JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
wantaroに今すぐ質問する
wantaro
wantaro, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 5399
経験:  小動物臨床10年
61996574
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
wantaroがオンラインで質問受付中

タイの田舎町に住んでいる者です。 近所には小さな獣医しかなく、ここで相談させてください。 9歳の猫が悪性リンパ腫と診断されてしまい、既に2週間ほど前から自分で水もご飯も食べ

解決済みの質問:

タイの田舎町に住んでいる者です。
近所には小さな獣医しかなく、ここで相談させてください。

9歳の猫が悪性リンパ腫と診断されてしまい、既に2週間ほど前から自分で水もご飯も食べることができなくなっています。
現在はシリンジで強制的にご飯とお水を飲ませてあげていますが、徐々に痩せて来ていて、自力で食べられなくなってから体重は300G減り、現在3Kgです。
元気だったころの体重は3.8Kgでした。

【現在までの経緯】
●4月の中旬に喉にできた小さなしこりが急激に大きくなってきたので、バンコクにある病院に連れて行きました。
最初の診療はしこりに注射針を刺しての組織検査で、下記の2つの可能性があると言われました。
1、Mast cell tumor
2、Malignant histiocytoma
当面はステロイド投薬で様子を見ましょうと言われ2週間後に来るように言われました。
●その後2回病院に行き、診察をしてもらったところ、腫瘍が小さくなっているので、これなら手術で取れますと言われ、手術の日取りを決めてもらいました。
(私が触った限りではむしろ大きくなっていると感じていましたが、先生の意見に飛び上るほど嬉しくこれで治ると喜んでいました)
●5月15日手術当日猫を預けましたが、結果は喉の腫瘍が大きくなりすぎていて麻酔の管が気道を通らなかったため手術はできませんでしたとのこと。
細胞だけ切り取ってそれを検査にまわしますと言われ、4針縫われて1晩入院しました。
●翌朝迎えに行きましたが、ストレスと恐怖の為か肩の部分の毛がごっそりと抜け大きな禿が出来てしまい、一気に元気がなくなってしまいました。
先生からは結果を知らせるまで約1週間待って下さいと言われましたがそんなには待てないのでと急いでもらい、5日後に結果を聞きに行きました。
●結果リンパ腫でグレードは2だが場所から見てもしも脳に転移していたらグレードは5ですと言われ、治療方として抗がん剤治療があるが、猫の性格からして先生はお勧めしないと言われました。
両目が見えない猫で、知らない場所や人をものすごく怖がるため、抗がん剤の治療の為の入院や静脈注射などでのストレスに耐えられないのではないかということでした。

私も同意見で、バンコクに通うまでには車で片道2時間もかかるため、その負担などを考えたら自宅でゆっくり過ごさせてあげたいと思い、今後は自宅でステロイドと抗生剤の投薬のみで対応することにしました。

が、家に連れて帰ってからの容体が急激に悪くなっていき、手術に連れて行く前までは普通に自分でご飯を食べていたのですが、その後は殆ど食べられなくなってしまいました。
食べたいという気はあるのですが、おそらく喉の腫瘍が大きくなりすぎて口の中も喉も食べ物がうまく通らないのだと思います。
現在も継続して食べられない状態が約2週間続いています。

このままだとどんどん衰弱してしまいますので、入院が必要ない飲み薬の抗がん剤ロムスチンを飲ませようと思っていますが、このような状態でも飲ませて大丈夫でしょうか。

また飲ませるとき、飲ませた後の注意事項などを教えて頂けると幸いです。
近所の病院でお願いをして飲ませてもらおうと思っていますが、とても小さな病院ですので不安があるのです。

治ることがないというのは分かっています。
もう一度だけでも自分の力でご飯を食べられるようにしてあげたいのです。
どうぞよろしくお願いします。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  wantaro 返答済み 3 年 前.
初めまして、質問有難うございます。

診察をしていませんので的確なアドバイスが出来ない場合もある事をご了承ください。

追加の質問や情報があれば随時書き込みをしてください。

ロムスチンは非常に効果も高いですが、副作用が出ると貧血や白血球減少
腫瘍が大きくて、血管が巻き込まれていると腫瘍が溶けて生じる
腫瘍溶解症候群、肝臓障害など危険な事が起きます。

使い方が以外と難しく、非常に危険な薬なので血液検査のモニタリングもできない
状態では使用はお勧めしません。

それよりはクロラムブシルとステロイドのプレドニゾロンを併用するのが
一番副作用も少なく安全でしょう
質問者: 返答済み 3 年 前.

早速のご回答ありがとうございます。


 


血液検査は先週の土曜日にしていただき、今日結果を聞いてきました。


約1か月プレドニゾロンは飲ませ続けていますが、肝臓の数値のそれ以外の数値も皆正常だったと言われました。


ただ、その近所の獣医さんはロムスチンをご存じなく、もしも投薬する場合に備えて調べてくださるとおっしゃって下さいました。


薬自体は他の病院で処方して出していただいたものがありますが、その病院は遠いためできれば近所の病院で投薬できればと思った次第です。


 


このような状況の場合やはりロムスチンは避けた方が良いですか?


 


クロラムブシルという薬は猫のリンパ腫に有効なのでしょうか。


 


もしも同様の効果でより安全なのでしたら、こちらの獣医さんにお願いしてクロラムブシルにしていただきます。

専門家:  wantaro 返答済み 3 年 前.
ロムスチンを使ったことがない獣医師に検査や治療、副作用が出た時に
対応できないなど何かあれば最悪の事態になるでしょう

良く効きますが、副作用も大きい薬です。しかも3週間も効果が継続します

そんな状態ではお勧めしません

安全性が高いLーアスパラキナーゼを最初に投与して
その後にプレドニゾロンとクロラムブシルで治療するのが安全でしょう
専門家:  wantaro 返答済み 3 年 前.
クロラムブシルは猫のリンパ腫で有効です
質問者: 返答済み 3 年 前.

ご丁寧にありがとうございます。


もう一つだけ質問させてください。


 


今回治療の目的は今喉にできている腫瘍を少しでも小さくして、自力でご飯を食べてもらえるようにと思っているのですが、


Lーアスパラキナーゼを最初に投与して、その後にプレドニゾロンとクロラムブシルで治療する場合でもそのような効果は望めますでしょうか?


 


また、その3種の薬は1度に投薬しても大丈夫なのでしょうか?


投薬の際の注意事項がありましたら是非教えてください。


なにせ、タイの田舎町の小さな獣医さんですので、猫の腫瘍の治療に関する経験などもあまりないようで、言葉が上手く通じないリスクも考えて、安全のために知っておきたいと考えます。


 


お手数をお掛けしてしまい申し訳ないのですが何卒よろしくお願いいたします。

専門家:  wantaro 返答済み 3 年 前.
この3種は一緒に使用しても問題が起きることは希だと思います。

効果は強くないですが、リンパ腫にはほどほど効果があるでしょう。

L-アスパラキナ-ゼは希にアレルギー反応が出ることがあります
そこだけ注意して、アレルギー反応が出たらアレルギーを抑える
治療が必要です。アレルギー反応は急に虚脱する、下痢をする
顔が腫れるなどが出るでしょう


ステロイドやクロラムブシルは用量を守ればほとんど副作用は無いでしょう

非常に大きくなっているリンパ腫は強い薬を使うのは危険な事も多いので
マイルドな治療をお勧めします。



wantaroをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 年 前.

ご丁寧なご対応ありがとうございました。


 


明日こちらの先生と相談して、教えて頂いた薬がすぐに手に入るようでしたら投与してもらうよういたします。


万が一なかった場合にはまたご相談させてください。


 


アレルギー反応がでたらすぐに病院に連れて行くためにもやはり近所の獣医さんに任せようと思います。

専門家:  wantaro 返答済み 3 年 前.
お大事にどうぞ
質問者: 返答済み 3 年 前.

Wantaro先生、


本日タイの病院に確認したのですが、


L-アスパラキナーゼとクロラムブシルはなく


シクロフォスマミドとビンクリスチンはありますと言われました。


この二つの薬の副作用は如何なものでしょうか?


もしも安全性や効能が変わらないようでしたらその薬を投与しようかと考えておりますが、


先生のお考えをお聞かせいただけると幸いです。


 

専門家:  wantaro 返答済み 3 年 前.
その2つに関してもそれなりに副作用はあります。

シクロフォスファミドは単独使用は普通はしませんし、副作用の割には
効果が低いですね

それに比べてビンクリスチン単独投与がリスクがあるとは言え効果も高く
使用しやすいでしょう。

ただビンクリスチンは静脈注射で、血管から漏れると腕が壊死する可能性があります

貧血や脱毛、元気食欲不振などが生じる可能性があるでしょう

質問者: 返答済み 3 年 前.

早速のご回答ありがとうございます。


 


バンコクの大きな病院に、L-アスパラキナーゼとクロラムブシルそれとプレドニゾロンがあるということを確認できましたので、これからそこまで薬を取りに行ってくることにいたします。


 


それを近所の病院で投与してもらい、その後の経過も診てもらえるよう獣医さんにお願いします。


 


猫の病状は日に日に悪くなってきていますので、できるだけ早く診療してもらえるよういたします。


 


毎回迅速なご対応本当にありがとうございます。

専門家:  wantaro 返答済み 3 年 前.
頑張ってみてください

お大事にどうぞ

猫 についての関連する質問