JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
issafd3sに今すぐ質問する
issafd3s
issafd3s, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 2097
経験:  北海道大学獣医学部卒業
68561268
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
issafd3sがオンラインで質問受付中

こんにちは、家の猫生後一年未満のこの首に黒い粒のようなものがあって触っていたら取れました。 2~3ミリ位ですこれはダ

解決済みの質問:

こんにちは、家の猫生後一年未満のこの首に黒い粒のようなものがあって触っていたら取れました。 2~3ミリ位ですこれはダニでしょうか?
取れた場所がシコリみたいに感じます。よろしくお願いします!
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  issafd3s 返答済み 2 年 前.
issafd3s :

こんにちは。

Customer:

こんにちは

issafd3s :

猫ちゃんの首に黒い粒がついていたということですね。

Customer:

はい

issafd3s :

もしそれがダニであれば、よく見ると足が着いているはずです。

issafd3s :

もし虫眼鏡があれば、拡大して、見ていただけば、よりはっきり分かります。

Customer:

あし足かがついている風には見えなかったです

issafd3s :

もう捨ててしまいましたでしょうか?

Customer:

むしめか虫眼鏡てではみてない見てないてです

Customer:

とつとってあります取ってあります

Customer:

取ってあります

issafd3s :

猫ちゃんの首の場所は赤くなってしこりがあるということでしょうか?

Customer:

すみませんスマホなのなので上手く出来てません

issafd3s :

また猫ちゃんは外に出る猫ちゃんでしょうか?それとも完全室内飼育でしょうか?

Customer:

赤くはなってませんが皮膚の中に茶柱位な感じでコリコリします!

Customer:

そとねこ外猫からしつない室内かがいになりました。 しつないてしつないで室内で6ヶ月です。

issafd3s :

ご返事ありがとうございます。

issafd3s :

なんとなくですが、6か月完全室内飼育で飼っていて、とれたところの皮膚は赤くなっていない(炎症があれば一般的に赤くなるので)ことから、

issafd3s :

ダニの可能性は低いのではないかと思います。

issafd3s :

しかし血を吸う前のダニはだいたいそのくらいの大きさですし、死んでしまえば、肉眼で足があるかどうかを区別することは難しいかもしれません。

issafd3s :

それにもしそれがダニでない場合は、その部分のしこりは、問題ないものなのかどうかが分かりかねます。

Customer:

赤くなっているかは毛があってよくわかりませんかも!

issafd3s :

そうですか。

issafd3s :

今その黒い粒を取ってあるということであれば、もし可能でしたらとりあえずその取れたものだけを病院に持って行っていただいて、先生に調べていただくことをお勧めいたします。

issafd3s :

病院であれば、拡大鏡があるため、すぐにダニかどうか判断できます。

Customer:

凄くちい小さなかん感じですがびょういんに行った方が良いですか

issafd3s :

もし万が一ダニであった場合にはフロントラインというノミダニ予防薬を1か月に1回の間隔で数か月つけていただくことをお勧めします。

issafd3s :

今回の場合はとりあえずその取れた黒いもののみを病院に持参されて調べていただくのでもよろしいかと思います。

issafd3s :

もしダニであった場合は、後で猫ちゃんを連れていかれてフロントラインをつけてもらえばよろしいかと思います。

Customer:

ダニでない黒い粒が出ることあるんですか

Customer:

しシコリみたいなのはまたなのはまだたなのはまだだいしなのはまだだいじょうぶなのでしょうか

Customer:

シコリみたいなのはまだ大丈夫なのでしょうか?

issafd3s :

猫でよく見かけるダニ以外の黒い粒となりますと、ノミの糞がしばしばありますが、その場合は糞なので皮膚にくっついていることはないです。

issafd3s :

シコリがただの皮膚や毛穴の炎症なのか、それとも腫瘍性(良性と悪性を含めて)のものなのかは、残念ですが触っただけでは分かりかねます。

issafd3s :

しこりの大きさにもよりますが、もしそれを検査するとしたら、そのしこりに細い針を刺して細胞を採取し、顕微鏡で見て調べる、細胞診という検査をすることが出来ます。

issafd3s :

ただあまりにも小さいと針が刺せませんので、様子をみることになると思います。

issafd3s :

私の経験では猫ちゃんの皮膚に黒い粒がくっ付いていることは、見たことがないです。

Customer:

しこりが外に飛び出すこともかのせいがあります?

issafd3s :

猫の場合、毛づくろいするため、ダニが着きにくいということもあると思います。

issafd3s :

しこりがもし毛穴の分泌物であった場合には飛び出す可能性もあるかと思います。

issafd3s :

猫や犬の場合毛包の炎症が人に比べて多いと言われています。

issafd3s :

ただ飼い主様の猫ちゃんの首のそのしこりが毛穴の炎症から来ているかどうかは、触っただけではわからないと思います。

Customer:

かりにもうほうのえんしよょうょうならあまりしんぱいありませんか

issafd3s :

しこりはどのくらいの大きさなのでしょうか?

Customer:

ほん本当茶柱位です

issafd3s :

もし仮に毛包の炎症であった場合には、治る場合や再発を繰り返す場合など様々ですが、大きな問題にはならないです。

issafd3s :

茶柱程度のシコリですと、今のところはそれを針で刺して調べることは難しいかもしれません。

Customer:

シコリ賀大きくならなければそんなに心配ないです?

issafd3s :

絶対とは言えませんが、一般的にはシコリが大きくならないようであれば、腫瘍、特に悪性腫瘍の可能性はかなり低いと思います。

issafd3s :

茶柱程度の大きさのままでそれ以上大きくならないということであれば、緊急性は相当低いと言えると思います。

Customer:

一般的に少しでも大きくなったら良くないでしょうか?

issafd3s :

黒い粒をスマホで撮影して拡大することで足があるかどうかをより詳しく調べることが出来ると思います。

issafd3s :

3ミリ位の大きさになれば、針で刺せる位の大きさなので、受診された方がよろしいかと思います。

Customer:

今の所経過観察でも大丈夫?

issafd3s :

正直実際に診察しておりませんので、大丈夫かどうかの判断は出来かねます。しかしとりあえず1週間経過を観察してみていただくくらいは問題ないのではないかと思います。

Customer:

長さは3ミリ位あるかも知れません

issafd3s :

3ミリ位あるのですね。

issafd3s :

とりあえず今の大きさをスマホで写真で撮っておいて、1週間後に大きさが変わっていないかどうかを調べて診られてはいかがでしょうか?

issafd3s :

しばらくの間は1週間ごとに大きさを比較してみて拡大するようであれば、倍の大きさになる前に受診されることをお勧めいたします。

Customer:

きずいてから一週間位立ちました大きくなってるようにはおもいません

issafd3s :

気が付いてからもう1週間経過しているのですね。

issafd3s :

その場合はとりあえずしばらくは1週間単位で大きさを確認されてみて、

Customer:

約ですけど

issafd3s :

大きさが大きくならないかどうか経過観察されることをお勧めいたします。

issafd3s :

大きくならないのはいいとしても、小さくなっていかないというのも、気になることだと思います。

Customer:

悪いのは早く大きくなるのですか?

issafd3s :

そういうことです。

issafd3s :

一般的には悪性の出来物は増殖をしますので、時間が経てば大きくなっていきます。

Customer:

小さくなってる感じはしません

issafd3s :

分かりました。

issafd3s :

まずは写真撮影しておいて、大きくなるならばすぐに受診されること、また大きくならない場合でも次回なにかの用事(ワクチン接種など)で受診されるときには、

issafd3s :

先生に必ず確認してもらうことをお勧めいたします。

Customer:

皮をつかんでこするとコリコリする感じす

Customer:

ありありがとうございました

issafd3s :

はい、お大事にしてください。

issafd3sをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

猫 についての関連する質問