JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
loverai0210に今すぐ質問する
loverai0210
loverai0210, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 1846
経験:  動物病院に勤務しています。主に犬猫の質問を受け付けております。
60637329
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
loverai0210がオンラインで質問受付中

7月の中旬ごろ、5歳未満のロシアンブルー(♀)の具合が急に悪くなり(黄色い液体を吐きだした)、 病院に連れていった

解決済みの質問:

7月の中旬ごろ、5歳未満のロシアンブルー(♀)の具合が急に悪くなり(黄色い液体を吐きだした)、
病院に連れていったところ、腎臓の数値がBUN140オーバー、CRE17と非常に高く
そのまま入院して静脈点滴のため4日間入院いたしました。
退院当日はBUN28 CRE2.8 ぐらいまで下がりましたが、
その1週間後にBUN58 CRE5.8
その2週間後BUN横ばい、 CRE4,6となりましました。
その後血液検査はまだしておりませんが、その間、1週間に3回くらいのペースで
皮下輸液に通っています。
入院直前は3.89kでしたが今は3.5キロぐらいです。
薬、レンジアレン、カリナール等のサプリ類も一切処方されておりません。
私が聞かないから?なのかは不明ですが、、。
普通提案があってもいいと思うのですが。
急激に悪くなる直前まで
多飲の症状は不明ですが、おしっこは特に多いとは思いませんでした。
食欲は旺盛で、元気もありました。
そこでお伺いしたいのが、
こんな急激に腎臓が悪くなることはあるのでしょうか?
今の獣医さんは、急性なのか慢性なのかわかりませんと言っています。
7月の頭に軽い脱臼のような症状を起こして(2,3歩スキップするような歩きをしてすぐに戻る)
診せたときに、非ステロイド系の消炎鎮痛剤を処方されました。
それを飲ませて10日後ぐらいからいきなり症状がでてきたので
私はそれが原因ではないかと疑っていますが、今の獣医さんは
まったくそのことについては触れる様子もありません。
ロシアンブルーは腎臓の機能がほかの猫種に比べると
弱いということを専門家なら周知の事実だと思うのですが
それでも消炎鎮痛剤を処方するものですか?
このままそこの病院で治療を続けていいものか非常に迷っております。
うちの猫のような場合、他の獣医さんならどういうアプローチをしていくのでしょうか?
しばらく様子見なんでしょうか。
今退院して、1か月半ぐらいが経とうとしておりますが
食欲は徐々に戻りつつあります。元気はあります。
時々舌をぺろぺろ出す仕草があるので
ちょっと気持ち悪いのかな、、と思います。
あと、以前スキップのような感じの歩き方が
今はびっこをひくような歩き方に明らかに変わってきました。
ただ、すぐに戻ります。私が見つけた時は、お腹のあたりを持ち上げて足を延ばしてあげると
すぐに戻ります。
飲水量はうちには2頭(♂、6歳 体重5キロ未満)いるのですが
1日2頭あわせて160~200cc未満ぐらいの飲水量です。
特別多いとも少ないとも思われません。ウェットフードも1日大さじ山盛り1杯程度あげています。
おしっこの色は病気じゃない方の子に比べるとかなり薄いです。
比重も1.015程度です。
回数はだいたい1日に3回。輸液をした日はちょっと回数が多くなります。
どうぞよろしくお願いいたします。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  loverai0210 返答済み 3 年 前.
こんばんは。
膝が脱臼しているなどはいわれていませんか?
びっこをひく原因はなんと言われていますか?
質問者: 返答済み 3 年 前.
脱臼と言われました。それで消炎鎮痛剤を処方されました
専門家:  loverai0210 返答済み 3 年 前.
返答ありがとうございます。
腎臓の値の下がり方からすると、慢性腎不全ではなく急性の可能性のほうが高いかと思います。
確かに鎮痛剤の副作用で起きた可能性は充分にあります。
しかし、鎮痛剤を使うとなるとどうしても、今出されているような処方になってくると思います。
急性腎不全の場合は、皮下補液で経過を見ることが多いと思いますし、言われているようなお薬はどんどん値が高くなっていったり、値が高値のまま変わらない場合に使用します。
使っても吸着剤くらいだと思います。
足に関してはびっこをひくのが多くなっているようなら薬で抑えるよりも、腎臓の値が落ち着いたら麻酔をかけて手術したほうがよいと思います。
質問者: 返答済み 3 年 前.

ご回答いただきましてありがとうございます。

少し安心しました。今、退院して1ヶ月半ぐらいたちますが、

急性だったとすると、回復するのに個体差はもちろんあると思いますが、通常どの程度かかるものなんでしょうか?

同じような症状で入院した方のブログなど読むと

わりとすぐにクレアチニン等の数値が戻っているようなことが

書かれています。

びっこはあまりにも酷くなるようなら、手術も視野に入れたいと思いますが、もし、数値が高い状態だったりすると手術は難しいのでしょうか?

専門家:  loverai0210 返答済み 3 年 前.
四日間入院して値が下がっているので、もし皮下補液で反応が悪いようなら、また一旦入院して静脈点滴をしたほうがよいかもしれません。
静脈点滴と合わせて治療を行えば1-2ヶ月以内に値が下がってくることが多いと思います。
反応が悪ければ吸着剤も使ってみた方がよいと思います。
また手術は麻酔が腎臓の負担になりますので、やはりちゃんと正常値に戻ってからがよいと思います。
loverai0210をはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

猫 についての関連する質問