JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
issafd3sに今すぐ質問する
issafd3s
issafd3s, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 2097
経験:  北海道大学獣医学部卒業
68561268
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
issafd3sがオンラインで質問受付中

7年目雄、猫去勢ありで、室内飼いです。 一昨日あたりからどうも一人でいるなぁ?と思ったのですが、昨日抱き上げよ

質問者の質問

7年目雄、猫去勢ありで、室内飼いです。
一昨日あたりからどうも一人でいるなぁ?と思ったのですが、昨日抱き上げようとした時に不意に泣きました。その後も少し後ろ脚を引きずるような感じになって…そうかと思うと一瞬普通に歩いたりします。
今朝になって食事を上げる前に抱きかかえたら、泣くような事は無く。出かけにまた抱きかかえようとすると小さく泣きました。お腹が晴れているようにも見えませんし...
この子は滅多に泣かない子で(お腹が空いた時以外)とても気になります。
内臓疾患か何か?とか、いろいろ考えてしまいます。
日中は面倒見れないので夕方には獣医さんに診て頂こうと思うのですが、先ずは可能性としてどのような事があるのか知っておきたく質問させて頂きました。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  issafd3s 返答済み 3 年 前.
おはようございます。
猫ちゃんで完全室内飼育で抱き上げようとしたら痛がる感じで元気もないということですね。
少々お尋ねしますが、
より具体的にはどのようにして抱き上げようとしたのでしょうか?どの辺りを持って持ち上げましたでしょうか?
食欲はあって、排便排尿も問題なしということでしょうか?
猫ちゃん自体は太っているのでしょうか?
他にも猫がいてケンカをしたりするのでしょううか?
ケガの可能性はないでしょうか?
ご返事お待ちしております。
質問者: 返答済み 3 年 前.

はい。

完全室内です。

抱き上げようとした時は後ろから普通にあばらとおへそのあたりを両手で持ち上げようとしました。

食欲もあります。今朝も通常通り食べました。

我が家2匹居るのですが排便排尿は問題無いと思います。

おしっこシートにティッシュを当てて血が出ていないか?簡単すぎますが一応確認してみました。

体が大きいと言う事もあるのですが太ってる方だと思います。

6.8㎏程あります。

ケガだと思ったのですが、ある時は普通に歩くように見えたり、そっとですが後ろ足も触ってみました。肉球も特に問題無かった様だし...

宜しくお願いします。

専門家:  issafd3s 返答済み 3 年 前.
ご返事ありがとうございます。
原因としてはいろいろ考えられると思いますが、大まかには、猫では稀なのですが椎間板疾患で腰が痛くて後肢にもやや麻痺が出ている可能性、高齢の猫や太った猫である関節炎などの関節疾患の可能性、椎間板疾患の一種ですが腰よりももう少し尻尾の方の脊髄疾患の馬尾疾患の可能性、心臓病のため心臓内に血栓ができていてその血栓がへそよりやや尻尾側の位置の腹大動脈という動脈の分岐部で詰まってしまう大動脈血栓塞栓症の可能性、あるいは毛があるため分かりづらい位置の外傷の可能性、内臓関係では尿管結石の可能性などではないかと思います。
基本的にはまずは丁寧な触診で痛みの部位や外傷の有無のチェック、発熱のチェックのための体温測定(通常は38-39.3℃位です。)、神経テストによる麻痺の有無、後肢のパットの色が悪くなっていないか、あるいは血栓症による血流阻害によって冷感がないか、を調べること、です。
その結果明らかな異常がわからないという場合にはレントゲンや血液検査(CKやASTも含む、筋肉や血管系の炎症の際に数値が上昇する場合があるため)、必要であればエコー検査によって腎臓や膀胱の状態の確認、をされることをお勧めいたします。
これらの触診や身体検査はお願いしなくても先生がされると思いますが、一応頭に入れておいて下さい。
触診では明らかな異常がない場合でも元気がなくて動きが鈍い時点で何らかの異常を抱えている可能性が高いため、しっかり検査されることをお勧めいたします。
費用の点で問題がある場合には血液検査、レントゲン、エコーの順で優先順位を考えておかれるとよろしいかと思います。
治療については、原因が分かればその治療をしていただくのでよろしいですし、原因がはっきり分からない場合には痛み止めの試験的投与で、症状の改善があるかどうかを観ていただくことで、どこかに痛みがあるのかどうかをまずは観察していただくことも方法の1つではないかと思います。
issafd3sをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 年 前.

ありがとうございました。


病院へ行く前に聞いてよかったです。


また何かありましたら宜しくお願いします。


 

専門家:  issafd3s 返答済み 3 年 前.
ご返事ありがとうございます。

また何かございましたらご連絡いただければと思います。

お大事にしてください。

猫 についての関連する質問