JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
wantaroに今すぐ質問する
wantaro
wantaro, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 5275
経験:  小動物臨床10年
61996574
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
wantaroがオンラインで質問受付中

口内炎と慢性鼻炎の持病を持っている♀猫のことで相談させて下さい。 今年の何時頃からか、水分を摂るとむせてもがくことがありまして。 フードもロイカナを好んで食べていたのが、

解決済みの質問:

口内炎と慢性鼻炎の持病を持っている♀猫のことで相談させて下さい。

今年の何時頃からか、水分を摂るとむせてもがくことがありまして。
フードもロイカナを好んで食べていたのが、小さいフードを好むようになり。。。
水分も工夫して与えたり(主治医にも相談してました。レントゲンも考えましたが細部まで出るかどうかと言うことでした)、様子を見ていましたがーーー
鼻水でもむせてもがくことがあるようになり、これでは困る!!!と、麻酔をかけて、内視鏡での検査をして頂き、喉ちんこの腫れが判明。
普通の2倍以上、腫れていました。

菌とウイルス検査をして、ウイルスは陰性。
菌退治のために、抗生剤の注射を1週間打ちました。
4月16日から開始です。
最初と最終日の2回は、ステロイド注射もしました。

これでも、喉の腫れは治らずーーー
ステロイド注射(短期型)をすることになります。
4月26日から開始です。
最初は2~3回、2日~3日間の間隔で集中注射し、それからは、1週間くらいしてからのステロイド注射としています。

ステロイド注射が効いている間はラクそうで、食欲もあり、毛づくろいもするし、お水も飲みますが、ステロイドが切れて来ると、体調が悪くなり、食欲も無くなり、なんぎそうです。お水も飲みません。

途中から、ステロイド注射と消炎鎮痛剤を交互に(併用はダメなので!!!)使ってみています。

ナカナカ!!!
喉ちんこの腫れが完全に治りません。
ステロイドが切れて来ると、喉ちんこが腫れている様子です。

喉ちんこの腫れに良い方法は他にありますか?
アドバイスをヨロシクお願い致します。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  wantaro 返答済み 3 年 前.
喉ちんことは扁桃腺の事ですか?

-もう少し詳しく状況を説明していただけませんか。

質問者: 返答済み 3 年 前.

検査の用紙には、「咽喉頭部」炎症・・・と書かれています。


 


画像をUPしたいのですが、出来ないですねぇ。


 


何が原因か分かりませんが、咽喉が腫れて、生活に支障をきたすようになり、検査して頂き、今、ステロイド療法をしていますが、完治には至っていません。


 


初めの説明と今の説明ではダメでしょうか?


 


 

専門家:  wantaro 返答済み 3 年 前.
原因の可能性としては細菌やウィルス感染症、腫瘍が考えられます


治療の抗生剤としては

ドキシサイクリン、クラバモックス、メトロニダゾール、セフポポドキシム
などの抗生剤

インターフェロン、抗ウィルス剤

ステロイドを複合して使用することでしょう

腫れが引かないのであれば、あとは一部を切除して調べる事ですが
リスクが高いので大学などでセカンドオピニオンを受ける事も必要でしょう
質問者: 返答済み 3 年 前.

ウイルスは陰性でした。


 


菌に合う抗生剤は錠剤しかなく、モモは錠剤を飲ませることが不可能。


それに近い、抗生剤の注射をして頂きました。


 


ステロイドと抗生剤の注射を併用しております。


2週間に1回の抗生剤と併用です。


 


一部を切除して調べて、その後はどうなるのですか?


切除しても、その後のその子の生活に支障はきたさないのですか?


 


切除して調べて、咽喉頭部の腫れを抑える方法が見付かるのですか?


治る方向へ持って行くことが出来るのですか?


 


 

専門家:  wantaro 返答済み 3 年 前.
カリシウィルスやヘルペスウィルスなどは検査していないと思いますし
検査も100%の確証があるものではないので、抗ウィルス剤は使用すべきでしょう

抗生剤も鼻からカテーテルで崩して胃に入れるなどの方法があります
また液体や粉もありますから、これらを流し込むことは可能です

すでに腫れているので、一部を切除してもそれほど大きな問題は起きない
可能性が高いでしょう

原因がわからないので、調べる方法としては一部切除をするのです

治る可能性を探すための検査ですから、治るとは断定できません
腫瘍なら治らない場合もありますが抗がん剤などで生活の質を
改善できるかもしれません

治らない病気というのは、原因が根深いものなので方針が無い治療をしても
改善しません。原因を突き止めることが必要です

どうしてもいろいろな障害やリスクはあるものですが、大学などでセカンドオピニオンを
受けて今後の方針について相談してはいかがでしょう

おそらく現在の治療ではよくならないでしょう
治療方針が見えませんし改善していないのでこのままにしても
意味がないでしょう
wantaroをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

猫 についての関連する質問