JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  動物病院勤務歴6年
60306695
ここに 猫 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

推定8歳のオスの猫ですが、もう一年以上も口の中の炎症で通院しています。既往症に下部尿路疾患がありずっと同じ病院で診察

解決済みの質問:

推定8歳のオスの猫ですが、もう一年以上も口の中の炎症で通院しています。既往症に下部尿路疾患がありずっと同じ病院で診察してもらっているのですが口の中の状態が一向によくなりません。症状としては下の犬歯の歯根部分に炎症を起こしているようで常時よだれが垂れていて口の中が臭います。フードはよく食べているのですがよだれが多いためあまりうまく食べれていない気がします。
そこの病院は消炎剤と抗生物質の投薬にインターフェロンの注射を続けているのですが、良くなったり悪くなったりの繰り返しです。根本的な治療方法はないのでしょうか?
抜歯もお願いしてみたのですが、既往症のこともあるので・・・と消極的です。
セカンドオピニオンとして他の病院へも行くべきかどうか悩んでいます。
アドバイスよろしくお願いいたします。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 3 年 前.
こんばんわ。

ご質問ありがとうございます。

ネコちゃんの口内炎は確かに難治性になることが比較的多いです。
基本的には抗生剤と消炎剤での治療になりますが、それでよくならない場合はやはり抜歯術は効果的です。
下部尿路疾患の既往歴があっても麻酔をかけて歯を抜くことに関しては特に問題ありません。

ひとつ気になることといえば、犬歯は抜くのが大変で、骨の状態によっては顎の骨折をすることがあり、犬歯はあまり抜かないということです。

それでも犬歯の部分の歯周歯肉炎があったとしても臼歯を抜くことでよくなってくれることが多いため、犬歯は歯石除去や歯周ポケットの掃除だけでよくなることも多いです。

経験上、抜歯術は非常に有効ですので、セカンドオピニオンを受けられることをお勧めします、
質問者: 返答済み 3 年 前.

ありがとうございます。1年以上も同じような状態を繰り返すと言うことは根本的な治療にはなっていないと言うことなのでしょうか?


もっと悪化していくということも考えられるのでしょうか?


投薬が長く続くと他の面でも副作用があったりするのでしょうか?


 

専門家:  japavet 返答済み 3 年 前.
そうですね。

口内炎は根本的には抜歯しか方法がないことは少なくありません。

このまま徐々に薬が効きにくくなり悪化していく可能性もあります。

抗生剤はそれほど副作用はないですが、ステロイド剤は長期になると糖尿病や膀胱炎などの副作用が起こる可能性があります。
japavetをはじめその他名の猫カテゴリの専門家が質問受付中

猫 についての関連する質問