JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  動物病院勤務歴6年
60306695
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

推定生後7カ月(動物病院の見立て)のオスの猫を保護したのですが、突然全身が痙攣し、口に泡を吹く状態が始まり、びくつき

解決済みの質問:

推定生後7カ月(動物病院の見立て)のオスの猫を保護したのですが、突然全身が痙攣し、口に泡を吹く状態が始まり、びくつきながらのたうち、約1~2分続いてから治まります。今は1~2日に1回の頻度です。病院からてんかん用の薬をもらって、朝夕飲ませて2週間経ちますが、頻度はかえって高くなっています。
 痙攣の後は、がつがつと餌をむさぼるように食べます。尿、便もでます。意識は正常で暴れることもありません。
 保護した時は警戒心が強く、飢餓状態で、低たんぱく、脱水状態でしたが、徐々に改善されています。ただ、全体的に筋力が弱く、延びきった感じで、運動神経が鈍いようで、腰が不安定で、歩き方もよたよたしています。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 3 年 前.
こんにちわ。

ご質問ありがとうございます。

それはご心配ですね。

抗てんかん薬は何のお薬をどれだけの用量でのんでいますか?
質問者: 返答済み 3 年 前.

内服薬と書かれているだけでわかりません。説明もありませんでした。ただ少しずつ減らしていくということです。

専門家:  japavet 返答済み 3 年 前.
返信ありがとうございます。

お話を聞く限りはやはりてんかん発作の可能性は高いと思いますが、その他の発作の原因(肝性脳症や腎不全、電解質やカルシウムの異常など)を調べてもらう必要はあるかと思います。
これらが問題なければ、やはりてんかん発作の可能性が高いですが、脳炎などがある可能性もあるので、理想的にはMRIを撮ってもらう方がいいでしょう。
ただし、MRIがある施設は限られており、全身麻酔が必要になるので、それを望まれない場合は
1.今のお薬の用量が増量可能なら増量する
2.ほかの抗てんかん薬を使ってみる
3.脳炎の可能性を考えてステロイドなどを使う
のいずれかの方法をとって行くことになるかと思います。
japavetをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 年 前.

薬の確認しました。ゾニサミド8ミリグラム/㎏あたり  だそうです。


やはり、脳の異常でしょうか・・・。


飼っていけるか不安です。


痙攣がおきたときどう対処すればよいのでしょうか。


 

猫 についての関連する質問