JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  動物病院勤務歴6年
60306695
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

1歳3ヶ月の猫(日本猫雑種) が、5月半ばに血尿を出し、病院でウイルス性の膀胱炎と診断され(尿検査と血液検査をしました。)

解決済みの質問:

1歳3ヶ月の猫(日本猫雑種) が、5月半ばに血尿を出し、病院でウイルス性の膀胱炎と診断され(尿検査と血液検査をしました。) 抗生物質を処方して頂き、約一週間ほど薬を飲ませ 1度治ったと思ったのですが、6月あたまに再び血尿を出し現在同じ抗生物質を再び飲ませています。
若い猫なのですが、本当に膀胱炎なのでしょうか?別の病気の可能性もありそうで心配しています。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 3 年 前.
おはようございます。

ご質問ありがとうございます。

ウィルス性膀胱炎というのは非常に少ないですが細菌性の間違いでしょうか?
質問者: 返答済み 3 年 前.
返信ありがとうございます。細菌性かもしれません、ウイルスだか細菌だか言われた気がしますが、記憶がさだかでは無く・・・
今日帰宅したら、耳や舌が熱く、心配しています。
専門家:  japavet 返答済み 3 年 前.
返信ありがとうございます。

細菌性膀胱炎もひどければ熱が出ることもありますが、あまり多くはありません。

舌の色は白っぽくないですか?
血尿以外に頻尿などの症状はありますか?
食欲元気はいかがですか?
質問者: 返答済み 3 年 前.
ご返答ありがとうございます。
舌の色ですか・・・ 正常の舌の色を注意して見たことが無いのですが、
中央が白っぽくて周りがピンクなので、いつもと変わらない気もします。
頻尿です。
元気はある。というか、いつもより少し興奮ぎみで走ったり泣いたりします。
今は落ち着いて寝ています。
専門家:  japavet 返答済み 3 年 前.
返信ありがとうございます。

そうなるとやはり膀胱炎の可能性は高いですね。

ただし、本当にたんなる細菌性なのかどうかとなると少し疑問があります。
再発性の膀胱炎の場合は、膀胱結石や結晶尿などの原因があり、そのせいで膀胱炎を繰り返すということが多いです。
結晶は尿検査でわかりますので、もし尿検査で結晶がなかってのであれば結晶はないと思いますが、結石は超音波検査でしかわからないことが多いので、超音波検査が必要でしょう。
それ以外にはあまり多くはないですが、膀胱憩室などの先天的な病気もあり、その場合は膀胱造影検査などが必要なこともあります。

抗生剤の投与は間違いではないと思いますが、膀胱の超音波検査で結石がないことを確認する必要はあるでしょう。
膀胱結石であれば食事療法あるいは手術による摘出をしないと再発を繰り返しますので。
質問者: 返答済み 3 年 前.
返答ありがとうございます。
ですが、通院している病院のお医者様と同じ意見なので・・。
私が知りたいのは、
「抗生剤には血尿を抑える効果があるのでしょうか?」
ということと、万が一他の病気である可能性がある場合、膀胱炎、結石以外で何か可能性がある病気をあげて頂けましたら嬉しいです。
私が書いた症状だと、膀胱炎、結石以外の病気である可能性がまず無いということであれば、そうご返答頂けますと助かります。

専門家:  japavet 返答済み 3 年 前.
そうでしたか。

まずは原因としてはほかの病気である可能性はかなり低いでしょう。
症状は典型的な膀胱炎の症状です。

それから抗生剤が直接血尿を抑える効果はありません。
細菌性膀胱炎であれば細菌感染を抑えて、血尿が止まるということになります。
細菌性以外の要因の場合は止血剤や消炎剤を使うことも多いです。
質問者: 返答済み 3 年 前.
丁寧にご回答ありがとうございます。
最後にひとつ質問をさせてください。
先生は、抗生剤は最長何日までなら、猫の身体に負担がかからないと思いますか?
個人的な意見をお伺いしたいです。
専門家:  japavet 返答済み 3 年 前.
抗生剤はそれほど体の負担になるお薬ではありません。
必要があればかなり長期(数ヶ月以上)使うこともあります。
japavetをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

猫 についての関連する質問