JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
issafd3sに今すぐ質問する
issafd3s
issafd3s, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 2097
経験:  北海道大学獣医学部卒業
68561268
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
issafd3sがオンラインで質問受付中

こんにちは。 相談があります。よろしくお願いいたします。 15歳のオス猫です。 一ヶ月前より、急に痩せてきまし

質問者の質問

こんにちは。
相談があります。よろしくお願いいたします。
15歳のオス猫です。
一ヶ月前より、急に痩せてきました。
食事もちょっとずつ食べて、水も少しずつ飲んでいましたが、急に食事を食べなくなりました。水は、少し飲みます。今日、おねしょをしました。病院に連れて行った方がいいのでしょうか。ずっと寝てます。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  issafd3s 返答済み 3 年 前.
こんばんは。
15歳の猫ちゃんが1か月前から急にやせてきたということですね。
年齢的に考えて痩せてきた原因は、腎臓病(可能性としては一番高い)、糖尿病、甲状腺機能亢進症(可能性は低い)、腫瘍などが考えられると思います。
かなり体調は悪いのではないかと思います。
できればすみやかに受診されて、血液検査、レントゲン、腹部エコー、尿検査、といった一通りの検査をされることをお勧めいたします。
腎臓病や糖尿病、は治る病気ではありませんが、治療することでまだ頑張れることもあります。
まずは原因を調べて先生と一緒に治療方針を立てていただければと思います。
issafd3sをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 年 前.
ご回答 ありがとうございます。速やかに病院へ連れて行きます。明日の午後でも間に合いますか?すぐに容態が悪くなる可能性は、ありますか?
質問者: 返答済み 3 年 前.
ご回答 ありがとうございます。速やかに病院へ連れて行きます。明日の午後でも間に合いますか?すぐに容態が悪くなる可能性は、ありますか?
専門家:  issafd3s 返答済み 3 年 前.

ご返事ありがとうございます。

返答が遅くなりまして申し訳ございませんでした。

恐らく病期の原因がなんであれ、かなり進行していることは間違いなさそうですから、なるべく速やかに受診されることをお勧めいたします。

正直容態が急変してさらに悪化する可能性もあると思います。

ただし、飼い主様からみて徐々に具合が悪くなっているということであれば、午後でも間に合うのではないかと思います。

朝の猫ちゃんの意識状態や食欲の程度をみていただき、ぐったりしているようであれば、午前中の受診をお勧めいたします。

しかし実際にはお仕事などで急には休みにできないこともあるでしょうから、無理しないでできるだけのことをしてあげてください。

また何かございましたらご連絡いただければと思います。

専門家:  issafd3s 返答済み 3 年 前.
追加でお答えさせていただきます。
一般的なお話ですが、心臓や呼吸器が悪い病気の場合は容態の悪化が即命に関わることが非常に多いです。
しかし今回のラルフちゃんの場合は恐らく心臓や呼吸が悪いわけではなくて、代謝性疾患や内分泌疾患、あるいは腫瘍の疑いが強いです。
そのため、容態が急変するという可能性はどちらかというと低いと思います。
絶対大丈夫とは言えませんが、午後からの受診でも頑張ってくれるのではないかと思います。
ただ、容態が悪い可能性がありますので、検査の結果入院が必要となるかもしれません。
そのあたりは主治医の先生とよくご相談されることをお勧めいたします。
質問者: 返答済み 3 年 前.
お忙しいところ、ご回答ありがとうございます。朝、ぐったりし、水も食事もとりませんが、どうしても午前中が無理なので、午後に病院へ連れて行きます。何とか頑張ってくれる事を祈ります。
専門家:  issafd3s 返答済み 3 年 前.
ご返事ありがとうございます。
午後に受診されるということですね。
できればエアコンをつけてあげて28℃前後で寒すぎず暑すぎずしてあげることをお勧めいたます。具合が悪い時には体温が低下気味になるため涼しくしすぎる必要はないと思います。
また何かございましたらご連絡いただければと思います。
お大事にしてください。
質問者: 返答済み 3 年 前.
ありがとうございます。先生にわがまま言ってご回答いただき、本当にありがとうございます。ものすごく感謝いたします。
質問者: 返答済み 3 年 前.
ありがとうございます。先生にわがまま言ってご回答いただき、本当にありがとうございます。ものすごく感謝いたします。
質問者: 返答済み 3 年 前.
昨日、午後1番で受信しました。やはり、先生のおっしゃって下さった通り、腎臓機能の低下でした。かなり我慢していたようで、末期であり、もうあまりもたないといわれました。入院するよりも自宅でみんなと一緒に過ごしてあげてください。との事でした。
昨日より、毎日少しでも楽にすごせるように点滴療法が始まりました。
もう自力で食事、水も摂取できず、注射器で少しでも摂取させています。
自分で立って歩く事もできません。できる限りの事はしてあげます。
私に何かできる事がその他にしてあげる事があったら教えてください。
よろしくお願いいたします。
専門家:  issafd3s 返答済み 3 年 前.
ご返事ありがとうございます。
返答が遅れましてもうしわけございませんでした。
猫ちゃんは末期の腎臓病ということですね。
腎臓は血液をろ過して老廃物を尿として排泄する臓器です。その腎臓の機能が低下すると老廃物が血液中に溜まるため、吐き気が生じて胃が荒れたり体がだるくなったりします。
人であれば人工透析をして血液をろ過することができますが、猫ちゃんの場合は難しいです。そのため点滴したり水分を飲ませてあげたりして猫チャン本人の腎臓を使ってろ過量を増やすしかないです。
そのため、なるべく新鮮なお水を飲ませていただくことをお勧めいたします。点滴の場合水分の補給と同時に塩分も補給することになるため、なるべく腎臓の負担にならない真水を飲ませてあげることをお勧めいたします。病院でシリンジをいただいて、1日数回にわけて飲ませてあげることをお勧めします。
また胃のむかつきをとるため、ガスターなどの制酸剤をのませてあげることをお勧めいたします。
水を飲ませるときは口の脇のなるべく端からシリンジやスポイトの先端を上唇の下に入れてそのままのどの方ではなくて鼻の先端の方角にむけてお水を少しずつ流していただくと誤嚥することなく楽に飲めると思います。
そして食事についてもスープ状の液体を最初は飲ませてあげることをお勧めいたします。
食べることですこしでも体力が維持されます。病院にて腎臓病の猫ちゃん用の粉末でお湯に溶いて作る食事を購入することが出来ることがありますので、一度問い合わせてみていただければと思います。
森乳サンワールドのチューブダイエットでキドナという食事などが候補として挙げられると思います。ネットで購入することもできます。
issafd3sをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 年 前.
先生、ご親切なご回答ありがとうございました。ラルフは、昨日の夜遅く、私の腕の中で、静かに息を引き取りました。15年の短い人生を終えました。ご心配いただき本当にありがとうございました。
専門家:  issafd3s 返答済み 3 年 前.
おはようございます。

ラルフちゃんは昨日お亡くなりになられたということですね。
お辛いなかご連絡ありがとうございます。

15歳なので猫ちゃんの寿命としては決して短くはないと思いますが、もっともっと長生きしてもらって一緒に暮らしたかったのですね。

十飼い主様に手厚い看護をしていただいてラルフちゃんも心安らかに天国に旅立ったことと思います。

ラルフちゃんのご冥福を心からお祈り申し上げます。

猫 についての関連する質問