JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
wantaroに今すぐ質問する
wantaro
wantaro, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 5407
経験:  小動物臨床10年
61996574
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
wantaroがオンラインで質問受付中

猫(メス、ラグドール、16歳)が、3-4年前くらいから、数か月に一度程度、ふつうに毛づくろいしている時に突然、威嚇の

解決済みの質問:

猫(メス、ラグドール、16歳)が、3-4年前くらいから、数か月に一度程度、ふつうに毛づくろいしている時に突然、威嚇のような唸り声をあげることがあります。びっくりして様子をみますが、すぐに落ち着き、何事もなかったように側にいて眠ります。
年齢が年齢なので、定期的に健康診断を受けており、太目でコレステロール値やBUNという値が高めではありますが、それ以外怪我や病気はありません。
完全室内飼育なので、外にでることもなく、年に一度の3種混合ワクチン接種も欠かしません。普段食欲も旺盛で元気なのですが、このような現象がでたら、まず何をするべきか、何が疑われるかをご教示くだされば幸いです。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  wantaro 返答済み 3 年 前.
初めまして、質問有難うございます。
診察をしていませんので的確なアドバイスが出来ない場合もある事をご了承ください。
追加の質問や情報があれば随時書き込みをしてください。
考えられるのは何かしらの痛みが生じた事が疑われます
①腰の痛みが出てきた
毛づくろいをしている時に腰が痛くなった。背中の痛みが出る
特に上り下りをしなくなった、腰を触ってもネコが喜ぶような腰を上げる仕草を
しなくなったなどがあると腰の骨に変形などが出てきて痛みがある
などが考えられます
②高齢になると膀胱炎をよく起こします
軽い膀胱炎で膀胱に痛みが走った。などが考えられます
尿検査や膀胱の超音波検査などをしてもらいましょう
③甲状腺機能亢進症
人間のバセドウ病と同じく甲状腺ホルモン過剰になると血圧が上がる
イライラするようになりやすい、切れやすい、食べているのに痩せてくる
多臓器不全になるなどの障害が出てくるようになります
夜中に徘徊して食欲が異常にでるのもこういった事が原因です
治療は抗甲状腺薬を与える事です
などが主に考えられます
一度病院で触診やレントゲン検査、尿検査、血液検査、甲状腺ホルモン測定(血液検査)
などをしてもらいましょう
質問者: 返答済み 3 年 前.

先生ありがとうございました。

頂いた回答だと、2が該当しそうです。というのも、過去1年以内に、初めて膀胱炎(経度)になり、治療していたことがあること、腎臓があまりよくないからです。

この間健康診断をうけたばかりで、血液検査の結果ならあります。宜しければ何を御提示すれば、さらに何かわかりそうかを教えてください。(これで終わりにしますので)宜しくお願いします。

専門家:  wantaro 返答済み 3 年 前.
血液検査だけだとあまりはっきりとした事はわかりません。
やはり一番良いのは尿検査と腹部超音波検査でしっかりと腎臓や膀胱を
チェックしてもらうことです。
軽度だと血液検査には何も出てこないことも多いでしょう
wantaroをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

猫 についての関連する質問