JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
issafd3sに今すぐ質問する
issafd3s
issafd3s, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 2097
経験:  北海道大学獣医学部卒業
68561268
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
issafd3sがオンラインで質問受付中

初めまして、宜しくお願いします。(白の日本猫) 里親探していますといわれて、ペットショップから譲り受けて3年になり

解決済みの質問:

初めまして、宜しくお願いします。(白の日本猫)
里親探していますといわれて、ペットショップから譲り受けて3年になりますが、最初食欲があり良く食べていましたが、茶色ぽい胃液を吐くようになり、それが収まったと思っていたら、マグロの缶詰、牛乳マグロの刺身など柔らかい物しか受け付けないようになり、いまでは、食べてもドンドン痩せてしまい毛の艶もなく骨皮です。毎日体をさすっています。宜しくお願いします。
山本
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  issafd3s 返答済み 3 年 前.
こんばんは。
3歳の雌猫ちゃんが食欲低下で痩せてきているということですね。
少々お尋ねしますが、
最初茶色ぽい胃液を吐くようになったのはいつでしょうか?
今の偏食になってどの位経ちますでしょうか?
避妊手術はしていますでしょうか?
今回の問題で病院に行かれたことはありますでしょうか?
ご返事お待ちしております。
質問者: 返答済み 3 年 前.

すみません、7歳ぐらいと思います。ときどき吐き始めて、2~3カ月になります。避妊手術はしてあります。病院は行っていません。お願いします。

専門家:  issafd3s 返答済み 3 年 前.
ご返事ありがとうございます。
7歳位ということですね。
痩せてきている原因はいろいろ考えられると思います。その中でやはり何かの病気に罹っていると考えるのがふつうだと思います。そのために偏食になっているのではないかと思います。
症状からしますと、糖尿病、腎臓病、甲状腺機能亢進症、腫瘍、などが候補として考えられると思います。痩せている原因は偏食による栄養不足の可能性もあると思います。
いずれにしてもこのままにしておくと命に関わる可能性があるため、病院で検査をされることをお勧めします。口腔内検査、血液検査(スクリーニング検査のため全般的に調べることをお勧めします。)、必要ならばレントゲンもされることをお勧めします。
糖尿病や腎臓病、甲状腺機能亢進症などの病気は血液検査にて診断することができます。一部外注検査になることがあります。
腫瘍性病変を疑う場合にはレントゲンやエコー検査などが有効になるかと思います。
マグロの缶詰(猫用ですよね?)、牛乳、マグロの刺身などではビタミンなどの栄養素が足りないですし、食事内容としては非常によろしくないです。
症状が出始めて2-3か月経つということであれば、病勢はかなり進行していると思われます。
飼い主様の看護だけでは治らないと思いますので、はやめの受診をお勧めいたします。
もしこのまま自然にさせてあげたいということであれば、お水はいつでも新鮮なものが飲めるようにしていただき、食事は無理に食べさせたりせず食べれる分だけ与えていただくようにして猫ちゃんが苦しまないようにされることをお勧めいたします。
質問者: 返答済み 3 年 前.

猫用マグロの缶詰で何種類も買ってありますが、スープ状のものが良いでしょうか?回復の見込みはありますか。

よろしくお願いします。

専門家:  issafd3s 返答済み 3 年 前.
ご返事ありがとうございます。
例えば糖尿病や腎臓病であれば、自然に治ることはなくて、適切な治療を生涯にわたりする必要があります。
甲状腺機能亢進症という甲状腺ホルモンの分泌過剰症の場合も自然に治ることはなく、病態が進行すれば、命に関わる事態になります。
他に例えば口の中が口内炎で荒れていてドライフードが食べれないということであれば、小康状態のまま推移する可能性があります。
猫用のなるべく安くない缶詰なりスープ状のものなり、どちらでも食べれるもので良いと思いますが、必ず総合栄養食と書かれているものを選んでください。
猫のフードの中にはおやつ的に与えるフードもあり、それらは栄養的に偏りがあるためそれのみを与えることはいけません。必ず総合栄養食とラベルに書かれているフードを選ぶことをお勧めいたします。
正直なところ自然に回復するとは思えませんが、絶対ということはないので、飼い主様が出来る範囲で看護してあげてください。無理することはないと思います。
issafd3sをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

猫 についての関連する質問