JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
issafd3sに今すぐ質問する
issafd3s
issafd3s, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 2097
経験:  北海道大学獣医学部卒業
68561268
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
issafd3sがオンラインで質問受付中

こんばんは。 猫の皮膚のしっしん、かぶれについてお尋ね致します。 ふと気がつくと、右の耳の付け根、顔面側の毛が薄

解決済みの質問:

こんばんは。
猫の皮膚のしっしん、かぶれについてお尋ね致します。
ふと気がつくと、右の耳の付け根、顔面側の毛が薄くなっている部分に4個ほどのぶつぶつを見つけました。しっしんのようなおできのような直径1ミリくらいから2ミリくらいの大きさです。膿んではいないようですが、ぶつぶつのてっぺんは体液か血液が固まったようなかさぶた様になっています。一番大きなものは4ミリ程度で掻きつぶしたのかちょっとぐじぐじしています。めちゃくちゃ掻いているようには見えませんが、時々頭を振っています。耳の臭いはしません。左側の同じ位置にもうっすらぽつぽつとしっしんができているように見えます。両方とも、その湿疹様のものがあるあたりは、皮膚がうっすら赤みを帯びているようです。食欲はあり、他には普段と様子が変わったような感じはありません。
一昨日、昨日は夜までかなり長時間中庭(タイル張り)に出ていたので、蚊や虫に刺されたのだろうかなどと考えたりもします。あと、中庭でちょうちょに見えましたが、獲って食べてしまいました。メスの14歳で、今まで同じ症状はありません。

今うちには人間用の軟膏があるのですが、何か塗ってやった方がいいでしょうか。
軟膏は、外用抗生物質製剤アイロタイシン軟膏、抗生物質製剤フシジンレオ軟膏2%、皮膚外用合成副腎皮質ホルモン・抗生物質配合剤デキサンG軟膏、ゲンタシン軟膏0.1%、合成副腎皮質ホルモン外用剤レダコート軟膏0.1%があります。あと、マキロンとイソジン、オロナイン、オイラックス軟膏があります。

何かやってあげられることがあるようなら、アドバイスをお願いできればと思います。よろしくお願いいたします。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  issafd3s 返答済み 3 年 前.

issafd3s :

こんばんは。

issafd3s :

猫ちゃんの耳の付け根などに湿疹がみつかったとうことですね。

Customer:

こんばんは。よろしくお願いいたします。

Customer:

はいそうです

issafd3s :

急にできていることや痒みがあること、などから虫刺されの可能性は高いと思います。

Customer:

猫が蚊

Customer:

issafd3s :

湿疹の数が増えているということはないでしょうか?

Customer:

刺されたところは見たことがありませんので。

Customer:

どんどん増えているということは無いようなきがするのですが

issafd3s :

もちろん耳などの毛の薄いところが蚊に刺されることはありますが、蚊以外にも顕微鏡でしか見えないような細かいダニなどに刺されるということもあると思います。

issafd3s :

特に夏場など気温が上がると室内猫でも虫刺されの湿疹がでることがあります。

Customer:

やはり、何かに刺されたと考えるのが正しいでしょうか

issafd3s :

そうだと思います。

Customer:

外に出ていた時間がかなり長かったので、私もその可能性が高いのかなぁとは思っていました

issafd3s :

そのため、できれば病院でレボリューションというお薬を処方してもらってつけることをお勧めします。

Customer:

今ある物を塗るのはよくないでしょうか

issafd3s :

この薬は首の後ろなど猫が舐めれない箇所の皮膚につけるスポットタイプの虫を殺す薬です。効果は1回つけると1か月位あります。

Customer:

そのタイプなら今家にあります。名前は違ったと思いますが

issafd3s :

レボリューションの成分はセラメクチンです。フロントラインよりも効果の幅が広いです。

Customer:

あ!そうです。フロントラインです。なるほど、レボリューション、ですね

Customer:

では、今は何もせずに、明日病院に連れて行った方がいいですか

issafd3s :

もし猫が湿疹を気にして痒みが強いという場合には、抗生剤の軟膏ではなくて炎症をとるためのステロイド入りの軟膏が痒みを抑えるのには良いと思います。

issafd3s :

できればご自宅で軟膏をつけるよりは先生に処方していただくことをお勧めいたします。

Customer:

見ていると、とってもかゆがってバリバリ掻いているようでもなさそうで、時々頭を振る程度なので、自分では何もせずに明日病院に連れて行くことにしますね

issafd3s :

レボリューションで虫の駆除をしてあげつつ、痒みが酷い場合には動物用のビクタスクリームなどを着けることをおすすめします。

issafd3s :

そうですね。その方がよろしいかと思います。

Customer:

わかりました。

issafd3s :

緊急性はなさそうですし、明日先生に診てもらうことをお勧めいたします。

Customer:

急を要するようなことでもないことはわかっていたのですが、こうやってアドバイスをオンタイムでいただけると安心します。

Customer:

本当にありがとうございました。

issafd3s :

お大事にしてください。

Customer:

ありがとうございます。このあと、評価はどうすればいいのでしょう。初めてお世話になったのでステップがわかりません

issafd3s :

私の回答に満足いただけましたら評価ボタンで評価をお願いできればとおもいます。

issafd3s :

まだご質問がお有りでしたら、続けていただければお答えさせていただきます。

issafd3s :

プラスの評価をしていただきますと設定された料金が発生します。

Customer:

あ、どこを押すかわかりました!

issafd3s :

またなにかございましたらご連絡いただければと思います。

Customer:

色々聞いてみたいことはたくさんあります。

Customer:

なかなか獣医の先生とはゆっくりお話しすることができませんから。

Customer:

あとひとつよろしいでしょうか

issafd3s :

ご質問がございましたら、ご記入してください。

Customer:

毎日ブラッシングをせっせとしていますが、本当によく吐きます

Customer:

毛玉がうんちのような形ででてきます

Customer:

毛はブラッシングしすぎて薄くなっているのですが、

issafd3s :

どの位のペースではくのでしょうか?

Customer:

一日に2回くらいです

issafd3s :

猫ちゃんは毛づくろいをよくするほうでしょうか?

Customer:

ただ、1回につき毛玉と液とで3回くらい吐きます

Customer:

よくします

Customer:

今年は特によく吐く気がします

issafd3s :

通常猫の場合2週間に1回位は吐く位であり、また吐いた後も食欲元気がある、体重減少もない、場合には問題ないことが多いです。

issafd3s :

1日2回は多いと思います。

Customer:

元気もあるし食欲もあるし

Customer:

他には何も問題なさそうなのですが。

Customer:

少なくとも毎日吐いています

issafd3s :

他に咳などの症状はないでしょうか?

issafd3s :

体重は変化ないでしょうか?

Customer:

咳はありませんが、甲状腺に問題があるらしく頻脈で、お薬を飲んでいます

Customer:

よく食べますが、ずっとやせている子で

Customer:

特に体型も変化はありません

issafd3s :

甲状腺機能亢進症があるということですね?

Customer:

そうです

Customer:

そういえば、

Customer:

おくすりは通常の量をのむとえらく吐いたので

Customer:

半分にしてもらったのでした。

Customer:

お薬のせいかもしれませんね。。。

issafd3s :

甲状腺は定期的に血液検査をされてコントロールできていますでしょうか?数値はおちついていますでしょうか?

Customer:

昨年検査をして初めてわかったのですが、それ以来検査はしていません

issafd3s :

できれば数値が安定するまでは1か月ごとに甲状腺ホルモンを測定して、数値が安定したら2-3か月ごとに測定することをお勧めいたします。

Customer:

そうですか。ずっと前からかなりやせ型のネコだったので、ずーっと患っていたのかもしれません。

Customer:

明日、いっしょにまた検査をしてもらうことにします

issafd3s :

また甲状腺の治療をすることで隠れていた腎臓病が悪化することがありますので、必ず腎臓の数値(尿素窒素(BUN)、クレアチニン(CRE)、カリウムなどを測定されることをお勧めいたします。

issafd3s :

甲状腺ホルモンは代謝を亢進するホルモンなので分泌過剰になると心筋の肥厚や頻脈、高血圧、代謝亢進などの症状がでます。

Customer:

甲状腺用の薬は昨年2カ月ほど飲んでからそのままやめていて、また今年5月末から飲み始めました。

Customer:

そう思うと、

Customer:

どうも毎日吐くのはそれからのような気も。。。。。

Customer:

通常の量の半分でも吐くなら、薬が合わないんでしょうね

issafd3s :

その場合にはやはり血液検査をされることをお勧めいたします。

issafd3s :

また口の中に口内炎がないかどうかも診てもらってください。

issafd3s :

胃炎がある場合、口内炎がでることがあります。

Customer:

わかりました。頻脈のネコは発熱しますか?

issafd3s :

頻脈が続くと発熱というよりは高体温になる可能性はあると思います。

Customer:

なるほど。。昔からいつも耳が熱かったり暖かい猫なんです

Customer:

もう一匹は耳が眠いとき以外は冷たいのに。

Customer:

ちゃこは常に熱が高いなと思っていました

issafd3s :

猫の平熱は一般的に38-39.3℃位ですが、病院では興奮することで39.5-39.6℃位になることはしばしばあります。

issafd3s :

病院で一度お熱も測定(直腸温で測定)してみていただければと思います。

Customer:

なるほど。。昔からいつも耳が熱かったり暖かい猫なんです

Customer:

色々と本当にありがとうございました

issafd3s :

お大事にしてください。

Customer:

ありがとうございます。では評価をさせて頂きますね。これで失礼いたします。

issafd3sをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

猫 についての関連する質問