JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

wantaroに今すぐ質問する

wantaro
wantaro, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 5138
経験:  小動物臨床10年
61996574
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
wantaroがオンラインで質問受付中

先日はありがとうございました。さっそくセカンドオピニオンもとめて8月18日月曜日大阪市中央医療センター(救急医療も行っている)に行ってきました。wantaro先生とのやりとりのコピ

解決済みの質問:

先日はありがとうございました。さっそくセカンドオピニオンもとめて8月18日月曜日大阪市中央医療センター(救急医療も行っている)に行ってきました。wantaro先生とのやりとりのコピーみせて診察してもらいました。まず先生のことたいへんほめていていらっしゃいました。1)毎日行っている150mlの点滴中止しました。2)セミントラ液体内服始まりました。3)腹部超音波
胸、腹部レントゲンを撮っていただきました。採血はその日せず、2週間後、本日8月31日施行しました。相談は本日の採血の結果、GPTが229(22~84)に上昇、血小板193000(30万~80万)に減少していることです。前医院7月22日ひと月前GPT70(10~50)でした。甲状腺機能亢進症が原因で 肝障害か?ということでT4を施行しましたが、正常でした。ここひと月で変わったことは、薬を飲んだことです。吐き気止めセレニア、ガスター、活性炭、セミントラです。ここ2週間はセミントラのみとなっています。採血は、BUN40,Cr3.3(前回8月7日BUN29,Cr3毎日点滴していた時です)、リン3.4、(2.6~6)Hb12.4,K4.2,体重4.3kg(2週間前4.4kg)でした。いたって元気です。ただ、一日一回吐いています。便は3日に一度硬です。レントゲンから横行結腸まで便がたまっていました。便秘が原因?本日よりラクツロース1ml/日始まります。止まればいいのにと思っています。食事は、腎臓食のみでは、食べっぷり悪く、半々が現状です。体重4kg維持したいといわれ、一般食のカリカリ、パウチとろと ろのところも食べさせています。肝機能気にしています。セミントラ続行、週一度点滴250ml/回、再開します。ひと月後、再診予定です。肝機能増悪原因どう思われますか。セミントラ続行でいいのですか。薬剤性では?よろしくお願いします
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  wantaro 返答済み 2 年 前.
先日の内科医の方ですね
新しい病院が見つかって良かったですね
他の血液検査の数値を全て教えてください
血圧は測定してもらいましたか?
-もう少し詳しく状況を説明していただけませんか。
質問者: 返答済み 2 年 前.

8月31日採血結果

RBC800,HCT37.5,Hb12.4、MCV46.9,MCHC33.1、WBC163,PLAT19.3.ALb3.2.ALT229.ALKP82.Tcho169.GLu112,BUN40,Cre3.3,Na154,K4.2,Cl116.P3.4

T4正常 以上です。

尿検査、血圧は計っていません。8月18日初診日の腹部超音波では、腎臓の直径29,5mm、26.7mm少々萎縮していると指摘されました。肝臓については特に指摘なし。レントゲンから、心臓でかくて食道圧迫はなし。ただ、便が横行結腸まである。便秘あり。3日に一度硬便です。色は、真っ黒ではないが。昨日よりラクツロース1ml/日開始。食欲旺盛。水氷水催促します。結構飲んでいますが。おしっこは薄い色のが出ています。よろしくお願いします。

専門家:  wantaro 返答済み 2 年 前.
検査内容でASTやGGT、T-Bilなど肝臓について私が必要だと思う検査項目が
行われていないのでなんとも言えないですが・・・・
肝臓数値が上昇している原因には吐いているために何処かで炎症を起こしている
例えば誤嚥して肺が炎症を起こして低酸素症気味になるとGPTが上昇しています
GOT(AST)がGPT(ALT)よりも高い場合には腸炎や筋肉が炎症を起こしている
などが考えられます。
あるいは与えた食餌が少し古いので肝臓に負担がかかっている
などが原因としては考えられるでしょう。
また血圧や膀胱穿刺の尿検査は必須だと思うので、行ってもらってください。
腎不全の猫で血圧や尿検査は非常に重要な項目です。
腎臓病食は低たんぱくで腎臓のろ過機能に負担をかけないようになっています
できればほぼ100%で与える事が良いと思います
腎臓病食は脂肪でカロリーを取るようになっている事や
他の食餌より高カロリーであること
腎臓に負担をかけないことを考えると他の食餌で混ぜて良いのは
魚や肉の油分がベターです。
とくに先日も欧米の腎臓系の専門医が言っていたのはDHAやEPAもまだ科学的根拠は
取れていないが腎不全には良いもので有る可能性が高いという見解が出ている事から
も腎臓病食メインで味付けに油分(特に魚油)を与えるなどで対応することをお勧めします
せっかく腎臓病食を食べても他の食餌を与えるとその効果は半減していまいます。
専門家:  wantaro 返答済み 2 年 前.
セミントラについてはまだ継続する必要があると思います
効果がすぐに出るものではないでしょう。
セミントラは子宮体腎炎などでたんぱく尿が出ている時に使用するものですが
尿検査なしに子宮体腎炎とは判断が難しいのですが、担当医はきちんとその辺りを
わかって使用していましたか?
質問者: 返答済み 2 年 前.

ありがとうございます。1)今回ここ1か月間にGPT70から200台に上昇したのは、薬剤性ではない。かんがえられるということですね。ちなみに前医で7月22日初診でともに上限30でGOT32GPT74でした。もともとGPTは少々高かったのです。とりあえずセミントラは続行で様子見でいいですか。

2)先生は、猫の腎不全は人間のように糸球体がやられるのではなく、尿細管がやられたんぱくが漏れて行っている。と言われていました。そのため降圧剤もちいて圧さげてすこしでも腎臓に負担かけないようにということです。腎炎になれば、、おおかれすくなかれたんぱく尿はでてしますので、使用していると理解していましたが。いかがですか?

3)一日一回吐きます。今も食欲満点に食べていました。食べすぎか。と思いしや、そのあと水のんで口もぐもぐしていると今たべたもの吐いてしまいました。そのあと水またのみ食事ねだりに来ました。原因なんでしょうか。便秘と考えていいですか。またやたらと水のところへ行きますが。

4)食事の話ですが、うちの猫、猫用缶詰はぺろぺろなめるだけでそのものは食べません。ですから、一般用のとろみの缶詰で液体のところのみ口にします。

腎炎後もたんぱく等も栄養価は低いので与えています。よろこんで食べています。いかがですか。

低たんぱく、高カロリーということですね。頑張ってみます。

よろしくお願いします。

専門家:  wantaro 返答済み 2 年 前.
1)とりあえず薬ではなさそうなので様子をみて良いでしょう
2)色々な考えはありますが、血圧が酷く高い場合もありますし、血圧を少なくとも
計測してから、尿タンパクを測定してから使用するのが安全策だと思います
3)便秘よりも胃腸の潰瘍で嘔吐しているものだと思います
4)その程度なら問題無い程度だと思います。
質問者: 返答済み 2 年 前.

ありがとうございます。3)嘔吐の件ですが、胃腸の潰瘍としたら嘔吐時に血混じりのもの吐くこととなりませんか。または、便真っ黒ということですかね。猫の便って今2匹いますが、両方とも便のいろは黒っぽくてかたいですが。潰瘍かどうか簡単にわかりませんか。嘔吐物に潜血はないように思いますが。胃カメラですか。

治療はガスターですか。何回もすみません。お願いします。

専門家:  wantaro 返答済み 2 年 前.
胃潰瘍も程度によります。慢性なので少しだと酷く出血していないと思います
また嘔吐で逆流性食道炎になっているかもしれませんね
また尿毒症で脳に吐き気を催していることも考えられます
胃カメラで見なくても、超音波検査である程度は胃粘膜の荒れ具合はわかります。
治療はガスターやスクラルファートなどになるでしょう。
wantaro, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 5138
経験: 小動物臨床10年
wantaroをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

ユーザーの声:

 
 
 
  • 命が危ないから、すぐ病院に生きなさい、とご指導頂き、直ちに夜間診療に走り、尿道結石、並びに膀胱炎で、重篤な病状が見つかり、一命を取り止めました。本当に嬉しかったです。本日退院予定です。有難うございました。先生が、すぐ病院へ、とご指導して下さらなかったら、一日延ばしていたと思います。背中を押して下さった先生に大感謝です。 岐阜県大垣市 清水
< 前へ | 次へ >
  • 命が危ないから、すぐ病院に生きなさい、とご指導頂き、直ちに夜間診療に走り、尿道結石、並びに膀胱炎で、重篤な病状が見つかり、一命を取り止めました。本当に嬉しかったです。本日退院予定です。有難うございました。先生が、すぐ病院へ、とご指導して下さらなかったら、一日延ばしていたと思います。背中を押して下さった先生に大感謝です。 岐阜県大垣市 清水
  • 貴重なセカンドオピニオンをいただいた。 かかりつけ医師の診断結果を鵜呑みにしていたらペットは衰弱して死んでいた。このサイトでアドバイスを受けて、遠くでも良い医師の診断を受ける選択肢があることを知った。 今回のケースではギリギリ手遅れにならずに手術を受けることになった。地元に医師を軽んずる訳ではないが、別の専門医の意見を聞くことは重要と痛感した。 このサイトに出会えて良かった。かかりつけ医師の診断方法、投与薬、診断結果から技術不足を見抜いた。結局レントゲンをすれば原因はすぐわかることだったが、思い込みから実施しなかったと思われる。 いずれにせよ、このサイトの先生のアドバイスは納得のいく説明であった。 大阪府 別所
  • 緊急性があるな!!って思ったら仕事休んでも、夜の救急病院にでも行くと思いますが、あれ…!!何か様子がちょっと変か も…の状態が続き、仕事も忙しく、とにかく病院に 連れて行くのが大変!!!どうしようか迷いながら心配で仕事していても落ち着かない、もう一匹が病院に かかり2日間で五万、六万とお金がかかったばか り。そんな時ネットで調べていて、こ ちらにお世話になりました。救急では無く今の状態が飼い主の私自身が納得したかった。明け方でも夜中でも親切に対応して頂きそしていろんな症状も想定され納得しました。安心して仕事に出掛けれました。ありがとうございました。何かの時はまた利用させて頂きます。 東京都 藤田
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • yasuyuki

    yasuyuki

    獣医師

    満足した利用者:

    207
    北里大院卒獣医学修士臨床経験20年以上
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/YA/yasuyuki/2011-8-27_24733_SN3A0090.64x64.JPG yasuyuki さんのアバター

    yasuyuki

    獣医師

    満足した利用者:

    207
    北里大院卒獣医学修士臨床経験20年以上
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SH/shiratamaah/2011-8-29_12220_DSC0870.64x64.jpg shiratama_ah さんのアバター

    shiratama_ah

    獣医師

    満足した利用者:

    18
    勤務医として副院長を務めた後、都内で往診専門の動物病院を開院いたしました。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SP/spacevet1/2011-11-6_141713_2011kt.64x64.png 高橋 賢 さんのアバター

    高橋 賢

    獣医師、医学博士

    満足した利用者:

    11
    医学研究歴11年
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/LO/loverai0210/2011-9-6_22472_shirtF1.64x64.JPG loverai0210 さんのアバター

    loverai0210

    獣医師

    満足した利用者:

    676
    動物病院に勤務しています。主に犬猫の質問を受け付けております。
  • /img/opt/shirt.png japavet さんのアバター

    japavet

    獣医師

    満足した利用者:

    1497
    動物病院勤務歴6年
  • /img/opt/shirt.png issafd3s さんのアバター

    issafd3s

    獣医師

    満足した利用者:

    777
    北海道大学獣医学部卒業
  • /img/opt/shirt.png arinko さんのアバター

    arinko

    獣医師

    満足した利用者:

    68
    コンパニオンアニマルの臨床医療を16年しています。
 
 
 

猫 についての関連する質問