JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
issafd3sに今すぐ質問する
issafd3s
issafd3s, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 2097
経験:  北海道大学獣医学部卒業
68561268
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
issafd3sがオンラインで質問受付中

猫が人間のように鼻をチンとできないので苦しそうです。まさか口で吸ってやるというわけにもいきません。スポイトのようなも

解決済みの質問:

猫が人間のように鼻をチンとできないので苦しそうです。まさか口で吸ってやるというわけにもいきません。スポイトのようなもので吸い取ってやるとか、何か良い方法はありませんでしょうか。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  issafd3s 返答済み 3 年 前.
こんにちは。
猫ちゃんが鼻が詰まっているということですね。
少々お尋ねしますが、
何歳位の猫ちゃんでしょうか?
外に出る猫ちゃんでしょうか?
どのような経過で鼻づまりになったのでしょうか?
目ヤニやくしゃみなど鼻づまり以外にも何か症状はあるのでしょうか?
ご返事お待ちしております。
質問者: 返答済み 3 年 前.

もうすぐ17才です。家の中で飼っています。1年ほど腎臓が良くないということで、薬を飲んでいます。もっとも、これは関係ないですか。鼻炎のような症状は、1年ほど前に、風邪をひいて、40度近い熱がでてからのような気がします。目やには、ありません。くしゃみは、時々します。宜しくお願いいたします。

専門家:  issafd3s 返答済み 3 年 前.
ご返事ありがとうございます。
猫ちゃんは17歳で1年前に猫カゼ?をひいてから慢性化したということですね。
また慢性腎臓病ということですね。
いろいろ原因が考えられますが、感染症(ヘルペスウイルスやそれに伴う細菌感染)の慢性化による副鼻腔炎、腎臓病の基礎疾患のため免疫力が低下して炎症をおこしやすい、腎臓病でやや水和状態が悪い(脱水傾向)のため鼻が渇きやすいため粘膜が炎症をおこしやすい、可能性は低いですが鼻腔内腫瘍による炎症、などが考えられます。
日頃のケアとしては点鼻薬(症状に応じて抗生剤、インターフェロン、生理食塩水などが候補として挙げられます。)をして鼻の湿潤を保ち鼻水が固まらないようにする、薬局などでカット綿を購入されてそれに水を含ませて優しく鼻を拭いて汚れをとる、塩化リゾチームやエンピナースなどの鼻汁のドロドロを溶かす薬を飲ませてあげる、定期的(腎臓病の程度にもよりますが週に1回位)に皮下点滴をしてなるべく脱水を改善して水和状態を保つ、などが考えらえます。
鼻づまりが酷いと猫の場合臭いがかげなくなると極端に食欲が低下することがありますので、鼻づまりによる食欲低下が考えられる場合には、抗生剤(アモキシシリンなど)による治療をされることをお勧めいたします。
また鼻を含めた気道を湿潤に保つための方法として噴霧療法(ネブライザー)という霧をかがせる治療があります。猫の場合は小さいケージに猫ちゃんを入れてその箱を霧で満たす(10分位が目安)という方法をとります。病院によってはできるところがありますし、病院で出来ない場合でやってみたいという場合はネブライザーの機器を購入していただき(6-8万位する)液を病院で処方していただくという方法もあります。慢性的な気道の疾患の場合有効ですが、効果が持続しないので症状によっては週に1回から2-3回する必要があります。
スポイトで鼻水を吸い取ることはできませんので、点鼻薬(インターフェロン)や湿らせた綿花でふくということがまずは取り組み安いのではないかと思います。
issafd3sをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

猫 についての関連する質問