JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  動物病院勤務歴6年
60306695
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

お世話になります。 猫に限らず他の動物や人間もしくみは同じかと思いますが猫の場合でお答えください。 てんかん

解決済みの質問:

お世話になります。
猫に限らず他の動物や人間もしくみは同じかと思いますが猫の場合でお答えください。
てんかん抑制用ジアゼパムを静脈注射すると薬品の流れは心臓に戻りそこから動脈に乗り患部の脳で効く、というイメージがあるのですが違ってますか?正しい薬品の吸収されるしくみを教えてください。
あと静脈注射部から薬品の患部到達時間は猫の場合時間にしてどのくらいですか?
筋肉注射の場合時間がかかると思いますが患部到達時間は静脈注射とくらべて時間にしてどのくらい差がありますか?
以上オス4歳体重3kgを想定してお答え願います。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 3 年 前.
こんばんわ。
ご質問ありがとうございます。
まず、薬の吸収の流れはおっしゃる通りです。
静脈⇒右心房⇒右心室⇒肺⇒左心房⇒左心室⇒全身ということになります。
その後全身の毛細血管へと移行していきます。
ネコちゃんでどれくらいの時間でというデータは見つかりませんが、一般的に静脈で入れる麻酔などでは10秒かからないくらいで効果は出てきますので、数秒というのが答えになるかと思います。
それから、筋肉注射時に関しては筋肉組織⇒毛細血管の吸収は薬の種類によって多少速度が変わりますので、一概に何とも言えませんが、大体10分程度で全身へ移行するといわれています(実際に筋肉注射の麻酔薬を打つと約10分程度で効果が表れることが多いです)。ただし打ってすぐから徐々に吸収しますので、10分立たなくても徐々に血中濃度は上がります。
一応インターネットでも見られるラットの静脈内及び筋肉内注射の静脈濃度のデータを載せておきます。
http://ir.jikei.ac.jp/bitstream/10328/2408/1/118-6-481.pdf#search='%E8%96%AC+%E5%90%B8%E5%8F%8E+%E6%99%82%E9%96%93+%E3%83%A9%E3%83%83%E3%83%88+%E7%AD%8B%E8%82%89%E6%B3%A8%E5%B0%84'
特に年齢や体重でそれほど時間は変わりません(高齢になれば多少吸収は遅くなりますが、倍も違うということはありません)。
質問者: 返答済み 3 年 前.

早速のご回答ありがとうございます。

文献の紹介も助かりました。

ところで動物病院ではてんかん発作の火消マニュアル(初期ジアゼパム~最終麻酔薬)みたいのがあるらしいですが、それは国内共通のマニュアルですか?どこかから配布されたのですか?何年か前に統一されたのですか?

それを知らない動物病院があるとしたら、それは本来あってはいけない話ですか?

専門家:  japavet 返答済み 3 年 前.
そんなマニュアルは存在しません。
ある程度スタンダードになりつつはありますが、いつ統一されてすべての病院に配布されているとかいうことは一切ありません。(治療の共通マニュアルのようなものはどの病気に対してもありません)。
知らない病院があったからと言って法的に何か問題になるわけではありませんが、基本的にはジアゼパムで効かなければ少しずつ強めの麻酔薬に変えていくというのは一般的な方法です。
japavetをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 年 前.

ありがとうございました。

専門家:  japavet 返答済み 3 年 前.
はい、プラス評価ありがとうございました。

猫 についての関連する質問