JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  動物病院勤務歴6年
60306695
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

11歳の雌猫です。1~2年前に結石・膀胱炎の症状があり一応完治。その後私が定期的に尿検査してましたが血尿反応がでてい

解決済みの質問:

11歳の雌猫です。1~2年前に結石・膀胱炎の症状があり一応完治。その後私が定期的に尿検査してましたが血尿反応がでていました。
医師に相談してもよく解らないようで 尿もよく出て元気だったことから様子を見ていました

三日程前から頻尿 軟便があり通院中ですが採尿出来ないため病気の確定も出来ないようです。糞便検査 コンべニア注射は受けました。
エコーもとりましたが腫瘍らしきものはない、とのこと。

現在僅かな血尿 血便もあります。食欲は多くはないですが食べます。
見るに堪えなくまた医師が頼りなく思えご相談いたしました。宜しくお願いします。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 3 年 前.
こんにちわ。

ご質問ありがとうございます。

超音波検査では膀胱や腎臓に結石なども見つからなかったのでしょうか?
また、男の子であればカテーテルでの採尿は比較的容易ですが、それができない事情があるのでしょうか?
また、検便では異常はないですか?
他に血液検査などはしていますか?

もう少し情報をお願いします。
質問者: 返答済み 3 年 前.


雌です。結石は無いようです。


 


検便はしました。血液検査についてはこれから結果わかり次第


お知らせします。


 


単に年齢的に消化器系が弱ってしまっているのか心配です。


それも考えられるか 次回ご返答お願いします。

専門家:  japavet 返答済み 3 年 前.

雌の子ですね。

失礼いたしました。

 

返信お待ちしております。

質問者: 返答済み 3 年 前.


再度エコーをとりましたらやはり7ミリほどの結石が見つかりました


先回の診察時は膀胱に尿が溜まっていなかった為見つけられなかったそうです。


ロイヤルカナンコントロール0で様子を見る様に言われました。


他には外科手術しかないようですね。


尿の出が悪いのは結石による膀胱炎の影響があるとし 止血剤を注射しました。腹部の脂肪が多く膀胱から針で採尿検査するのが難しいようです。


 


軟便については抗生物質の影響との説明です。


 


コレステロール 中性脂肪が高いので要注意です。


ちなみに体格の良い猫でして7キロ以上あります。


 


今までも結石が出来やすい事を考えロイヤルカナンを与えてい


ましたので納得は出来ません。


ただ野菜が好きでホウレンソウ以外の野菜を毎日食べてました


いけなかったでしょうか?

専門家:  japavet 返答済み 3 年 前.

返信ありがとうございます。

 

膀胱結石には何種類かあり、ネコちゃんに多いものはストルバイトとシュウ酸カルシウムです。

この二つの結石はかなり特徴が異なり、その治療方法もかなり異なります。

 

ストルバイトはアルカリ性でできやすくなりますが、野菜は尿のpHをアルカリ性にしやすくなるため、そういった影響が出た可能性があります。

尿のpHはお家でも計れますので、一度はかってもらい、もしそれがアルカリ性なのであれば野菜はやめておいた方がいいかと思います。

シュウ酸カルシウムの場合は食事療法ではほとんど溶けませんので、手術が必要になるかと思います。

質問者: 返答済み 3 年 前.

私は素人ですので説明不足ですがEmbarassed
この医師の診断治療で宜しいですか?


 


しつこいようですがシュウ酸カルシウムってほうれん草など野菜に含まれますよね?


 


間違ってたらすみません

専門家:  japavet 返答済み 3 年 前.
シュウ酸カルシウムそのものではなくて、シュウ酸がほうれん草に多いので、シュウ酸カルシウムが出来る体質の子はほうれん草を食べさせない方がいいです。

膀胱結石の場合は
1.尿検査で出来ている結石の種類を推測する
2.食事で解ける可能性のある石なら食事療法をする(膀胱炎を起こしていればその治療も同時に行う)
3.食事で解けない石あるいは食事療法を一ヶ月くらいしても大きさが変わらなければ手術で取り出す
ということになります。

お家ででも入院ででもしたおしっこがとれればまずは検査をしないと治療方針はわかりません。
不安であれば一度他の病院でセカンドオピニオンを受けられた方がいいでしょう。
japavetをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

猫 についての関連する質問