JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  動物病院勤務歴6年
60306695
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

9才雄、虚勢済、室内飼い。5月20日に7種混合ワクチン接種後体調悪化の為1日入院、その後、ごはんを食べなくなり、やせ

解決済みの質問:

9才雄、虚勢済、室内飼い。5月20日に7種混合ワクチン接種後体調悪化の為1日入院、その後、ごはんを食べなくなり、やせてきたので7月2日病院へ連れて行き、尿素窒素100で腎不全と言われ、約3日おきに通院中、途中3日間普通にごはん食べていた時があったが、ぱったり食べなくなった。まあまあ元気はあるけど、食べない状態。その後、7月23日に体調不良で1晩入院させたときに、血液検査で、肝臓の数値が悪いと言われ、点滴治療中。8月5日、朝から夕方まで、点滴と皮下注射でお預け、家に連れて帰った後、つらそうにしていて、午後9時ごろ、箱の中で休んでいてその場で大量のお漏らしして、体濡れたまま動かない、その後うめきながら、呼吸がはやく、よたつき苦しんでいる。2~3日つずけて点滴治療したほうがいいと言われている、明日も病院へ連れて行く予定になっている、今後どうしたらいいのか、治療法もまちがってないのかわからない。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 3 年 前.
こんばんわ。
ご質問ありがとうございます。
それはご心配ですね。
私自身はそのような経験はないのですが、おそらくワクチンアレルギーが原因となり、多臓器不全や血栓塞栓症を起こしたものと思われます。
それにより腎不全、肝不全、神経症状を起こしているものと思われます。
かなり確率は低いですが、そういったことが起こることがあるといわれています。
治療法に関しては詳しいことがわからない以上、何とも言えませんが、基本的には点滴、ドパミンなどの循環促進薬、低分子ヘパリンなどの抗凝固薬、肝臓の保護薬(ミノファーゲンなど)、全く食べないのが続いている場合やアミノ酸や脂肪製剤などの栄養点滴などが必要になります。
文面だけでは確定的なことは言えませんが、正直かなり厳しい状態の可能性は高いかと思います。
やれることは上記に書いたことになりますので、やはり点滴に行ってもらったほうがいいでしょう。
もし、本当に今の治療法でいいかどうかを確認したいのであれば、セカンドオピニオンを聞きに血液検査などのデータをもってほかの大きめの病院にいかれたほうがいいでしょう。
japavetをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

猫 についての関連する質問