JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
issafd3sに今すぐ質問する
issafd3s
issafd3s, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 2097
経験:  北海道大学獣医学部卒業
68561268
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
issafd3sがオンラインで質問受付中

12歳の雄猫です。  6.8KGと大きめ。昨年夏より多飲多尿にてHP受診。慢性腎不全の診断を受けています。 BUN

質問者の質問

12歳の雄猫です。  6.8KGと大きめ。昨年夏より多飲多尿にてHP受診。慢性腎不全の診断を受けています。
BUN/Crは、高めですが正常値内。尿比重が1,005と低く現在、朝・夕に活性炭を内服させてます。
元気良く、食欲もあります。
半年前、健康診断でたまたま、膀胱に境界明瞭な4mmほどのポリープをエコ―にて発見。膀胱炎による膀胱壁の肥厚かな?と抗生剤を1週間投与し、1カ月後の検査では、ポリープが消えてました。
昨日、半年後の検診で再度ポリープが8mm程前回と同じ部位に見つかりました。血尿等の症状は、ありません。医師から開腹して細胞診をすすめられました。このまま経過をみて大きくなり症状がでるようなら考えますが高年齢で怖がり、飼い主がそばにいないとストレスを感じる猫なので入院、手術が心配です。どうしたら良いでしょうか?
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  issafd3s 返答済み 2 年 前.
おはようございます。
12歳の猫ちゃんで腹部エコー検査にて膀胱にポリープが見つかったということですね。
少々お尋ねしますが、
昨日の検査にてポリープが見つかったということですが昨日の尿検査では比重が低い以外は正常ということでしょうか?
ポリープの場所は膀胱内のどの辺りでしょうか?膀胱三角とか尿道の入り口付近などでしょうか?
今回は抗生剤は処方されていませんでしょうか?
ご返事お待ちしております。
質問者: 返答済み 2 年 前.

昨日の尿検査は、エコ―下にて膀胱穿刺して採尿しているので潜血は、プラスでした。

尿比重のみで異常なし。

場所の説明は、聞いてません。

膀胱炎症状もなく、尿に細菌、上皮小体等の検出もないため抗生剤は、処方なし。以前、抗生剤が処方された時は、尿に上皮小体?が出ていました。

専門家:  issafd3s 返答済み 2 年 前.
ご返事ありがとうございます。
今回の検査のときには膀胱内に十分な尿の貯留があった状態でのエコー検査にて一部の粘膜が拡大しているということでしょうか?
膀胱粘膜での腫瘤の場合移行上皮癌の可能性があるため注意が必要だと思います。
まずは2週間から1か月位間隔をあけて再度検査をされることをお勧めいたします。
そのときに腫瘤の拡大がある場合はやはり検査が必要だと思います。
検査の方法としては麻酔をかけての開腹手術による生検のまえに、一度陰茎から細い管(カテーテル)を膀胱まで通して、その出来物を吸引して細胞を採取する方法をお勧めいたします。この方法ですと侵襲度はかなり低いので麻酔をかけずに処置することが可能です。もし嫌がる場合には短時間の鎮静をかけて処置することが出来ると思います。
具体的にどのような方法でされるのか分かりませんが、もし移行上皮癌の場合には試験開腹して細胞診をする場合、腫瘍細胞が腹腔内に転移するリスクがあるかと思います。
その点を主治医の先生に確認されることをお勧めいたします。
また腫瘤が拡大傾向にある場合には移行上皮癌の場合に腫瘤の縮小に効果があるピロキシカムなどの非ステロイド系消炎剤を試験的に使用してみるという方法もあります。
今回の検査では膀胱炎の兆候はみられなかったとのことですが、できれば経過観察の間は抗生剤(アモキシシリンなど)を飲ませてあげつつ経過を観察されることをおすすめいたします。
尿比重が低い場合尿検査にて細菌が認められなくても粘膜への細菌感染をしている可能性があるためです。
issafd3sをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

猫 についての関連する質問