JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
wantaroに今すぐ質問する
wantaro
wantaro, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 5270
経験:  小動物臨床10年
61996574
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
wantaroがオンラインで質問受付中

19歳の雄猫です。慢性の腎不全で最近貧血の症状も出てきていますが 数値的にはひどく悪いわけではないそうです。 今

解決済みの質問:

19歳の雄猫です。慢性の腎不全で最近貧血の症状も出てきていますが
数値的にはひどく悪いわけではないそうです。
今回は咳の件でお尋ねします。半年ほど前から、咳がひどくレントゲンを撮ってもらったところ
気管がすこしS字になっていて、消炎剤と抗生剤で
ある程度まっすぐになり、咳も落ち着いたのですがここ1か月の間にまたひどくなりました。
気管は前回より曲がってなく、肺に炎症がみられるようですとのことで
やはり消炎剤・抗生剤を飲ませるようにとのことなのですが
今では少し動くと咳が出て、咳の後に酸素が足りないのか、口をあけてアライ呼吸をしています。
高血圧かもというので、血圧を下げる薬をいただき飲ませたのですが、おさまらず逆に動くとその場にへたり込むようになり、この3日間は飲ませていません。耳が真菌になり、塗り薬を商法してもらって縫っています。食欲はありますが、以前ほどではありません。
水もよく飲みます。結構量が多めに飲みます。
酸素室を作って酸素をいれていますが、いったん咳き込むと酸素缶が必要な感じです。
なにがわるいのか・・・。咳さえ止まってくれればと思っていますが、全然別の病気でしょうか。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  wantaro 返答済み 2 年 前.
初めまして、質問有難うございます。
診察をしていませんので的確なアドバイスが出来ない場合もある事をご了承ください。
追加の質問や情報があれば随時書き込みをしてください。
心臓が悪くて、心臓肥大や心臓拡大によってそのうえに走っている気管を圧迫して
咳をしているのでなければ考えられるのは
①細菌性やウィルス性の気管支炎
抗生剤や抗ウィルス剤を使用すると改善するでしょう
②喘息
免疫力低下や以前よりあったアレルギーなどのよって生じている可能性があります
治療としてはステロイドや気管支拡張剤の経口投与、吸入剤、ネブライザーという
霧を吸う治療が方法として考えられます。
一度担当医と相談してみてください
wantaroをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 2 年 前.

回答ありがとうございました。

心臓ですが、通常、心臓は若干横向きになっているそうですが

うちの猫はまっすぐだそうで、それも関係あるかも・・とは言われました。

真菌が肺に感染することはありませんか?

抗生剤も結構長い期間飲んでいるのですが・・・。

喘息というものはやはり高齢になるとなりやすいのでしょうか。

専門家:  wantaro 返答済み 2 年 前.
カビが感染する場合もありますが、カビだと大抵は肺にレントゲン検査で異常が
出ると思います
猫の心臓は高齢になると横たわります。
喘息は年齢に関係なく、免疫力が低下すると生じやすいと考えて下さい
質問者: 返答済み 2 年 前.

すぐのご回答ありがとうございました。

次回病院で喘息の件を聞いてみます。

どうもありがとうございました。

猫 についての関連する質問