえず今どうにかなってしまう事はなさそうなので安心しました。動きたがるのはお腹が空いたかトイレなのでしょうか?

Customer:

病院が近くにないので探してみます。

issafd3s :

猫ちゃんの気持ちを考えますと、バランス調節がおかしくなっているため、地面が揺れて感じていると思います。

issafd3s :

そのため、多少の不安感や自分の体が自由に動かすことが出来ないため、イライラするなどの、感じがあるのかもしれません。

Customer:

今は

お座りもできない状態なのでどうしたらいいか…ベッドに寝かせて暖かくしていますが暴れているので落ちないか心配です

issafd3s :

飼い主様として、今はとりあえず猫ちゃんの安静を確保してあげることと、明日朝受診できる病院を探しておくことです。

issafd3s :

ベッドから落ちないかご心配ということならば、今日は床に寝床を作ってあげて、ベッドには寝かせないようされることをお勧めいたします。

issafd3s :

またトイレまで自分で行けない可能性もありますし、お水が飲みたくなることも、あると思いますので、そばに置いておいてあげてください。

Customer:

わかりました。ありがとうございました。

issafd3s :

お大事にしてください。

issafd3sをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

猫 についての関連する質問