JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
wantaroに今すぐ質問する
wantaro
wantaro, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 5406
経験:  小動物臨床10年
61996574
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
wantaroがオンラインで質問受付中

ここ数日歩行も困難な状況で、獣医に診察してもらったのですが、 レントゲンで肺にちょっと異常があるといわれました。

解決済みの質問:

ここ数日歩行も困難な状況で、獣医に診察してもらったのですが、
レントゲンで肺にちょっと異常があるといわれました。
血液検査はたいして問題はないとのこと。
その後肩で大きく呼吸する様子で苦しそうです。
現在は酸素吸入室にいれています。
私共家族にしてあげれることはないでしょうか?
食欲はほとんどありません。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  wantaro 返答済み 3 年 前.
初めまして、質問有難うございます。
診察をしていませんので的確なアドバイスが出来ない場合もある事をご了承ください。
追加の質問や情報があれば随時書き込みをしてください。
①年齢
②犬種
③体重
④性別 避妊、去勢の有無
⑤歩けなくなった経緯
⑥過去の病歴
を教えてください
-もう少し詳しく状況を説明していただけませんか。
質問者: 返答済み 3 年 前.

1 10才のメスです

2 猫 スコティシュ

3 2.4キロ

4 メス 避妊しています。

5 突然よたよた歩きです。

6 ありません。

専門家:  wantaro 返答済み 3 年 前.
考えられる病気としては
①脊髄炎や脊髄腫瘍
MRI検査で診断します。脊髄に炎症や腫瘍が浸潤しているなどで生じます
手術や抗がん剤、放射線治療などが考えられます
②椎間板ヘルニア
ネコでは珍しいですが、無いわけではありません
同じくMRI検査で診断します。手術が適応の場合には手術をすると改善することが
多いでしょう。但し脊髄神経が酷く障害を受けている場合には回復しない場合もあります
③脳炎や脳梗塞、脳腫瘍
脳梗塞の場合には軽度だと回復することが多いでしょう
脳炎や脳腫瘍の場合には内科的にステロイドや利尿剤、脳腫瘍の場合には外科手術
可能なら手術が適応になるでしょう
身体上問題ないことから脳や脊髄神経に障害が出ている可能性が考えられるので
大学などの神経科でMRI検査をしてもらいましょう
大学などは紹介性なので担当医から紹介してもらいましょう
質問者: 返答済み 3 年 前.

昨日メールしたものです。

血液検査の詳細がありますので、ご考察くださいませ。

白血球数 168 赤血球数 772 赤血球容積 33.1

ヘモグロビン 11 血小板 35.7

肝機能 GOT 86 GPT 43 ALP 68

但し 検査前日にウコン粉末をのませています。

腎機能系 尿素態窒素 43.4 クレアチニン 0.9

昨日も食欲なく、おしっこをする時のみ立ち上がります。

現在は酸素吸入室から出すこと事態怖くて往診にきていただいてます。

MRI検査をさせることだけでも、危険が伴う状況です。

なにか最善の方法がありましたら、教えて頂けないでしょうか?

専門家:  wantaro 返答済み 3 年 前.
方法としては
ステロイドとくに水溶性プレドニゾロンと利尿剤のマンニトール
胃薬のガスター、抗生剤を注射で投与すると脳炎や脳腫瘍、脊髄炎などは
一時的に改善する可能性が高いでしょう
大変な状況だと思いますが、これしか方法は無いと思います
wantaroをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

猫 についての関連する質問