JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
yasuyukiに今すぐ質問する
yasuyuki
yasuyuki, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 207
経験:  北里大院卒獣医学修士臨床経験20年以上
61682647
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
yasuyukiがオンラインで質問受付中

8年前保護した猫の口蓋裂がわからず結果ウィルスによる侵食が進み上顎の穴が変形しもろくなってしまいました。かなり前寄り

質問者の質問

8年前保護した猫の口蓋裂がわからず結果ウィルスによる侵食が進み上顎の穴が変形しもろくなってしまいました。かなり前寄りで縫合する肉がなく、そのため上顎を薄く剥がし真ん中、両側、前側を縫合する口蓋裂の手術を受けたのですが自分で患部を舐め糸を取り肉片を食べてしまったようです。再手術を受けましたが、縫合する肉がなく歯を全部抜歯し、頬の肉を開いて縫い合わせる大手術をしました。しかしまた自分で舐めてせっかくの患部を傷つけてしまいます。防ぐ方法は無いのでしょうか?
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 

猫 についての関連する質問