JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
issafd3sに今すぐ質問する
issafd3s
issafd3s, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 2097
経験:  北海道大学獣医学部卒業
68561268
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
issafd3sがオンラインで質問受付中

こんにちわ。宜しくお願いします。メインクーン14年目の雌猫です。最初の子猫から、腸の調子が悪く(買い求める時にはやせ

質問者の質問

こんにちわ。宜しくお願いします。メインクーン14年目の雌猫です。最初の子猫から、腸の調子が悪く(買い求める時にはやせていました。)成長の中で便に血が混ざり、①の獣医先生に勧められ、ヒルズのe/dの餌を続けなんとかよくなり。今年、ヒルズ製品改良したころに下痢が続き獣医へ(やせてもきてるので腎臓、総合的に
血液検査をし、先生は、もっと悪いと思ったがわるくないねと言われ、アレルギーの療養食をくれましたが治らず、②の獣医さんへ変わり、血液検査もあまり悪くなく、甲状腺機能亢進症6.6で高目だから、餌をy/dを勧められましたが、餌になじめなく薬では食欲がなくなるからと言われ 今では、痩せすぎているので、いまだに軟便でこまってる状態です。餌は、w/dで大腸炎に効果なく、一週間ばかり、i/dのフード・缶詰ですすめていまがなかなか程よい固さの便が望めないので力をおかりしたく思います。(2ケ位続いているじょうたいです。)
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  issafd3s 返答済み 3 年 前.
こんにちは。

14歳の猫ちゃんで昔から下痢気味ということで、今も軟便ということですね。

少々お尋ねしますが、
検査はいつされたのでしょうか?
血液検査以外には検便、レントゲン、腹部エコー検査などされたでしょうか?
またその結果はいかがでしたでしょうか?
甲状腺ホルモンの数値が高いということですが、今は飲み薬で治療をされているのでしょうか?それとも治療はされていないのでしょうか?
下痢ということですが、ドロドロの便という感じでしょうか?
今までに整腸剤などを試されたのでしょうか?

ご返事お待ちしております。
専門家:  issafd3s 返答済み 3 年 前.
こんばんは。
ご返事いただいておりませんが、分かる範囲でお答えさせていただきます。

14歳の雌猫ちゃんで2か月間下痢や軟便が続いているということは、今までと同じ原因での下痢ではないかもしれません。

体重が減少してきていることから食事の消化吸収に関わる小腸に何か問題があるために下痢が続いていると思います。

甲状腺ホルモンの数値が確かに高いですが、それ以外にも消化管やあるいはお腹の中に病気の原因がある可能性があると思います。

そのため、検査は血液検査だけでなく、レントゲンや腹部エコー検査をしたり、尿検査もして、総合的に調べる必要があると思います。

今の状態が続くようですと、そのうちに痩せていき体力が低下して、命に関わることになると思います。

慢性の下痢の場合、原因としては、感染症(検便は必要です。)よりは、消化管の炎症やリンパ腫などの腫瘍、炎症性腸疾患など自己免疫疾患の可能性も考えないといけないと思います。

2か月間治療されて改善していませんので、今の病院では治療が行き詰っていると思います。そのため、大き目で検査のしっかりできる病院に転院されるか、今の主治医の先生に大学病院など二次診療専門の病院を紹介していただき検査して診断をしっかりつけることをお勧めいたします。
そうすれば治療方針が立ちやすくなり、改善する可能性が高いのではないかと思います。

猫 についての関連する質問