JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  動物病院勤務歴6年
60306695
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

雑種、おす(去勢)、16さい、6.7Kg。 既往は、外傷以外ありません。 多飲多尿で受診、血糖値が高く、インシュ

解決済みの質問:

雑種、おす(去勢)、16さい、6.7Kg。
既往は、外傷以外ありません。
多飲多尿で受診、血糖値が高く、インシュリンを注射しましたが、1ヶ月ほどで正常値になり、現在カロリーを調整しながら普通に生活しています。
2ヶ月ほど前から、右前肢、肘上5cmから指先(2倍ほどの面積)まで(特に肘)大きく腫れています。肘周囲は、直径6cmにもなり、大人の指が回り切りません。跛行はしますが、強く握っても痛がる、あるいは嫌がることはありません。
  考えられる病名、治療法、予後、ご教授ください。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 3 年 前.
こんばんわ。

ご質問ありがとうございます。

レントゲンなどの検査はされていませんか?
質問者: 返答済み 3 年 前.

いたしました、骨膜の炎症といわれました、関節腔に仮骨も形成しているそうです。

専門家:  japavet 返答済み 3 年 前.
そうですか。

骨膜の炎症を起こす原因は大きく分けると感染や炎症と腫瘍に分かれます。

通常、感染や炎症の場合は、痛みが強いことが多く、またそこまで腫れてしまうことは多くないので、症状からは骨の腫瘍(骨肉腫など)が可能性としては高いかと思います。

できれば鎮静をかけて腫れている部分の一部を生検して、細胞の検査をした方がいいでしょう。
もし腫瘍であった場合は、断脚が必要になる可能性が高いです。
腫瘍でも、転移する前に切除できれば予後はいいです。
ただし、かなり大きくなっているということですので、転移がある場合は手術する意味がなくなってしまう可能性があります。
できれば生検の時にCTも撮ってもらい、転移の評価もしてもらったほうがいいでしょう。
質問者: 返答済み 3 年 前.

CTは設備していませんので、転移の評価は難しいと思います。


年齢的にも切除、断脚は避けようと思います。


安らかに過ごさせる、良い方法は何でしょうか?

専門家:  japavet 返答済み 3 年 前.
もし腫瘍であれば、手術をしないのであれば、痛みがあればそれを止めることでしょう。
触ってもいたがらないが、跛行があるというのはおそらく腫れすぎていて動きの制限がかかっているということでしょうが、今後痛みが出てくる可能性があります。
今飲んでもらっている消炎鎮痛剤で、下痢や嘔吐、食欲不振が出ないのであれば、そのまま続けてもらうのが一番でしょう。
炎症や感染であれば抗生剤を使うと良くなる可能性はあるので、抗生剤を試験的に使ってみるのも一つではあります。
質問者: 返答済み 3 年 前.

生検の値段を聞いてみて、あまり高額でなければ試してみようと思います。


腫瘍であれば、消炎鎮痛剤で様子を見ようと思います。


効果が無くなってきた時にどうするか、医師と相談しながら安らかな最期を迎えさせてやります。


遅くにありがとうございました。

専門家:  japavet 返答済み 3 年 前.
そうですね。
それがいいと思います。
お大事にしてください。
また何かあればご質問してください。
japavetをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

猫 についての関連する質問