JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
issafd3sに今すぐ質問する
issafd3s
issafd3s, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 2097
経験:  北海道大学獣医学部卒業
68561268
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
issafd3sがオンラインで質問受付中

18歳のオス猫です。 血糖値が600以上あるのですが、インスリンを1日2回、1回に1.5単位打っていますが打つと1

質問者の質問

18歳のオス猫です。
血糖値が600以上あるのですが、インスリンを1日2回、1回に1.5単位打っていますが打つと100以下になってしまいます。
インスリンの種類はノボリンNです。
ネットで調べたところ、急激に効きすぎてしまい、猫には合わないと書いてありました。
緩やかに効くものもあるということで、高齢ですし猫の負担も考えると他のインスリンに
変えたほうがいいのではないかと思い、かかりつけの獣医に聞いてみたのですが
「血糖値が下がるというのは効いているということなので、変える必要ない」
と取り合ってもらえません。
少し腎臓が弱ってること以外はどこも悪くないので、血糖値の管理だけではないかと思いますが、素人考えでしょうか?
血糖値が高くても低くても辛そうで、餌もほとんど食べられなくなってきています。
糖尿病を患って10年以上になり、最初はかなりの量を打っていましたが、ここまで減らすことができました。
なんとか元気になって欲しいので、良い血糖値管理の方法を教えてください。
よろしくお願いします。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  issafd3s 返答済み 2 年 前.
Customer:

こんにちは。

Customer:

18歳の猫ちゃんが糖尿病ということですね。

Customer:

少々お尋ねしたいのですが、いつ血糖値が高いのがわかったのでしょうか?

Customer:

またインスリンによる治療はいつからされていますでしょうか?

Customer:

今食事はなにを与えていますでしょうか?

JACUSTOMER-5c5teg9b- :

インスリン治療は9年前からです。

JACUSTOMER-5c5teg9b- :

ここしばらくは安定していたので、3ヶ月に一回の割合で受診し、血糖値を測ってもらっていました。

JACUSTOMER-5c5teg9b- :

1ヶ月くらい前に低血糖になり、その時に計器を購入し自宅でも測るようになりました。

JACUSTOMER-5c5teg9b- :

それまでは3単位打っていて、1ヶ月くらい前に低血糖になったので、かかりつけの獣医に駆け込んで

JACUSTOMER-5c5teg9b- :

回復したのですが、それから自宅で測るようにしたのですが、打つ直前に測ると600以上で、

JACUSTOMER-5c5teg9b- :

その後8時間経ったときにもう一度測ったら117でした。

Customer:

ご返事ありがとうございます。

Customer:

血糖値はご自宅で人用?で測定されているといういことですね?

Customer:

人用の血糖値測定器は高血糖の領域では誤差が非常に大きいので、あまり参考にならないです。

JACUSTOMER-5c5teg9b- :

はい、そうです。

Customer:

一般的に、糖尿病というものは、猫の場合、食事療法とインスリン療法が基本になっています。

Customer:

そのため今たベている食事はなにかとお聞きしたわけです。

JACUSTOMER-5c5teg9b- :

普通の猫缶です。

Customer:

またそのインスリンについて、猫の場合、ノボリンNよりは、ランタスやレベミルが良く使われていると思います。

Customer:

これらのインスリンはゆっくり長く効いてくれるので、猫場合1日2回で打つことが多いです。

Customer:

また低血糖にはノボリンNよりはなりづらいとされています。

Customer:

また食事についても糖コントロールやm/dなどの血糖値が急激に上昇するのを抑える食事が勧められます。

JACUSTOMER-5c5teg9b- :

当初からそれ用のものを勧められてましたが、食べてくれませんでした。

Customer:

しかし、もう9年も治療をされているわけなので、食事をいまから変更することは、先生と相談しながら、慎重に進める必要があると思います。

Customer:

食事療法が出来ない場合はある程度食後の血糖値は急激にあがるのは仕方ないことです。

Customer:

高齢になって体脂肪が減少し、体重も低下しているため、血糖値のコントロールが以前よりも難しくなっていることは考えられます。

Customer:

今の治療内容から変更するとしたら、インスリンの種類をランタスかレベミルに変えてみることになると思います。

Customer:

しかし、これらのインスリンに変えたからといって必ずしも、良好にコントロールできるようになるとは限りませんので、しばらくはモニタリングを

Customer:

しながら最適なインスリンの投与量を探す必要があります。

Customer:

そのためには主治医の先生のお力も必要だと思います。

Customer:

ノボリンNを猫に使う先生ということは多少お年を召した先生でしょうか?

Customer:

血糖値のコントロールは食べる食事の量との関係もありますので、最適な量の調節を決めるには主治医の先生の助けも必要です。

Customer:

もう一度、ランタスやレベミルのことをご相談されてみてはいかがでしょうか?

JACUSTOMER-5c5teg9b- :

一度主治医を変えたのですが、最初の先生もいまの先生も中年といった感じです。

Customer:

また人用の血糖測定器の数値を鵜呑みにしないで、一度先生と相談して食事前の血糖値を病院で測定することをお勧めいたします。

JACUSTOMER-5c5teg9b- :

同じ病気の兄弟猫がいたのですが、具合が悪くなって相談しても、連れてこられても治療出来ないからと断られ、

JACUSTOMER-5c5teg9b- :

苦しんで死んでしまったので、それ以来いまの先生に診てもらっています。

Customer:

つまり飼い主様の本当の悩みはインスリンの種類ではなくて、主治医が頼りないとか信頼ができないとかそういうことですね。

JACUSTOMER-5c5teg9b- :

上手く言えないのですが、血糖値が安定していた頃や、インスリンを減らして良くなったりした頃は

JACUSTOMER-5c5teg9b- :

ちゃんと聞いてくれていたと感じていたのですが、いざ体調が悪くなると手のひらを返したような

JACUSTOMER-5c5teg9b- :

態度になったり、全てこちらが悪いみたいな言われ方をたくさんされてきていて、

JACUSTOMER-5c5teg9b- :

何を信用して良いのかわからないんです。

JACUSTOMER-5c5teg9b- :

同じ先生に見てもらうことは良い事なのかと思っていましたが、そうでもないみたいなので。

JACUSTOMER-5c5teg9b- :

近所に猫の糖尿病に詳しい先生がいらっしゃればいいのですが。

Customer:

正直飼い主様の近所のどの先生が糖尿病に詳しいかは分かりかねます。

Customer:

ある程度ご自分で猫の糖尿病について勉強されたうえで、病院を探すしかないと思います。

Customer:

次に行った病院の先生が猫の糖尿病により詳しいとは限らないからです。

Customer:

相談という形で数件位病院を探してみるのも方法の1つだと思います。

JACUSTOMER-5c5teg9b- :

そうですね。もう少し調べてみます。

JACUSTOMER-5c5teg9b- :

いまの状態で食欲が回復するようにするにはどうしたらいいでしょうか?

Customer:

ランタスやレベミルといったインスリンを使っている病院を探すとよいと思います。

Customer:

食欲の低下の原因はさまざまありますので、これについては実際に診察してみませんと、分かりかねます。

Customer:

体重の変化や血液検査、尿検査、必要ならばレントゲンや腹部エコーなどなぜ食欲が低下しているのか、その原因がどこにあるのかを丁寧に診る必要があると思います。

Customer:

単に血糖値がコントロールできていないので、食欲が低下していると考えているとほんとの原因を見落とす可能性もあると思います。

Customer:

猫ちゃんの好物を与えてみて、それでも食べないという場合は、単に血糖値が高いだけが原因ではないかもしれません。

Customer:

場合によっては皮下点滴をして水和することで、血糖値の上昇がおさまることもありますし、このようなこまごました治療は、やはり主治医の先生と相談しながら、していただく必要があると思います。

Customer:

血糖値が高い場合も低い場合も食べなくなってきているということは血糖値以外に問題がある可能性が高いのではないかと思います。

JACUSTOMER-5c5teg9b- :

ありがとうございました。またよろしくお願いします。

Customer:

お大事にしてください

専門家:  issafd3s 返答済み 2 年 前.
チャットでのやり取りは終了しましたが、疑問点がある場合や補足の説明が必要であれば、引き続きお答えします。このページにお戻りいただければ、チャットでやりとりした内容の確認および疑問点をお問い合わせいただけます。

次のステップ

回答の評価はお済みですか?まだであれば今すぐ回答を評価してください。もし評価の前にまだ疑問点があれば、下記のテキストボックスから返信してください。

猫 についての関連する質問