JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
wantaroに今すぐ質問する
wantaro
wantaro, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 5369
経験:  小動物臨床10年
61996574
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
wantaroがオンラインで質問受付中

わが家の16歳のオス猫(キジトラ)は3ヶ月前に咳・嘔吐・呼吸が速い等が出始め、2ヶ月半前に受診したら肺に水が溜まっていました。血液は正常でした。レントゲンでの肺の白さは肺全体が浸潤

質問者の質問

わが家の16歳のオス猫(キジトラ)は3ヶ月前に咳・嘔吐・呼吸が速い等が出始め、2ヶ月半前に受診したら肺に水が溜まっていました。血液は正常でした。レントゲンでの肺の白さは肺全体が浸潤しているような感じと主治医は言い、まず肺炎を疑い抗生剤のパセトシンと利尿剤・気管支拡張剤を投与しましたが1ヶ月経ても呼吸数に改善が見られず、抗生剤をバイトリルに替えて投薬を続けています。呼吸数は少しだけ改善しましたがレントゲンではすっきりと黒くなりませんでした。
この間に、投薬を始めた頃から食への関心が薄れシリンジでの給餌を開始しました。はじめは2割程度自発的に食べていましたが、やがてa/d缶しか食べなくなり1週間ほどするとバターを食べるのみになり(全摂取カロリーの1割)やがてバターにも関心を示さなくなり全てシリンジ頼みになりました。でもシリンジをしっかり食べてもらった為、体重は維持していました。
5日前、呼吸が荒くなり聴診器をあてると前よりも大きな呼吸音がしたため受診しました。熱はなく、歯茎が少し青みがかっており、レントゲンではほぼ変わりなく左右の肺に差は見られませんでした。うんと悪かったら体重が増えたりしないと言われ、ただ呼吸は確かに荒いので翌日酸素室に入れてもらうことになりました。このころ、水飲み皿の前でうずくまることが時々あったのですが、その日の深夜、シリンジであげた水を全て吐きぐったりして動かなくなったので夜間救急へ駆け込み、そこで酸素ハウスを借りて帰りました。
翌日病院に告げ、酸素室に入れてもらったのですが夕方になってもあまり元気な様子はなく、血液検査をしたら肝臓(GOT474, GPT612, ALP153)腎臓(CRE4.2BUN140)とかなり高値になっていました。 昨日、今日と皮下点滴(ビタミン剤と肝臓を保護する薬と抗生剤(白血球が上がっていた))を酸素をかがせながら入れて頂きました。家の酸素ハウスにいる方が具合がまだいいので日中預けての静脈点滴はまだしていません。
家ではトイレに出ると疲れるようでトイレの外でうずくまるのでハウスへ連れて帰っています。水はよく飲みおしっこもたくさんしています。昨夜アンモニア臭が口からしたように感じましたが今日病院では普通と言われました。体温は37℃台です。
薬への反応が悪いと言われましたが現在もバイトリルを処方されています。これで良いのでしょうか?
昨夜、確かに口臭がしていたと思うのですが心配ないでしょうか。
急に内臓の状態が悪くなった原因はどう考えられるでしょうか。
今後どのような経過が考えられ治療の方針はどのようにするのが良いでしょうか(QOLを大事にしたいと思っています)。
突然のことでかなり戸惑い焦っております。迅速なご回答をお願いいたします。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  wantaro 返答済み 3 年 前.
血液検査をしたのは今回が初めてですか?

-もう少し詳しく状況を説明していただけませんか。

質問者: 返答済み 3 年 前.

この歳になるまで、2, 3回血液検査はしましたが、いずれも優秀な値と言われていました。


この症状が出てからは、初めてかかった5月末に血液検査をしましたが、異常な値は何も見られませんでした。


最新の結果はこの5月末以来初めての結果です。


よろしくお願いいたします。

専門家:  wantaro 返答済み 3 年 前.
たとえば実は肺の腫瘍が原因だったが、それが肝臓や腎臓に転移して障害を起こしている

ステロイドや利尿剤をかなり使用したので、肝臓腎臓に障害が出てきた

肺が白いのは実は心臓疾患が原因で生じていて、心臓の状態が悪いので
循環不全で血圧が落ちて、臓器に血液が行かないので多臓器不全になっている

などが主に考えられます
質問者: 返答済み 3 年 前.

ありがとうございます。


 


主な原因はおっしゃるようなものということは


おおよそ把握しておりました。


もうひとつはシリンジに高栄養なものを使っていたことが、高齢な猫の臓器に負担になったのか気になっています。


最近も、体重がどんどん落ちていても不思議はないのに、維持、増加するほどシリンジを与えていたので、それが気になります。


 


心臓に関しては、肺の水をとらないと、エコーもみられないですし、腫瘍はどのようにして発見するかわかりませんが多分細胞組織等がないと難しいし、この年齢で抗がん剤等の治療も、まして内臓の弱った今では難しいでしょうか。


うちの子にとって辛すぎることはするつもりはないので…。


お薬の影響は、よくわかりません。肺の薬はやめない方がいいですよね?


 


ひとつ伺いたいのですが、循環不全の場合、皮下点滴で入れたお薬は、きちんと必要な部位に行き渡るのでしょうか?


静脈点滴の方が良いでしょうか?主治医からは即効性の違いと聞いております。


 


いずれにしろ、現在の数値では年齢も年齢だし、腎臓機能は回復しないでしょうか?


おしっこを作らなくなりますか?


尿毒症になりますか?


肝臓はどうなりますか?


 


どのくらい生きることが可能でしょうか?


こうなっては肺の治療、原疾患の治療は負担になりませんか?


 


その他のはじめの質問に書いた質問文にもご回答お願いいたします。


 


いま、猫が咳の発作を起こしました(T-T)


呼吸を楽にする工夫とかあれば教えてください。


ハウスのなかをどうするとか、どこをマッサージするとかあれば教えてください。


 


乱文で申し訳ありません。


よろしくお願いいたします。


 


 

質問者: 返答済み 3 年 前.

追加です


 


点滴には、腎臓に働きかける薬というのがないですが、薬が存在しないと言うことでしょうか。


これで仮に数値が回復することはありますか?


 


吐き気がするとき、身体のどこを撫でてあげるのが良いですか?


 

質問者: 返答済み 3 年 前.
再投稿:回答の質.

猫 についての関連する質問