JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  動物病院勤務歴6年
60306695
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

生後六か月程度の野良猫を保護し、外飼猫として飼っています。 現在3歳の雌(シャム系雑種)です。避妊手術済、白血病・

解決済みの質問:

生後六か月程度の野良猫を保護し、外飼猫として飼っています。
現在3歳の雌(シャム系雑種)です。避妊手術済、白血病・エイズの感染はありません。
数日前から極端に食事の量が減り、毛ヅヤが悪く元気がない為、病院に連れて行きました。
かなりの脱水症状と、血液検査で腎臓の数値が異常だと(BUN:140オーバー、クレアチニン6.6)言われ即入院になりました。
三日の入院集中治療で危機的な状態は脱しましたが、それでも腎臓の数値はBUN:105、クレアチニン6.3とあまり劇的には下がりませんでした。
エコーとレントゲンを撮り、腎臓に腫瘍や出血、委縮など異常は見当たらないといいます。
腎臓以外の血液検査の数値はすべて正常で、尿も出ており食欲がないこと以外はとても元気です。
まだ若いし慢性腎不全になるような状態でもないのに、原因は不明だと。
強いて心当たりを挙げるなら先日水を張ったばかりの田んぼに落ち泥だらけで帰宅したことがあり
ました。
農薬の中には腎臓をひどく傷つける種類のものもあると聞きましたので、それによる急性腎不全な
のでは?と思うのですが、それも定かではありません。
元野良ネコのため警戒心が非常に強く、入院がストレスだということもあり、しばらくは毎日通院
して輸液点滴をしていっぱいおしっこをして悪い毒素を出して数値を下げて行こう、ということに
なりました。
点滴をしてもらうとパサパサだった毛にツヤが戻り、吐き気止めの注射でご飯も少しは食べてくれ
るようになりました。
けれども毎日の通院が非常にストレスになるようで、かごに入れると鳴き喚き帰宅してからも外に
出せといって鳴きます。
夜は外出させず朝に出してやり、数時間ごとにちょこちょこ帰宅して水を飲み食事をする生活パタ
ーンでしたが、通院をはじめてから家に寄りつく頻度がどんどん減りました。
それでも三日通いましたが、日に日に警戒心が強くなり三年かけて築いてきた信頼関係はもうボロ
ボロです。
先生に相談すると今の段階で一日でも輸液をしないと死ぬということはない、ここで止めてしまっ
ても自力で回復するかもしれない、また悪化してしまうかもしれない、それはわからない。どうす
るかは飼い主さんが決めなさいとのことでした。
これ以上通院させるともう家に帰ってこなくなるのではないかと思って怖いです。
けれども今治療をやめて、悪化してしまったら後悔してもしきれません。
こんな状態で治療をやめ、自力回復する見込みはあるのでしょうか?
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 3 年 前.
こんにちわ。

ご質問ありがとうございます。

その後腎臓の数値は測っていますか?
質問者: 返答済み 3 年 前.

入院二日目がBUN:120、クレアチニン6.3で退院するときに測ったのがBUN:105、クレアチニン6.0だったかと思います。


それ以降は木曜頃測ってみようか、というお話でしたがまだ測っていません。

専門家:  japavet 返答済み 3 年 前.
返信ありがとうございます。

そうなると、その結果次第というのが正直なところです。

退院時はまだまだ高いですね。
木曜の結果も正常値の2倍以上くらいある場合は、自然に回復する可能性は低いでしょう。
原因としては確かに農薬などの中毒もありますが、それ以外に尿管結石による尿管閉塞やシャムさんなどに比較的多い多発性嚢胞腎などがあります。
これらの場合、完全に良くなることもありますが、一度悪くなってしまうと腎臓の細胞にダメージが出てしまい、その場合には定期的な点滴が必要になってきます。

基本的には、今かかられている先生のおっしゃる通りかと思います。
どちらをとるのかはやはり飼い主さん次第でしょう。
それから、病院の中には、ストレスが激しい子には点滴のセットを飼い主さんにお渡ししてお家で皮下点滴をしてもらうことをしているところもあります。
もちろん、できるかどうかは飼い主さん次第ですし、そういうことはやっていない病院もあるので、なんともいえませんが、相談して見ても良いでしょう。
質問者: 返答済み 3 年 前.

回答有難うございました。 やはり結果次第なのですね… 先生は三日の入院で下がり幅が小さいのが気になるようでした。 私は農薬が原因だとすると、結石を取り除いた時のように劇的に数値がよくなったりはせず、毒が抜けるにつれ徐々に徐々に下がっていくようなことはないのかな…と希望的に考えていたのいたのですが、それではあの子の負担に間に合わないのでしょうか。


おしっこは出ているので結石や尿管が詰まっているなどではなく、先生の触診や腎臓のエコーとレントゲンでも異常はない…というと多発性嚢胞腎もなさそうでした。 それで腎臓だけ数値が悪い…というのが不思議です。


とりあえず三日通院し、本日四日目、検査してみようかという予定でしたが猫が警戒心剥き出しになっていて四日連続ははもう連れて行けそうにない…と思ったのでした。 本日は一日お休みして、出来たら明日か明後日また通院して輸液点滴してみようかと思っていますがそれで大丈夫でしょうか?


家で点滴…ネットでよく見ますが自分に出来るか不安です。

専門家:  japavet 返答済み 3 年 前.
返信ありがとうございます。

尿管結石は尿道結石と違い、腎臓と膀胱の間におしっこが詰まってしまう状態です。
おしっこが出ていてもそういったものがあるということは多く、実際に診断するためには排泄性尿路造影という検査をしないとわかりません。
もしそういったものがある場合は、場合によっては尿管ステント術といわれる手術が必要になるでしょう。
エコーで大丈夫だったのであれば確かに嚢胞腎はなさそうですね。

今日休んで大丈夫かどうかは何とも言えませんが、つれていけなさそうであれば仕方ないですね。
とにかくできるだけお水を飲んでもらって(肉の煮汁などで多少味付けしてもいいのでできるだけ飲んでもらったほうがいいでしょう)、水分を取ってもらうのはいいことです。

家での点滴はできるかどうかはネコちゃんの性格にもよりますが、できる方も多いので、そのあたりも相談されるといいでしょう。
japavetをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 年 前.

有難うございました。


出来る限り水を取らせて通院させるよう努力して数値が下がることを祈りたいと思います。

専門家:  japavet 返答済み 3 年 前.
はい、お大事にどうぞ。
また何かありましたらご相談ください。

猫 についての関連する質問