JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
issafd3sに今すぐ質問する
issafd3s
issafd3s, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 2097
経験:  北海道大学獣医学部卒業
68561268
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
issafd3sがオンラインで質問受付中

13歳の雌猫が何も食べなくなったので病院へ連れて行ったところ、39度5分の熱があり口の中を見たら舌の端がただれていま

質問者の質問

13歳の雌猫が何も食べなくなったので病院へ連れて行ったところ、39度5分の熱があり口の中を見たら舌の端がただれています。とにかく熱を下げなければいけないということで注射をしてもらっていますが、熱の原因をさがすには血液検査が必要ということです。しかし、うちの猫は大変に気が荒いので血をとってもらうことができず、検査はまた改めてということになりましたが、できるかどうかわかりません。
熱の原因がわからないと心配なのですが、気が荒くて噛み癖のある猫でも検査できる病院はありますか?
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  issafd3s 返答済み 3 年 前.

issafd3s :

こんにちは。

issafd3s :

13歳の猫ちゃんで食欲不振ということですね。

issafd3s :

お熱が直腸温で39.5℃ということですね。

issafd3s :

猫の平熱は38-39.3℃位ですし、興奮しやすい猫ですと39.5℃位は決して高熱とは言えないと思います。

issafd3s :

そのため熱を下げる薬を打つ必要もないと思います。

issafd3s :

しかし13才は高齢ですし、食欲不振の原因を調べるためにはできれば血液検査をされることをお勧めしたいです。

issafd3s :

ヒマラヤンで食欲不振や体重減少、最近痩せてきたなどの症状がある場合には、口内炎もあることですし、腎臓病などの可能性があるためできるのであれば血液検査をされるのが良いとは思います。

issafd3s :

そのため、方法の1つとして診察時はエリザベスカラー(ネッカー)をすることで噛めなくなるため、採血が出来易くなると思います。

issafd3s :

また興奮しやすい場合には副作用の心配はない鎮静剤でたとえばブトルファノールを0.2mg/kgで皮下注射して10分位して落ち着かせてから採血するとしやすいと思います。

issafd3s :

そのあたりは各病院によって慣れ不慣れの問題もあると思いますので、もし今の病院にて十分な診察や検査が出来そうにない場合には、他の病院に連れて行ってあげることをお考えになるのがよろしいかと思います。

Customer:


採血の方法はありそうですね。ありがとうございました。

Customer:

採血の方法はありそうですね、ありがとうございました。


 

issafd3sをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  issafd3s 返答済み 3 年 前.
評価いただきありがとうございます。

そうですね。ヒマラヤンは興奮しやすい性格の猫だと思います。

39.5℃の熱で解熱剤を使用することは良くないと思います。
興奮するとそのくらいにはすぐになると思います。

まずは原因を調べるために血液検査をされるか、あるいは皮下点滴やガスターなどの制酸剤を使用する治療をお勧めいたします。

腎臓病がもしあった場合には、熱を下げる目的でNSAIDSとよばれる非ステロイド系消炎剤を使うと腎臓病が悪化する可能性があります。

そのため、食欲が出ていない場合にはこれ以上解熱剤を使用されないことをお勧めいたします。

猫 についての関連する質問