JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
wantaroに今すぐ質問する
wantaro
wantaro, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 5407
経験:  小動物臨床10年
61996574
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
wantaroがオンラインで質問受付中

16歳の雌猫です。3年前から甲状腺機能亢進症でメルカゾール内服しています。 数値は安定しています。 1年前、トイ

質問者の質問

16歳の雌猫です。3年前から甲状腺機能亢進症でメルカゾール内服しています。
数値は安定しています。
1年前、トイレに何回も行くようになって病院で尿の検査をしてもらったけれど特に異常なく、
ステロイド一週間内服したことがあります。その後は起こっていませんでした。
10日前、また同じようになりましたが2日ぐらいで治りました。
最近、急に食も細くなり、痩せてきました。今日はほとんど食べません。下をペロペロします。動きも緩慢で、しんどそうな感じです。16歳という年齢から、もう老衰に近いのでしょうか?甲状腺の薬の副作用でしょうか?こんなになっても甲状腺の薬は飲ませた方がいいのでしょうか?
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  wantaro 返答済み 3 年 前.
初めまして、質問有難うございます。
診察をしていませんので的確なアドバイスが出来ない場合もある事をご了承ください。
追加の質問や情報があれば随時書き込みをしてください。
考えられるのは
①甲状腺機能亢進症がより進行して薬が足りない
甲状腺ホルモンの測定でそうとわかれば、量の追加が必要です
②腎不全が出てきた
高齢なので腎不全が出てきて、尿毒症を起こしている
点滴や高血圧なら血圧を下げる薬、尿毒症で生じる副作用の胃潰瘍を防ぐために
胃粘膜保護剤、胃酸抑制剤、腎臓病食などが治療になるでしょう
③消化管や肝臓、腎臓に腫瘍が出来ている
④腎盂腎炎から急性腎不全になっている
などが主に考えられる病気です
単に老齢という考え方は古いので、しっかりと原因を探ってそれに対処してあげましょう。
それによってまだまだ元気に生活できる可能性はあります。
甲状腺の薬は飲ませられるならいつも通りに飲ませる事ですが
まずは明日にでも検査をしてもらいましょう
長く一緒に生活された猫ちゃんなので、ご心配だと思います。
まだ元気なうちに早く検査や治療をしてあげてください
wantaroをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 年 前.

お返事ありがとうございました。


一応今までも胃薬は甲状腺機能亢進症の薬と一緒に飲ませています。


尿毒症自体はよくなるのでしょうか?


甲状腺機能亢進症の薬が過剰という可能性は考えられますか?

専門家:  wantaro 返答済み 3 年 前.
甲状腺の薬が過剰だと顔を痒がる、ぐったりするなどが症状です

もちろん可能性はありますが、せめて半量くらいは飲ませておいた方が良いと思います

ただ普通はあまり無いと思います>症状が進行して薬が増えることが
多いので

尿毒症は腎不全が治らないん可能性が高いので、治療してそれなりに抑えるという
感じになるでしょう、もちろん点滴や食餌療法でかなり改善することは多くあります

猫 についての関連する質問