JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  動物病院勤務歴6年
60306695
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

こんばんは うちの6歳になる雄猫が白血病の疑いがあると診断されました。 一件目の病院では白血病、リンパ腫の可能性

解決済みの質問:

こんばんは
うちの6歳になる雄猫が白血病の疑いがあると診断されました。
一件目の病院では白血病、リンパ腫の可能性といわれ抗がん剤治療を提示されました。
すぐには決断せず二件目の病院では、エヴァンス症候群の可能性があると診断されました。また、今日の診察ではベランダのコンクリートを頻繁に舐めると話したら鉛中毒の可能性があると診断されました。
今日はエヴァンスと鉛中毒の治療を同時に行いましたが、私が仕事の間に母が病院に再度呼ばれ、血液検査の結果を見た他の医師が、白血病の可能性が高いと診断し告知したそうです。
確かに最初に診断され絶望しながらも覚悟はしましたが、違う可能性を提示され安堵したと思ったら再び絶望へ。一体何を信じたら良いのか…。
弱っていくうちの子を只見守るしかできないのが辛いです。一番はうちの子が辛いのですが。
ワクチンを打っていてウイルス性は陰性なのに、白血病だなんて。
食欲が戻らず、寝ていることも多く、足取りはフラフラ。おまけに呼吸数も増えてきたような。
どうしたら良いでしょうか?
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 2 年 前.
japavet :

こんばんわ。

japavet :

ご質問ありがとうございます。

japavet :

まず、何の検査のどういう数値から白血病という診断をされたのでしょうか?

専門家:  japavet 返答済み 2 年 前.
チャットでのやり取りは終了しましたが、疑問点がある場合や補足の説明が必要であれば、引き続きお答えします。このページにお戻りいただければ、チャットでやりとりした内容の確認および疑問点をお問い合わせいただけます。

次のステップ

回答の評価はお済みですか?まだであれば今すぐ回答を評価してください。もし評価の前にまだ疑問点があれば、下記のテキストボックスから返信してください。
専門家:  japavet 返答済み 2 年 前.
返信お待ちしています
質問者: 返答済み 2 年 前.

こんばんは

どんな検査といわれても、こちらは血液検査とエコーとウイルスの検査をしたとしか話を聞いていないため、詳しい検査の名称は分かりません。

HCTが19.1%

HGBが5.9g/dL

WBC 29.9x10/L

なとの書いてある血液検査結果をもらいました。全ては記載しきれません。

情報が少ないですが専門知識を話されても素人は理解しきれないため覚えきれません

専門家:  japavet 返答済み 2 年 前.
返信ありがとうございます。
確かに難しいかとは思いますが、やはり飼い主さんがある程度しっかりネコちゃんが今どういう状況なのかを把握したうえでどのような治療をしてもらうのかを決めていく必要があります。
獣医療でもインフォームドコンセントといい、説明して飼い主さんが理解したうえで治療をしていくということは当たり前になっています。
前置きが長くなりますが、しっかり検査結果を飼い主さんができる限りでもいいので理解したうえで、治療をしてもらう方がいいでしょう。
そのうえでお話をさせていただきます。
まずそれだけの情報で病状をすべて把握するのは不可能ですので、今ある情報で一般的なお話をいたします。
まず、貧血があるようですが、貧血は大きく分けて再生性貧血(貧血に反応して血を作っているが、不足している)と非再生性貧血(貧血があるのに血を作っていない)に大きく分けられます。
これは血液検査の機械ではわからず、実際に血液を顕微鏡で診てもらう必要があります。
再生性の場合はエバンス症候群や免疫介在性貧血、ヘモバルトネラ症など、非再生性では鉛中毒や白血病、骨髄異形成症候群、リンパ腫の骨髄転移などが考えられます。
専門用語が多くてわからないといわれてしまうかもしれませんが、言いたいことは、通常エバンス症候群と鉛中毒や白血病では貧血の種類が変わってきますので、特殊な例を除き、これらが同時に診断として挙がってくることはありません。
ですので、2件目の診断というのは少し疑問があります。
一件目の診断で白血病やリンパ腫の可能性があるといわれたということはおそらく非再生性貧血かと思われますが、その場合、確定診断を付けるためには骨髄検査が必要になることが多いです。
もし、しっかり検査をするのであれば骨髄検査をしますが、血液の顕微鏡の検査で白血病やリンパ腫の可能性が高い細胞が出ている場合は、抗がん剤をそのまま始めることもあります。
どうしたらよいかわからないということですが、それは飼い主さんが信頼できる所でしっかりと検査をしてもらい、説明を受けたうえで治療を選択するしかありません。
白血病やリンパ腫であれば抗がん剤が必要になりますし、あまりに状態が悪い場合は輸血をしてからする必要があります。
今の情報だけでどの病気だということは不可能ですが、ウィルスもなくてワクチンも打っていても白血病になってしまう子はなってしまいます(それは人でも同じなのでお分かりになるかと思います)。
自分が同じような状況になったらどうするかを考えた上で、再度ほかの病院での検査を受けるか、一件目の先生のところでもう一度説明を受けるかしてください。
そのまま置いておいても状態は悪化する一方かと思いますので、明日にでもどちらかの方法をとってください。
質問者: 返答済み 2 年 前.

お返事ありがとうございます。

骨髄検査でないと確かに白血病かどうかわからないと言われました。しかし負担のかかる検査なので、例えわかったところでリスクが高いと説明されています。

血液検査も顕微鏡にて見たそうですが、赤ちゃん赤血球がやけに多いなどと言っておりました。

白血病も種類があってMDS(低リスク)とMDS(高リスク)で低リスクは今治療しているエヴァンスと同じ治療(抗生物質、ステロイド、胃薬)みたいで、それで血液数値が改善したらエヴァンスまたは低リスクの方で、改善されなかったら高リスクの可能性が高いといわれています。そうしたら抗がん剤の治療しかないと。そういう診断はありなのでしょうか?

また、毎日の通院は出来ないため、餌に混ぜる粉薬を処方されていますが、まったく食べてくれません。無理矢理はやめた方が良いと獣医さんは言いましたが、無理矢理でもしないと栄養どころか薬さえ服用できません。

両親は二件目の病院で治療を続ける意向のようです。

無理矢理でも与えるしか無いのでしょうか?一応、次の診察にて先生にも聞いてみますが。

あと、コンクリートを舐めるのはなぜなのですかわかるでしょうか?ベランダに出たがります。鉛中毒でないとしたら他に舐めたがる理由、過去のケースとかご存じてしたら教えて下さい。

専門家:  japavet 返答済み 2 年 前.
赤ちゃん赤血球が多いということは再生性貧血です。
通常は免疫介在性貧血など、赤血球が壊されるもしくはどこかでの出血を疑います。
質問者さんも書いている通り骨髄検査は麻酔が必要です。
それを望まない場合はお薬への反応を見て診断することはあります。
それから全く食べないと体力が落ちてしまいます。
無理に食べさせるか、入院をさせる方がいいかと思います。
基本的に何か変なものを食べたり舐めたりするのは何かの栄養分が不足していると体が感じている時です。
貧血しているので、体が鉄分をとりたくてコンクリートを舐めているとか他に電解質などのバランスが崩れている可能性もあるかと思います。
専門家:  japavet 返答済み 2 年 前.
他に聞きたいことはありますか?
質問者: 返答済み 2 年 前.

昨日辺りから自発的に固形の餌を自発的に食べるようになりました(少量ですが)。薬は餌に混ぜ、注射器で経口接種させています。

他にこういうケースで気を付けたら良いことなどアドバイスはないでしょうか

専門家:  japavet 返答済み 2 年 前.
それは良かったですね。
基本的には少量頻回でできるだけ食べさせてもらうことですね。
あとは、体を触っていつもより熱くないかどうか、また、舌の色が白っぽくなってないかどうかはしっかり見てもらったほうがいいですね。
japavetをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

猫 についての関連する質問