JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
issafd3sに今すぐ質問する
issafd3s
issafd3s, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 2097
経験:  北海道大学獣医学部卒業
68561268
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
issafd3sがオンラインで質問受付中

一歳四ヶ月のおすねこです。テンカンと診断され朝晩お薬をのませています。発作は全くおきていないし、とても元気なのですが

質問者の質問

一歳四ヶ月のおすねこです。テンカンと診断され朝晩お薬をのませています。発作は全くおきていないし、とても元気なのですが、昨年11月に去勢手術をしてからやはり食欲もあるため、少し体重がふえてきて、兄弟猫と二匹かっているのですが、その子は五キロなのに、いま7、5キロも体重があります。今年おなかまわりがブクプクしてきたので、獣医師にみてもらい、ダイエットフードをすすめられて、ダイエットフードをたべさせています。2ヶ月くらいまえから
、最初は肉のかたまりのようなのだったのが、2ヶ月まえくらいからたるみだし、いまは、歩くとき地面すれすれくらいたるんでぷらぷらなお腹になってしまいました。お腹の毛もうすくなって傷もつきやすいかんじです。元気度はかわないですが、あまりのお腹のたるみがきになります。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  issafd3s 返答済み 2 年 前.
こんにちは。
1歳4か月の猫ちゃんがてんかんもちでお薬を飲んでいるし、肥満気味ということですね。
少々お尋ねしますが、
薬の名前はお分かりになるでしょうか?
食欲は他の猫と比べて旺盛でしょうか?
ご返事お待ちしております。
専門家:  issafd3s 返答済み 2 年 前.
ご返事いただいておりませんが、分かる範囲でお答えさせていただきます。
てんかんの症状をお持ちの猫ちゃんということなので、抗てんかん薬を飲ませてあげているとのことですが、抗てんかん薬の中には、飲ませることで食欲がすごく増進するものがあります。
そのため食欲が増えて肥満になってしまうことがしばしばあります。
例えばフェノバールやジアゼパムなどはそのような作用があります。
この場合利尿剤は体の負担になるだけで効果は期待できないと思います。
食事についてはカロリー控えめの減量用の食事をお勧めいたします。
そのため、ヒルズのr/dやロイヤルカナンの減量サポートなどがお勧めではないかと思います。
抗てんかん薬として他にもゾニサミドなど違う薬もありますので、先生と相談して、別の薬に徐々に変更(急に変更すると発作がおきる原因となるため)されるという方法もあると思います。
質問者: 返答済み 2 年 前.
すでにヒルズのダイエットフードをあたえています。気になるのは、お腹のなるのは、お腹のたるみなんです。かなりタプタプぶらさがっていて、歩くとき地面にすれすれです。さわるといたがることもなく、マッサージのようにしてやると気持ち良さそうにはします。ただの脂肪のたるみだといわれましたが、このままでほっておくしかないのか、なにか対処方があるのかしりたいです。お腹以外は、メタボ猫な感じではないのです。顔も背中もスリムな猫です。
質問者: 返答済み 2 年 前.
すでにヒルズのダイエットフードをあたえています。気になるのは、お腹のなるのは、お腹のたるみなんです。かなりタプタプぶらさがっていて、歩くとき地面にすれすれです。さわるといたがることもなく、マッサージのようにしてやると気持ち良さそうにはします。ただの脂肪のたるみだといわれましたが、このままでほっておくしかないのか、なにか対処方があるのかしりたいです。お腹以外は、メタボ猫な感じではないのです。顔も背中もスリムな猫です。
専門家:  issafd3s 返答済み 2 年 前.

ご返事ありがとうございます。

体重は7.5kgですがお腹以外はスリムということですね。

恐らくお腹に脂肪がたまって来ていると思います。原因は食事量に対して運動量が少ないからです。

多かれ少なかれ室内飼育の猫は運動不足のためお腹に脂肪が蓄積します。虎太郎ちゃんの場合はさらに薬の作用によって食欲が旺盛なため、脂肪が付きやすいということだと思います。

運動量を今よりも増やすためになるべく猫ちゃんと遊んであげて動かすことをお勧めいたします。

また置き餌をしないようして決められた時間に決まった量を与えるようにされるのもよろしいかと思います。

また前回も記入しましたが薬をゾニサミドに変更することも方法の1つだと思います。

猫 についての関連する質問