JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

issafd3sに今すぐ質問する

issafd3s
issafd3s, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 2097
経験:  北海道大学獣医学部卒業
68561268
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
issafd3sがオンラインで質問受付中

17歳オス猫去勢エイズキャリー 食事しなくなって10日 診断極度の貧血輸血必要 エイズ原因かもとのこと 5.5キロが

解決済みの質問:

17歳オス猫去勢エイズキャリー 食事しなくなって10日 診断極度の貧血輸血必要 エイズ原因かもとのこと 5.5キロが3.5キロに 腎臓異常なし 輸液と口内炎炎症止め注射服薬剤も ミキサー食と水ポカリ シリンジですこし  輸血すればどの位時間のびますか 最期苦しみますか セカンドオピニオンかかるべきですか
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  issafd3s 返答済み 2 年 前.
issafd3s :

こんにちは。

issafd3s :

17歳のエイズ陽性の猫ちゃんで、貧血があるということですね?

issafd3s :

また食事を食べなくなったということですね?

issafd3s :

この猫ちゃんは外に出るのでしょうか?

issafd3s :

口内炎の炎症止めの注射とはステロイドの注射でしょうか?

Customer:

はい 出入り自由です

issafd3s :

貧血の原因は何でしょうか?

issafd3s :

再生性貧血とか非再生性貧血とか主治医の先生は何と言われていますでしょうか?

Customer:

わかりません 腎臓悪くないので効果?副作用?ないとか

issafd3s :

どの位の貧血の数値なのでしょうか?

Customer:

輸血すぐと

Customer:

rbc

issafd3s :

貧血の数値は分からいのですね?

issafd3s :

そもそも赤血球は骨髄で作られます。

issafd3s :

貧血にもいろいろな原因があるため、原因を調べる必要があります。

issafd3s :

輸血の意味についてですが、輸血すれば確かに一時的に貧血から回復しますが、猫ちゃん自身の貧血の原因を治療できませんとまたすぐに貧血になります。

Customer:

rbc1.93 hct12% hgb 3.5g/dl

issafd3s :

Hct(ヘマトクリット)が12%ということですね。

Customer:

mcv 62.2fl mch18.1pg

issafd3s :

1回輸血してその効果がどのくらい持続するかは、輸血の量にもよりますが、概ね1週間前後と考えていただくのがよろしいかと思います。

issafd3s :

その輸血の効果がある間に有効な治療なり、検査なりして原因を突き止めるなどして、治療できれば、回復する可能性はあります。

issafd3s :

一般的には外に出る猫の場合はヘモプラズマという赤血球に寄生する細菌の感染の有無を調べて、

issafd3s :

感染がないのであれば、免疫介在性の貧血かどうかを調べる(猫の場合は免疫介在性溶血性貧血の可能性は低いと思いますが)、

Customer:

エイズ原因でも? またぶり返すなら自然にしなせたい ただ苦しみは取ってやりたいです

issafd3s :

その可能性も少ない場合は、骨髄生検(麻酔下にて骨髄液を採取して赤血球が正常に作られているかどうかを調べる検査)をされることになります。

issafd3s :

エイズウイルスによる骨髄抑制によって貧血をしているかどうかは、他の血液検査のデータも見てみませんと、何とも言えません。

issafd3s :

輸血しても一過性のものであれば、輸血はしたくないということであっても、よろしいかと思います。

issafd3s :

ただ、先ほども記入しましたが、貧血の原因はエイズとは限らないのです。

issafd3s :

ヘモプラズマ感染の

issafd3s :

可能性もあるし、

issafd3s :

もしヘモプラズマ感染であれば、抗生剤治療によって、貧血が回復することもあるわけです。

Customer:

貧血状態つずくとさいごはどうなるのでしょう?

issafd3s :

麻酔をかけて骨髄液の検査をするなどはご希望ではないという場合は、

issafd3s :

まずは感染症の有無をしっかり除外して、感染症の可能性がないのであれば、ステロイドによる免疫抑制の治療をされてみるのも方法の1つではないかと思います。

issafd3s :

貧血の状態がさらに進むと、要は赤血球が少なくなるわけなので、倦怠感がでてきて、だんだん元気、食欲も低下して、最後は衰弱して、お亡くなりに菜律夫思います。

issafd3s :

今12%の数値だとして、これが今後10%を切ってさらに下がっていけば、8%くらいになったところで、かなりしんどい状態になるので、体力的には

issafd3s :

限界に近づくと思います。

Customer:

一昨年兄弟ねこ看取ったとき、大は自然にと考えていたので。

issafd3s :

しかし輸血しても効果は1週間位ですし、何回も輸血すると費用的にも猫ちゃんの負担も大きくなりすぎて大変なことになると思います。

Customer:

8パーセントのとき輸液すると 楽になりますか?

issafd3s :

もともと外で自由に過ごしてきた猫ちゃんですし、17歳まで生きてこれたのであれば、かなり長生きの方だと思います。

issafd3s :

どのような治療を選択されても決して間違いではないと思います。

Customer:

輸血ってアバウトいくらくらい?ですか?

issafd3s :

輸血すると一時的には楽になると思います。

issafd3s :

費用のことでしょうか?

issafd3s :

輸血の費用はお住まいの地域や各病院によって異なるため、一概にいくらと言えませんが、概ね2-3万位だと思います。

issafd3s :

何回も言いますが、輸血は一時的に状態を緩和するための治療であって、根本的な治療にはなっていませんので、その点をよくご理解されるように

issafd3s :

お願い致します。

issafd3s :

もし貧血の原因をもう少し詳しく調べてもらいたいけど、今の病院ではそれが出来そうにないという場合は、他の大き目の病院を受診されるのもう

issafd3s :

受診されることもよろしいかと思います。

Customer:

輸血のことは、本で理解して質問しました。最期点滴投与の場合 最期苦しみ取れるでしょうか?

issafd3s :

点滴したら苦しみがとれるか、ということですね?

issafd3s :

恐らく点滴治療だけでは貧血は改善しませんので、貧血による倦怠感や息苦しさを取り除くことは極めて難しいと思います。

issafd3s :

輸血の効果はどのくらいの血液を輸血するかにもよりますが、1週間から10日前後と考えていただくのがよろしいかと思います。

issafd3s :

最後は苦しむというよりは静かに息を引き取ると思います。

Customer:

穏やかに死なせたい。食事しないとどの位生きているでしょうか?

issafd3s :

もし貧血の原因を調べたい場合は他の大き目の病院を受診されることをお勧めいたします。

issafd3s :

食事しないで生きられるのは、1週間から10日前後ではないかと思います。

Customer:

最後は苦しむとゆうより・・・にほっとしました。

issafd3s :

体重もかなり減ってきているようなので、恐らく2kgの半ば位になったら相当危険だと思います。

issafd3s :

猫ちゃんの苦しむのを見るのはつらいということですね。

issafd3s :

恐らくですが、徐々に体力が低下していって、だんだん動かなくなって、お亡くなりになると思います。

Customer:

ありがとうございました。

もう少し頑張ってもらおうと思います。

issafd3s :

分かりました。

issafd3s :

外にでる猫の場合、感染症による貧血の場合もときどき診るので、血液トマツ検査をしたりして、ヘモプラズマ感染がある場合は抗生剤や点滴による

issafd3s :

治療でよくなります。

issafd3s :

治療の効果がでるまでに、時間がかかりそうな場合は、輸血することで、時間稼ぎにもなりますし、そういった輸血は意味があると思います。

issafd3s :

骨髄で赤血球が何等かの原因で作られなくなっているという場合は、お手上げのことが多いです。

issafd3s :

しかし骨髄生検をして調べてみないとそれは分からないことです。

issafd3s :

今の状態では骨髄生検は難しいため、輸血して貧血を改善してから、麻酔をかけて、骨髄生検をして調べるという方法が、一般的だと思います。

issafd3s :

費用についてはかかりつけの病院に確認していただきたいですが、輸血ができるようであれば、1回位は輸血してあげるのも、よろしいかと思います。

Customer:

本では ねこの苦痛について情報がないので誰かに聞いてみたく質問しました。専門の方にすれば答えようのない質問だったと思います。有難うございます。チャット初めてだったので、つたなくすみません。麻酔はやめようと思います。

issafd3s :

分かりました。

issafd3s :

また何かございましたらご連絡いただければと思います。

issafd3s :

お大事にしてください。

issafd3s, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 2097
経験: 北海道大学獣医学部卒業
issafd3sをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

ユーザーの声:

 
 
 
  • 命が危ないから、すぐ病院に生きなさい、とご指導頂き、直ちに夜間診療に走り、尿道結石、並びに膀胱炎で、重篤な病状が見つかり、一命を取り止めました。本当に嬉しかったです。本日退院予定です。有難うございました。先生が、すぐ病院へ、とご指導して下さらなかったら、一日延ばしていたと思います。背中を押して下さった先生に大感謝です。 岐阜県大垣市 清水
< 前へ | 次へ >
  • 命が危ないから、すぐ病院に生きなさい、とご指導頂き、直ちに夜間診療に走り、尿道結石、並びに膀胱炎で、重篤な病状が見つかり、一命を取り止めました。本当に嬉しかったです。本日退院予定です。有難うございました。先生が、すぐ病院へ、とご指導して下さらなかったら、一日延ばしていたと思います。背中を押して下さった先生に大感謝です。 岐阜県大垣市 清水
  • 貴重なセカンドオピニオンをいただいた。 かかりつけ医師の診断結果を鵜呑みにしていたらペットは衰弱して死んでいた。このサイトでアドバイスを受けて、遠くでも良い医師の診断を受ける選択肢があることを知った。 今回のケースではギリギリ手遅れにならずに手術を受けることになった。地元に医師を軽んずる訳ではないが、別の専門医の意見を聞くことは重要と痛感した。 このサイトに出会えて良かった。かかりつけ医師の診断方法、投与薬、診断結果から技術不足を見抜いた。結局レントゲンをすれば原因はすぐわかることだったが、思い込みから実施しなかったと思われる。 いずれにせよ、このサイトの先生のアドバイスは納得のいく説明であった。 大阪府 別所
  • 緊急性があるな!!って思ったら仕事休んでも、夜の救急病院にでも行くと思いますが、あれ…!!何か様子がちょっと変か も…の状態が続き、仕事も忙しく、とにかく病院に 連れて行くのが大変!!!どうしようか迷いながら心配で仕事していても落ち着かない、もう一匹が病院に かかり2日間で五万、六万とお金がかかったばか り。そんな時ネットで調べていて、こ ちらにお世話になりました。救急では無く今の状態が飼い主の私自身が納得したかった。明け方でも夜中でも親切に対応して頂きそしていろんな症状も想定され納得しました。安心して仕事に出掛けれました。ありがとうございました。何かの時はまた利用させて頂きます。 東京都 藤田
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • yasuyuki

    yasuyuki

    獣医師

    満足した利用者:

    207
    北里大院卒獣医学修士臨床経験20年以上
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/YA/yasuyuki/2011-8-27_24733_SN3A0090.64x64.JPG yasuyuki さんのアバター

    yasuyuki

    獣医師

    満足した利用者:

    207
    北里大院卒獣医学修士臨床経験20年以上
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SH/shiratamaah/2011-8-29_12220_DSC0870.64x64.jpg shiratama_ah さんのアバター

    shiratama_ah

    獣医師

    満足した利用者:

    18
    勤務医として副院長を務めた後、都内で往診専門の動物病院を開院いたしました。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SP/spacevet1/2011-11-6_141713_2011kt.64x64.png 高橋 賢 さんのアバター

    高橋 賢

    獣医師、医学博士

    満足した利用者:

    11
    医学研究歴11年
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/LO/loverai0210/2011-9-6_22472_shirtF1.64x64.JPG loverai0210 さんのアバター

    loverai0210

    獣医師

    満足した利用者:

    676
    動物病院に勤務しています。主に犬猫の質問を受け付けております。
  • /img/opt/shirt.png japavet さんのアバター

    japavet

    獣医師

    満足した利用者:

    1497
    動物病院勤務歴6年
  • /img/opt/shirt.png issafd3s さんのアバター

    issafd3s

    獣医師

    満足した利用者:

    777
    北海道大学獣医学部卒業
  • /img/opt/shirt.png arinko さんのアバター

    arinko

    獣医師

    満足した利用者:

    68
    コンパニオンアニマルの臨床医療を16年しています。
 
 
 

猫 についての関連する質問