JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  動物病院勤務歴6年
60306695
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

猫の胆管炎です。投薬で改善せず、手術を進められましたが、難度や生還率はどのくらいでしょうか。

解決済みの質問:

猫が胆管炎と診断され、今日で入院6日目になります。投薬治療で数値が下がらず、手術を視野に、と言われました。全身状態がこれ以上悪くなる前に手術をした方がいいとは思いますが、手術を受けた場合の生還率はどのくらいでしょうか。執刀する先生は、犬の胆管の手術はした事があるけれど、猫は未経験だそうです。

投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 2 年 前.
こんばんわ。
ご質問ありがとうございます。
それは心配ですね。
確かにその数値はかなり悪いです。
超音波で胆嚢閉塞などがあるなど言われていますか?
質問者: 返答済み 2 年 前.

胆嚢も胆管も閉塞はしていないとの診断ですが、11月5日のエコーの結果なので、今はわかりません。

明日はエコーを撮る予定です。

前回のエコー結果では、胆嚢と胆管に泥のような物がたまっている、石はなさそうである、胆管はかなり腫れている、との事でした。

便は出ていませんが、検温時に体温計に着いた便の色は普通で、胆汁が全く流れていないわけではなさそうです。

専門家:  japavet 返答済み 2 年 前.
そうですか、返信ありがとうございます。
正直なところ、かかりつけの先生のおっしゃる通り、ネコちゃんの胆のう切除術というのはかなり少ないですので、どの程度の成功率というデータは出ていないのが現状です。
ただし、ワンちゃんでも3割程度なくなってしまうというデータもあるくらい、胆のうの手術は難易度の高いものになります。
ネコちゃんでは三臓器炎(胆管肝炎、膵炎、十二指腸炎)が非常に多く、血液検査の結果を見る限りでもその可能性は高いのではないかと思います。
膵炎の検査が4日前には陰性だったということですが、血液検査で陰性でも実は膵炎があったということは時々あるようです。
治療は基本的には、胆管肝炎や胆嚢炎の場合でも、抗生剤と点滴、それからステロイド剤というのがメインになってきます。
ネコちゃんで、胆道閉塞がないのであれば、胆のう摘出術の適応かどうかは疑問なところがあります。
文面だけのやり取りではありますが、個人的にはステロイドを数日間、強めに使ってみて様子を見る方が、よくなる可能性としては高いのではないかと思います。
質問者: 返答済み 2 年 前.

ステロイドを一度使っても反応がまるでなく、数値は上昇しました。

それでもステロイドを使ってみる方がいいでしょうか。

ALTの値は、最初に計った時(11月4日)から半減していますが、肝臓は復調傾向にあると思ってもいいのでしょうか?

明日、手術をするのなら執刀する予定の先生と話すことになっていますが、今日の説明では、「必ず胆嚢を摘出しなければいけないわけではなく、開腹してみて胆管のみが悪ければそこを切除します」、との事でした。

ただし、開腹してみないと、どこがどの程度悪いのかがわからない、ともおっしゃっていました。

専門家:  japavet 返答済み 2 年 前.
一度だけだと、用量にもよりますし、効いたかどうかは何とも言えません。
抗生剤をしっかり使っていれば、3日ほどは使っても大丈夫かと思います。
もちろん悪化の可能性もありますので、そのあたりはしっかりと相談のうえ、つかってもらうことになりますが、それだけビリルビンが上がってしまっているのであれば、今の治療法を続けていてもよくなる可能性は低いです。
ALTは逸脱酵素と言って、ダメージを受けている肝細胞の量とダメージの強さの指標です。
ただし、すでにかなりの数の肝細胞がやられてしまっている場合は、悪化していても出てくるものがないので、下がることはあります。
一般状態とビリルビンの値の改善がみられないことを考えると、ALTの減少というのはいい意味ではない可能性が高いと思います。
質問者: 返答済み 2 年 前.

肝臓が復調しているわけではなく、肝硬変になりつつあるかも知れない、という事でしょうか。

こういう検査結果の場合、予後はやはり悪いですか?

快癒する可能性はありますか?

ステロイドを3日ほど使用して、それでも数値が下がらなかった場合は手術できるでしょうか?

開腹して、「膵臓も良くない、肝臓もよくない、手術しても予後が悪すぎる」となった場合は、そのまま閉じる事って可能でしょうか?

一気にたくさんの質問をすみません。

頭がグルグルして、考えがまとまりません。

専門家:  japavet 返答済み 2 年 前.
返信遅れて申し訳ありません。
そういうことです。
正直なところ予後が悪いことは多いですが、まだ回復する可能性はあります。
ステロイドを3日ほど使っても数値が下がらなければ手術しか方法がないかもしれません。
ただし、肝臓のリンパ腫や肥満細胞腫という者もありますので、無麻酔で、お腹の外から肝臓に針を刺して、細胞を見る細胞診をするのも方法の一つです。
手術に関しては、それをやったから治るというものではないこともあります。
手の施しようがなく、そのまま閉じることももちろんあります。
実際にお腹を開けてみてみないと分からないことというのはありますので。
とりあえず、まずは明日の検査結果をみてしっかり相談してもらうことが一番でしょう。
japavetをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 2 年 前.

お返事をありがとうございます。

明日の検査結果を見て、主治医、執刀医としっかり相談をします。

まだ助かる可能性があるのですから、できるだけのことはしたいと思います。

ありがとうございました。

専門家:  japavet 返答済み 2 年 前.
はい、少しでも良い方向に行ってくれることをお祈りしています。
お大事にどうぞ。

猫 についての関連する質問